あの世のお金が自動で吸入!?台湾屏東「車城福安宮」には地元物産もずらり

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

あの世のお金が自動で吸入!?台湾屏東「車城福安宮」には地元物産もずらり

あの世のお金が自動で吸入!?台湾屏東「車城福安宮」には地元物産もずらり

更新日:2019/03/22 15:48

湯山 千里のプロフィール写真 湯山 千里 台湾通訳案内士、台湾観光&グルメライター

台湾へ観光に来たら廟を訪れる方も多いと思います。今回ご紹介するのは、「車城福安宮」。台湾で一番南に位置する屏東県にある廟で、炉の前に「あの世のお金」を置くと自動で吸入されて燃やされるということで有名です。廟の前の道は、屏東の名産が集まる観光スポットなので名産も味わえますよ!

「車城福安宮」について

「車城福安宮」について

写真:湯山 千里

地図を見る

「車城福安宮」は、屏東県車城郷にあります。台湾最南端のリゾート地墾丁への通り道であることから、墾丁への行き帰りに立ち寄ってお参りする人も多い廟です。

「車城福安宮」について

写真:湯山 千里

地図を見る

中国北方宮殿建築で3棟6階建ての建物です。1662年に建てられ、土地の守り神と言われる「福徳正神」を祀っています。台湾最大の土地公廟として知られているので、地元の人のみならず台湾各地から参拝客が訪れます。

「金紙」と「金爐」

「金紙」と「金爐」

写真:湯山 千里

地図を見る

神様に捧げるあの世のお金が「金紙」。写真の黄色の紙の束です。

廟には「金爐」と呼ばれる炉があり、お供えしてお参りした後、神様に捧げるためにここで燃やします。

「金紙」と「金爐」

写真:湯山 千里

地図を見る

普通は、炉の中に投げ込んで燃やしますが、「車城福安宮」では炉の前に「金紙」を置くと自動で吸入されて燃やされるんです!このため「神様のマネーカウンター」とも!電気仕掛けなどではなく、炉の構造で空気の対流が起こるため、風で一枚一枚吹き飛ばされて中にはいっていくという仕組みなんです。

お金が自動で吸入されていく様子は、関連MEMOのリンクにある動画でご覧ください。

廟の前には地元物産がたくさん

廟の前には地元物産がたくさん

写真:湯山 千里

地図を見る

廟を見学したら廟の前にある通りに行ってみましょう。ここには
お店がたくさん集まっていて、屏東の名産がずらりと並んでいます。

農産物で特に有名なのは「玉ねぎ」。毎年10月から翌年の4月頃まで吹く強い風「落山風」の影響を受けるため、屏東の玉ねぎは、特に大きくておいしいと言われています。しかもいっぱい入って一袋50元(日本円約175円)からと、とってもリーズナブル!甘みがあるので、スライスしてそのまま和えたりサラダにしてもおいしいです。白や紫などの玉ねぎもあってカラフルです!

廟の前には地元物産がたくさん

写真:湯山 千里

地図を見る

もう一つの名産が加工した卵。ピータンや塩漬け卵「鹹蛋」、そして温泉水を使った卵なども!温泉水には豊富なミネラルが含まれているため、漬け込む際に温泉水が使われているんです。塩漬け卵は細かく砕いて炒めものなどの料理に使ったり、お粥に入れたりするとおいしいです。

廟の前には地元物産がたくさん

写真:湯山 千里

地図を見る

さつまいもなどその場で食べられるものや果物なども売られています。値段もリーズナブルなので、ぜひ味わってみてください!

有名なスイーツ「酷、蒜」

有名なスイーツ「酷、蒜」

写真:湯山 千里

地図を見る

屏東に来たらぜひ味わいスイーツが「酷、蒜」。酷、の皮をむいた中身がニンニクに似ていることから「蒜」という名前がついていますが、ニンニクではありません。屏東の年間平均気温は約25.5℃で、暑い日が多いことから、暑さを和らげるスイーツとして定番となっています。

有名なスイーツ「酷、蒜」

写真:湯山 千里

地図を見る

「阿香酷、蒜」は老舗で、行列ができる事も多い人気店。かき氷入りの冷たい「酷、蒜」も温かいホットの「酷、蒜」も40元(日本円約140円)。具が多くて食べ応えがあります。廟の前にはほかにも「酷、蒜」が味わえるお店が出ていますので、いろいろ食べ比べてみてください。

車城福安宮の基本情報

住所:屏東縣車城鄉福安路51號
電話番号:08-882-1345
アクセス:台湾新幹線「新左營駅」からバス「墾丁快線」などで車城下車。バス停から徒歩約5分。

2019年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/02/28 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -