ビューバスと夜景でテンションUP「浅草ビューホテル」は記念日にぴったり

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ビューバスと夜景でテンションUP「浅草ビューホテル」は記念日にぴったり

ビューバスと夜景でテンションUP「浅草ビューホテル」は記念日にぴったり

更新日:2019/03/29 08:24

二松 康紀のプロフィール写真 二松 康紀 リゾートホテル旅館客室コンサルタント

東京観光でも人気の高い浅草エリア。浅草寺をはじめ、浅草演芸ホール、かっぱ橋道具街など見所が盛りだくさん!そんな浅草の街並みを一望できる「浅草ビューホテル」は、東京観光にもってこいのホテル。また、東京スカイツリーフレンドシップに認定されており、東京スカイツリーへ行きたい方には必見の特典も。

東京スカイツリーのライトアップを間近で眺め、ロマンチックで特別な時間を過ごしてみませんか?

浅草を感じさせるロビーフロア

浅草を感じさせるロビーフロア

写真:二松 康紀

地図を見る

東京観光でも人気の浅草エリアに位置する「浅草ビューホテル」。このホテルの醍醐味と言えば、客室から見える東京スカイツリー!ホテル内の全レストラン、客室から東京スカイツリーを見られるのがポイント。

アクセスは、つくばエクスプレス「浅草駅」から駅直結で好立地!都営地下鉄「浅草駅」、東京メトロ銀座線「田原町駅」を利用する場合は、徒歩7〜10分程です。
また、空港から来る場合は、リムジンバスも利用できるので、予め運行時間をチェックしておきましょう!

浅草を感じさせるロビーフロア

写真:二松 康紀

地図を見る

1階ロビーフロアは、2017年12月にリニューアルオープン。コンセプトは「ASAKUSA FOUR ROOMS」。浅草を代表する4つの魅力(グローバルルーム・食・歌舞伎・神輿)が詰まった空間になっています。

特に、写真のファーストロビーの天井が斬新なデザインで魅力的!見る角度によって縦格子にもアーチにも見える「浅草変わり格子」は、目を奪われますよ。

浅草を感じさせるロビーフロア

写真:二松 康紀

地図を見る

こちらは、セカンドロビー。立派な神輿庫も鎮座されており、「浅草に来たんだなぁ〜」と体感できるスポットでもあります。
また、宿泊しなくてもレストランやラウンンジでお腹を満たすこともできるので、浅草に来たついでに立ち寄ってみるのもおすすめ。

東京スカイツリーや隅田川花火大会を部屋から贅沢に!

東京スカイツリーや隅田川花火大会を部屋から贅沢に!

写真:二松 康紀

地図を見る

客室は7〜24階。「記念日や特別な日に使いたい!」「夜景が素敵な部屋に泊まりたい!」なんて人には、窓際にテーブルがあり、高層の23・24階の「エグゼクティブフロア」がぴったり!
写真は、24階の「エグゼクティブ・スーペリアデラックスツインルーム」。37.5平米の広々とした客室で、快適に過ごすことができますよ。もちろん7〜20階のスタンダードフロアからも、東京スカイツリーや浅草寺の景色は見られるので、利用する用途に合わせて、好みの部屋に泊まりましょう。

さらに、夏には隅田川の花火大会を部屋から見ることも!しかも、このホテルなら第一会場、第二会場の両方の花火が綺麗に見えるんです。人混みが苦手な人や部屋でゆっくり静かに花火を見たい人には嬉しい。ぜひ、早めのご予約を!

東京スカイツリーや隅田川花火大会を部屋から贅沢に!

写真:二松 康紀

地図を見る

写真の様に、客室の窓際にはテーブルがあり、そこに座って見る眺めは絶景。部屋に入った瞬間、一気にテンションがあがります。また、ソファやベッドで過ごしていても、この絶景を楽しめるのもポイント!

客室タイプは、この部屋の様な「東京スカイツリービュー側」と、上野新宿方面や富士山を眺望できる「シティービュー側」があるので、予約時に好きな方を選びましょう。

東京スカイツリーや隅田川花火大会を部屋から贅沢に!

写真:二松 康紀

地図を見る

夜になると、窓際のテーブルからの夜景にうっとり。まるで、夜景を独り占めしているかのような気分に。ルームサービスも利用できるので、部屋でおこもりするのも良いですよね。特別な日も、そうじゃない日も、きっと満足いく時間を過ごせますよ。

ちなみに、東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催の500日前(2019年3月12日)より、東京スカイツリーではイベントが!19時〜24時までオリンピックシンボルの5色(青・黒・黄・緑・赤)の「特別ライティング」を点灯しているのでお見逃しなく!

また、東京スカイツリーフレンドシップならではの特典も必見。「日付指定入場券引換券」を宿泊とセットで予約すると、「東京スカイツリー展望デッキ(350m)まで待ち時間無しでらくらく入場!」なんてプランもあるのでチェックしてみましょう。

アメニティや設備は充実

アメニティや設備は充実

写真:二松 康紀

地図を見る

ベットはセミダブルサイズで、十分快適に眠ることができます。ルームウェアは、ナイトウェアとバスローブの2種類。必要があれば、子供用の浴衣も用意があるので、お子様連れの方はスタッフに伝えましょう。

アメニティや設備は充実

写真:二松 康紀

地図を見る

お茶・コーヒーセット、冷蔵庫のドリンクなどは充実!特に、「illy」のコーヒーマシーンが設置され、簡単に美味しいコーヒーを飲めるところが嬉しい。冷蔵庫の中は、ビールや炭酸飲料、お茶など種類が豊富。

ホテルのすぐ隣にはスーパー「LIFE」があります。お酒や飲み物の他、急に必要になった物があれば、すぐに調達できるところも便利ですよ。

ビューバスに「MIKIMOTO」アメニティでリッチな気分に

ビューバスに「MIKIMOTO」アメニティでリッチな気分に

写真:二松 康紀

地図を見る

洗面所はコンパクトながら、使い勝手は良いです。バス・トイレ・洗面所が独立されているので、「誰かがトイレを使っているから、洗面所が使えない…」なんてこともなく、安心して使うことができますよ。

ビューバスに「MIKIMOTO」アメニティでリッチな気分に

写真:二松 康紀

地図を見る

さらに、23・24階に宿泊すると「MIKOMOTO」のスキンケアセットが!「MIKIMOTO」と言えば、ジュエリーやパールのイメージ。ですが、高級ホテルや旅館向けに高級スキンケアシリーズを置いています。これでお肌のケアをするのも至福の時間ですよね。

フロントにお願いすれば、メンズ、レディース用のスキンケア用品も部屋まで持ってきてくれるので、快適にホテルステイを楽しめます。

ビューバスに「MIKIMOTO」アメニティでリッチな気分に

写真:二松 康紀

地図を見る

最後に、この客室のイチオシが、こちらのビューバス!洗い場付きで、広めの浴槽は、肩までゆったり浸かることができます。なんといっても、こちらの窓から見える東京スカイツリービューは最高!リビング越しに見る形になるので、部屋の電気を暗くして入浴するのがおすすめ。

大人気のブッフェやラウンジ

大人気のブッフェやラウンジ

写真:二松 康紀

地図を見る

朝食は26階の大人気レストラン「スカイグリルブッフェ 武蔵」。メニューは、洋食から和食まで豊富なラインナップ。写真のオムレツやフレンチトーストは、注文するごとにシェフがその場で焼いてくれるので、出来立てを食べられます。

多数メディアにも取り上げられているほど大好評なので、早起きしてでも行く価値はありますよ。もちろん、ランチやディナー営業もしているので、グリル料理やピッツァなど、ブッフェだけ利用することもOK。事前に予約をして行きましょう。

大人気のブッフェやラウンジ

写真:二松 康紀

地図を見る

写真は、国産野菜のしゃぶしゃぶ。なんて、色鮮やか!ゲランドの塩、エキストラバージンオイル、レモンオイルの入った鍋にサッと野菜をくぐらせ、ポン酢やバーニャカウダ、もろみみそなどとお好みで召し上がれ!

とにかくメニューはたくさんありますが、シェフの思いが詰まったこだわりある朝食で、元気に1日のスタートを切れそうなものばかりです。

大人気のブッフェやラウンジ

写真:二松 康紀

地図を見る

最後に、1階「THE LOUNGE」を紹介します。「優雅にのんびりしたい…」「観光合間にちょっとだけ休憩…」という時には、こちらのアフタヌーンティーセットがおすすめ。
雷門のスイーツや浅草寺五重の塔をモチーフとしたチョコレート、ミニおはぎや水饅頭など、浅草をイメージした和のアフタヌーンティーを味わえます。ほうじ茶や煎茶などの飲み物はおかわり自由、時間制限もないので満足のいくまで楽しみましょう!
※平日限定のセットになります

どんな場面、季節にもぴったりな「浅草ビューホテル」

景色やアクセスの良さ、優雅な朝食など、魅力たっぷりの「浅草ビューホテル」。記念日や誕生日などで贅沢な部屋や食事を楽しむのも良し。観光やビジネスでお得な素泊まりプランを活用するのも良し。

また、春は桜まつりに、夏は隅田川花火大会。秋は合羽橋道具街祭りに、冬は浅草寺の除夜の鐘。どのシーズンに訪れても、浅草の風情を感じられる点は、面白みがありますよね。浅草に滞在するなら、「浅草ビューホテル」を検討してみてはいかがでしょうか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/02/12−2019/02/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -