東京・浅草カフェで、日本茶バリスタが教える、ほうじ茶作り

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

東京・浅草カフェで、日本茶バリスタが教える、ほうじ茶作り

東京・浅草カフェで、日本茶バリスタが教える、ほうじ茶作り

更新日:2019/04/15 15:48

田中 佐代子のプロフィール写真 田中 佐代子

日本茶をちゃんと茶葉から入れて飲んでいる人は、どの位いるでしょう。今やお茶と言ったら、ペットボトルで飲む人が殆ど。寧ろ外国人の方が、日本茶の魅力に気付いている人が多いのではないでしょうか。
そんなちょっと矛盾した事態から原点に戻って、日本茶を楽しむ方法を教えてくれる、ユニークで、浅草観光の序でに参加できる、ワークショップをご紹介しましょう。

難しい事は抜き!とにかく楽しんで味わう

難しい事は抜き!とにかく楽しんで味わう

写真:田中 佐代子

地図を見る

実際にいざ日本茶を家で淹れるとなると、まず急須が要る?茶葉に拘らなければならない?お湯の温度は?など、結構面倒だと考える人も多いと思います。
日本茶バリスタ・倉橋佳彦氏が推奨するお茶の入れ方は「拘らない」が基本。例え急須が無くても茶葉さえ美味しければ、どんな方法でも美味しく淹れられる。そんな彼オリジナルの抽出メソッドで、「楽しい」「美味しい」日本茶の頂き方を提案してくれます。

難しい事は抜き!とにかく楽しんで味わう

写真:田中 佐代子

地図を見る

元々、カフェなどの飲食店でコーヒーの仕事に携わり、焙煎から抽出まで学んでこられた倉橋氏。ひょんな切っ掛けで、日本茶の魅力にハマり、農家に自ら足を運んで茶葉を選び、日本茶セレクトショップ「NITCHA」を立ち上げるまでに至っています。

2018年までは、フリーランスの日本茶バリスタとして自らイベント企画、運営しておられたのを、2019年2月に、東京・浅草にカフェ「フェブラリー キッチン」をオープン。敢えて、日本茶専門店では無いのは、専門店だと間口が狭く、出来ない事、アレンジがきかない事が多いから。コーヒー店ならではの、日本茶の楽しみ方を発信していきたいからとの事。

(現在NITCHAの商品は、カフェでは販売していません)

独創的なセミナーが面白い

独創的なセミナーが面白い

写真:田中 佐代子

地図を見る

そんな倉橋氏が不定期に開催しているワークショップが面白い。
お茶の美味しい淹れ方セミナーはもちろん、お茶漬けつくりや日本茶アロマミスト、抹茶ラテアートなどのワークショップ。またヨガや書道とのコラボレーションなどなど。何処にもないユニークなものばかりで、毎回参加者に人気。
そして特にオススメなのが、ほうじ茶のワークショップ。

独創的なセミナーが面白い

写真:田中 佐代子

地図を見る

「自家焙煎!マイほうじ茶作りワークショップ」は、ちょっとしたコツで、自宅でも簡単にほうじ茶が作れる方法を教えてくれるセミナー。
因みにほうじ茶とは、煎茶や番茶、茎茶を焙じたもの、すなわち焙煎したものの事で、炒ることでお茶の成分タンニンが減り、苦みや渋みが少ないお茶になります。また、カフェインも少ないので、胃腸に優しいのも特徴です。

独創的なセミナーが面白い

写真:田中 佐代子

地図を見る

基本になる茎茶に、倉橋氏が選んだ4種類の茶葉を各自で選んでミックス。それを焙烙(ほうろく)を使って焙煎していきます。焙煎も、深煎り浅煎りと変えて2種類。アドバイスを受けながらやるので、失敗は無し。自分で焙煎した世界で1つだけのほうじ茶が出来あがります。そしてもちろんその茶葉はお持ち帰り可能。
自宅でやる時は、焙烙が無くても鍋でもOK!なやり方なので安心。
部屋中にお茶の香りが漂い、まるでアロマテラピーの様。

浅草の喧騒から離れたカフェ

浅草の喧騒から離れたカフェ

写真:田中 佐代子

地図を見る

人でごった返している浅草寺から少し離れた、花やしきの直ぐ横にある、ちょっと穴場でとても落ち着く雰囲気のカフェでワークショップは行われます。
定休日の水曜日か、閉店後に行われる事が多いですが、もちろんそれ以外の通常営業でも、倉橋氏はいらっしゃるので、お茶についてのウンチクを聞く事が出来ます。

浅草の喧騒から離れたカフェ

写真:田中 佐代子

地図を見る

このワークショップのオススメなもう1つの点は、堅苦しいセミナーと違い、カフェでも提供されているスイーツやグリルサンドが頂ける事。
日本茶とスイーツ、日本茶とサンドイッチ。それこそが彼の考える、「楽しむ日本茶」なのです。

浅草の喧騒から離れたカフェ

写真:田中 佐代子

地図を見る

ワークショップの告知は、お店や倉橋氏自身のFacebookやinstagramなどのSNSでチェックするか、電話で問い合わせください。日時などは不定期で、ワークショップの種類も、季節などによって変わってくるので、事前にチェックしましょう。
所要時間は、1時間半〜2時間。
参加費は、ワークショップの種類によって違いますが、3,000円〜4,000円程度です。

フェブラリー キッチンの基本情報

住所:東京都台東区浅草2丁目29-6天野ビル1F
電話:03-5811-1535
カフェの営業時間 : 8:00〜18:00
定休日: 毎週水曜日

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/03/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -