手が届く贅沢〜チロル高級リゾート地ゼーフェルト「クルメルス・ポスト」

| オーストリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

手が届く贅沢〜チロル高級リゾート地ゼーフェルト「クルメルス・ポスト」

手が届く贅沢〜チロル高級リゾート地ゼーフェルト「クルメルス・ポスト」

更新日:2019/03/25 09:17

小谷 雅緒のプロフィール写真 小谷 雅緒 ツアーコーディネーター&ガイド

ノルディック・スキーの本場として知られるゼーフェルトは、夏も大人気の高級リゾート地です。アルプスの美しい景色とチロルの伝統的な雰囲気の街並みは、誰もを魅了します。数あるホテルの中でも、「クルメルス・ポスト」なら、アウトドア派でなくても満足できる要素がいっぱい。インスブルックからも電車で35分、ホテルは駅近いので、自家用車がなくても簡単にアクセスできます。

数あるホテルの中でもクルメルス・ポストを勧めるワケ

数あるホテルの中でもクルメルス・ポストを勧めるワケ

提供元:クルメルス・ポスト

https://www.krumers.com/en地図を見る

さて、まずは肝心のホテル「クルメルス・ポスト」が所在するチロルの村ゼーフェルト(Seefeld in Tirol)についてご紹介しましょう。

人口3000人に満たないゼーフェルト村の周りはスキー場だらけ。過去にはインスブルック・オリンピックのスキージャンプ会場、2019年はノルディック・スキー世界選手権の会場にもなっています。

ハイシーズンは冬、スキー客が押し寄せるゼーフェルトですが、春から秋はハイキング、夏のホリデーでも人気です。高級リゾート地を名乗るだけあって、雰囲気や佇まい、利便性、すべてにおいて理想的なチロルの村です。

写真は駐車場がある裏側。

数あるホテルの中でもクルメルス・ポストを勧めるワケ

写真:小谷 雅緒

地図を見る

ゼーフェルトは地の利も抜群。最寄りの都市インスブルックまでは車でも電車でも30分程度。逆方向に進めばドイツ国境まですぐ。ドイツ側のガルミッシュ=パルテンキルヒェン(こちらも過去にオリンピックを開催)まで40分ほど、ミュンヘンまでも2時間です。

カジノやゴルフ場もある高級リゾート地ゼーフェルトですが、その滞在スタイルや季節によっては、インスブルックよりも料金的に安く泊まれることも。また、自炊型のアパートメントホテルも多いため、スーパーマーケットも何軒もあり、レストランのチョイスも豊富。

写真はゼーフェルト駅。

数あるホテルの中でもクルメルス・ポストを勧めるワケ

写真:小谷 雅緒

地図を見る

4つ星スーペリアホテルのクルメルス・ポスト(Krumers Post Hotel & Spa)は、駅から100メートル、歩行者専用ゾーンの中心部に位置しています。無料の監視付き駐車場は裏側からアクセスします。この駐車場を共有するホテル隣りのスーパーマーケットは同じ経営で、実は「クルメルス」の始まりは1893年開業の食料品店からでした。

4代目が「ホテル・ポスト」を購入し、改装して開業したのが1991年、4フロアにわたる広いスパエリアのホテルに変身したのは2010年、2016年に客室の改装も終わりました。クルメルス・ポストは今やゼーフェルトを代表するホテルのひとつと言ってもよいでしょう。

なお、クルメルスを経営するアルブレヒト家は現在、村内に2つのスーパーと3つのホテルも経営しています。そして、そのホテルの中でも「ポスト」が最上位です。

チロル地方のスキーリゾート地には、驚くほどラグジュアリーなホテルが存在します。ゼーフェルトと周辺にも数軒あります。これらを別格にすれば、クルメルス・ポストは一般的な旅行者でも料金面・アクセス面でハードルが低く、かつチロルらしい雰囲気と高級リゾート地としての洗練されたサービスを体験できます。

写真は村の広場Dorfplatz前から臨むクルメルス・ポスト(クリスマスマーケット開催中)。

すべての部屋が眺望付き!快適な客室

すべての部屋が眺望付き!快適な客室

写真:小谷 雅緒

地図を見る

場所柄、ビジネス客やひとり旅で来る人はほとんどいないためか、客室はダブルルーム以上で、最も小さくて30平米というゆったりとしたつくりになっています。

長期滞在のゲストが多いので、タンスやクローゼットなど収納場所、モノを置く場所もたっぷり。

写真は2ベッドルーム付きスイート。

すべての部屋が眺望付き!快適な客室

写真:小谷 雅緒

地図を見る

すべての客室でダブルベッドサイズになるソファベッドがあります。なので、トリプル仕様もOK。

標準的な客室設備には、電気ポットが設置してあるのもうれしいポイントです。

写真は2ベッドルーム付きスイート。

すべての部屋が眺望付き!快適な客室

写真:小谷 雅緒

地図を見る

バスタブ付きの客室も多いですが、後述するスパエリアが素晴らしいので、自室でのお風呂は適当で良いかも?しかし、濡れた水着やスキーウェアを整えるにも、バスルームが広いのは便利です。

なお、写真の2ベッドルーム付きスイートはトイレは別にあり、大人数(最大で6名まで可能)で宿泊する際はこれまた便利。

充実の朝食とグルメな夕食

充実の朝食とグルメな夕食

写真:小谷 雅緒

地図を見る

チロルのスキーリゾート地のホテルでは、1泊2食付きが基本です。極寒時や大雪時も、外出することなく食事ができます。クルメルス・ポストでは朝食のみでも宿泊可能ですが、夕食付きが原則で、料金的にも絶対にお得です。

長期滞在客が多いため、飽きのこないメニューが組まれていることはもちろんですが、味と雰囲気、両方が素晴らしいのです。

朝食はバイキング式で、オープンキッチンでは好みのタマゴ料理もオーダー可能。夕食は選べる5コースのフルサービスとサラダバー(写真)が供されます。夕食時の飲み物は別料金ですが、オーストリア産ワインはお手頃価格でも楽しめます。

充実の朝食とグルメな夕食

提供元:クルメルス・ポスト

https://www.krumers.com/en地図を見る

レストランは朝・夕と同じ会場で、宿泊客は滞在中は定位置に着席します。夕食内容は毎日変わり、前菜、スープ、メイン、デザートが常に2〜3種類ほど用意され、好きな料理を選びます。連泊時は朝食時に夕食メニューの案内があり、希望を伝えます。これは効率良いサービスにつながるため、レストランは着席に時間指定なく、営業時間中、好きなときに行くことができます。

充実の朝食とグルメな夕食

写真:小谷 雅緒

地図を見る

夕食時は朝食時とは食器も異なり、サラダバー以外はフルサービス、エレガントな雰囲気で料理を味わうことができます。各料理はオーストリアの特徴を生かした料理や素材が使われ、ベジタリアン向け料理も必ず含まれています。もしも食べたい料理がメニューカードになくても、前菜やおつみまにもなるサラダバー、パン、チーズの充実ぶりが素晴らしいので、必ずお腹も心も満たされるはず!

広さ2500平米の豪華スパエリアを満喫

広さ2500平米の豪華スパエリアを満喫

写真:小谷 雅緒

地図を見る

高級リゾート地にプールは付き物。特に、スキーリゾートでは悪天候時、スキーができない場合でも楽しめるアトラクションが必要です。

クルメルス・ポストは4つ星ホテルとしては最大にして最高のスパ施設を備え、ウェルネスが充実しています。

写真はインドアプール。各所に十分すぎる数のデッキチェアがあり、のんびりリラックスできます。

広さ2500平米の豪華スパエリアを満喫

提供元:クルメルス・ポスト

https://www.krumers.com/en地図を見る

こちらはインドアプールの上に位置する最上階4階にある、その名も「レジャー・ラウンジ」。マッサージ機能付きのプール、要は巨大ジャグジーです。天気が良ければ目の前に素晴らしいアルプスのパノラマが広がります。

広さ2500平米の豪華スパエリアを満喫

写真:小谷 雅緒

地図を見る

スパエリア内にはスパ開館中は常時飲み物も自由に飲むことができます。他にもフィットネスセンターやサウナ、別料金でエステやマッサージのサービスもあります。エステやマッサージなどが含まれるお得なパッケージで宿泊するのもよいかもしれません。

スキー目当てでなくても大満足のステイ

スキー目当てでなくても大満足のステイ

写真:小谷 雅緒

地図を見る

国際大会が開催できるほどのスキーリゾート地ですから、スキーに関するサービスはホテル、あるいは村内に充実しています。手ぶらでスキーも可能です。

夏のハイシーズンは8月上旬です。夏季ホリデーシーズンもタイミングがよければ、手ごろな料金でゼーフェルトを満喫できるでしょう。

写真は客室バルコニーから臨む村の広場。

スキー目当てでなくても大満足のステイ

写真:小谷 雅緒

地図を見る

連泊してインスブルック、あるいはガルミッシュ=パルテンキルヒェンに出かけてみましょう。鉄道はどちら方面も30分に1便運行されています。

インスブルックまでは35分!この車窓が素晴らしいの一言、絶景です。車ルートでは味わえない景色です。車旅行の人も、この日は車をホテルに置いて、環境にやさしい方法で出かけてみては?

写真はインスブルックのカラフルな街並み。

スキー目当てでなくても大満足のステイ

写真:小谷 雅緒

地図を見る

最後に注意点を。

クルメルス・ポストはペット歓迎ですが、家族向けホテルとは言い難いです。それは、スパ利用が16歳以上となっているからです。こどもの宿泊自体は可能ですが、こども向けの設備やアトラクションは特にありません。

チロルの高級リゾート地では珍しいことではなく、利用者の目的による棲み分けができているのです。スパが利用できないなら、ホテルの魅力は薄れてしまうかもしれません。

写真は団体が宿泊することもないので、とても静かなロビーの様子。

エレガントな滞在を約束する、おとな向けホテル

ヨーロッパの人たちが大好きな一か所滞在型は、周遊型旅行では味わえない体験やリラックスをもたらします。多くのリゾート地が自家用車でないとアクセスに難ありの中、ゼーフェルトなら車利用でも電車利用でも簡単。

観光客でにぎわうインスブルックから、たった30分程度で別世界のチロルの村に行け、しかもクルメルス・ポストは駅からすぐ。インスブルックで適当なホテルが見つからなかった場合の代替えにもおすすめです。

なお、ハイシーズンの予約状況(と料金)はすさまじく、早めの計画が肝心です。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/29−2018/12/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -