台北旅行の朝に炭焼きトーストはいかが?「豊盛號」雙城店

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

台北旅行の朝に炭焼きトーストはいかが?「豊盛號」雙城店

台北旅行の朝に炭焼きトーストはいかが?「豊盛號」雙城店

更新日:2019/03/19 17:43

Yui Imaiのプロフィール写真 Yui Imai 台湾街歩きライター、LCC乗り継ぎ旅行家

台湾の街には朝食ブランチ店がたくさんあり、ローカル色の強いお店からカフェ風のお店まで選択肢は豊富です。おしゃれな店内で台湾ならではの朝ごはんを楽しみたいという方におすすめのお店が、台北・晴光市場近くにある「豊盛號」雙城店です。熱々の炭焼き厚切りトーストサンドやサトウキビミルクティーなど、お店の名物メニューを朝から贅沢に味わっちゃいましょう。

炭焼きトーストサンドが人気の朝食ブランチ店「豊盛號」

炭焼きトーストサンドが人気の朝食ブランチ店「豊盛號」

写真:Yui Imai

地図を見る

台湾での朝ごはんの選択肢はとても豊富ですが、ボリュームたっぷりな炭焼きトーストサンドも人気グルメの一つです。「豊盛號」は炭焼き厚切りトーストサンドやサトウキビミルクティーが人気のお店で、本店は台北MRT士林駅近くにあります。こちらは台北・晴光市場近くにある雙城店の様子です。

炭焼きトーストサンドが人気の朝食ブランチ店「豊盛號」

写真:Yui Imai

地図を見る

2018年9月にオープンしたばかりの店内は新しくて清潔感があります。観光の合間にふらっと寄って、気軽に朝ごはんやランチを楽しみやすい立地です。

炭焼きトーストサンドが人気の朝食ブランチ店「豊盛號」

写真:Yui Imai

地図を見る

一階だけでなく二階にも席があり、席数は豊富。一人で来られている方も多く、一人旅でもグループ旅行でも利用しやすいです。

注文はカウンターで!日本語メニュー有り

注文はカウンターで!日本語メニュー有り

写真:Yui Imai

地図を見る

注文はお店に入ってすぐの場所にあるカウンターで行います。写真付きの日本語メニューもあり、言葉がわからなくても注文しやすいです。

炭焼き厚切りトーストやドリンクをそれぞれ単品で購入することもできますし、サイドメニューがついたセットメニューを注文するのもよいでしょう。炭焼きトーストサンドだけでなく麺料理もあり、こちらも気になります。

注文はカウンターで!日本語メニュー有り

写真:Yui Imai

地図を見る

注文を終えると、まずドリンクを先に渡され、トーストは後から提供される形となります。飲み物をいただきながら料理の到着を待ちましょう。

お店の名物ドリンクの一つがこの「蔗香紅茶(サトウキビ紅茶)」です。すっきりとした味わいの紅茶はほんのり甘く、トーストとの相性が抜群。この紅茶にミルクを加えた「紅茶牛ナイ(サトウキビミルクティー)」は、お店一番の人気ドリンクとなっています。

ボリューミーな炭焼きトーストに大満足

ボリューミーな炭焼きトーストに大満足

写真:Yui Imai

地図を見る

しばらくすると、メインの炭焼き厚切りトーストが運ばれてきます。こちらは「肉蛋起司」というトーストメニューで、炭焼き厚切りトーストに豚肉とふわふわ玉子、チーズが挟まれています。原味(オリジナル)か辣味(辛口)かを選ぶことができます。

セットメニューであれば炭焼きトーストとドリンクに加えて、サイドメニューとしてベビーコーンもしくは台湾風唐揚げ(プラス25元)が付きます。

ボリューミーな炭焼きトーストに大満足

写真:Yui Imai

地図を見る

ほんのり焼き色がついた厚切りトーストは、なんとも食欲を刺激する見た目です。ジューシーなお肉とふわっふわな玉子焼き、とろ〜りチーズの組み合わせは、ボリュームたっぷりで満足感があります。

「豊盛號」は朝ごはんはもちろん、軽めのランチで利用するのもおすすめです。ローカル感たっぷりな晴光市場のすぐ近くなので、食事の前後にショッピングを楽しむのもよいですね。

ぜひ、台北観光の合間にボリュームたっぷりな炭焼き厚切りトーストやサトウキビドリンクを味わってみてくださいね。

豊盛號 雙城店の基本情報

住所:台北市中山區雙城街18巷13號
電話番号:+886-2-2586-7070
営業時間:平日7:00〜13:30、休日8:00〜14:30
アクセス:台北MRT中山國小駅・民権西路駅より徒歩7分

2019年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/03/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -