沖縄本島直結10島+2!レンタカーで気軽に島巡りドライブ

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

沖縄本島直結10島+2!レンタカーで気軽に島巡りドライブ

沖縄本島直結10島+2!レンタカーで気軽に島巡りドライブ

更新日:2019/03/26 08:53

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー

沖縄本島から車で行くことができる10の離島。レンタカーだけで島巡りができてしまいます。さらに島に渡る際に通る「橋」や「海中道路」も超絶景。ドライブ自体も楽しめる島巡りです。また船に乗らずにドライブのみで島巡りができるので、時間の制約がないのもメリット。沖縄本島のみのドライブとは、ひと味違う体験をしたい方におすすめです。定番の10島に加えて、謎の+2島も巡ってみましょう。

那覇から気軽にドライブ!瀬長島/奥武島

那覇から気軽にドライブ!瀬長島/奥武島

写真:離島 こむ

地図を見る

1.本島南部・瀬長島

那覇空港から距離にしてわずか約500m。しかしターミナルからだと道のりにして約5km。距離は近くとも道のり遠し「瀬長島」。それでも那覇空港から気軽にドライブできる島です。沖縄本島とは海を埋め立てて造られた海中道路で繋がっています。島での注目は飛行機。那覇空港にほど近いこともあって、離着陸する飛行機を間近に望めます。

<瀬長島の基本情報>
アクセス:那覇空港から車で約10分

那覇から気軽にドライブ!瀬長島/奥武島

写真:離島 こむ

地図を見る

2.本島南部・奥武島

実は沖縄に4つの奥武島という名前の島があり、那覇空港から気軽にドライブできるのが本島南部の「奥武島」。沖縄本島とは奥武橋という短い橋で繋がっています。奥武島と言えば「てんぷら」といっても過言ではないほど、沖縄ローカルフードで有名。橋を渡ってすぐのところに、行列必至のてんぷら有名店があるので、並んででも食べましょう。

<奥武島の基本情報>
アクセス:那覇空港から車で約30分

一石三島ドライブ!伊計島/宮城島/平安座島

一石三島ドライブ!伊計島/宮城島/平安座島

写真:離島 こむ

地図を見る

3.本島中部・平安座島

沖縄本島中部の東岸、ドライブの名所「海中道路」で沖縄本島と直結しているのが「平安座島」。島の大部分が沖縄石油基地ですが、その脇に伸びる約1.5kmのまっすぐ道は必見。ドライブに最適なだけではなく防波堤に絵画が描かれていて、アートを楽しみながらドライブができる道路です。さらにこの道を進むと、そのまま他の2つの島へも行けてしまいます。

<平安座島の基本情報>
アクセス:沖縄自動車道・沖縄北ICから車で約25分(那覇空港からだと+約35分)

一石三島ドライブ!伊計島/宮城島/平安座島

写真:離島 こむ

地図を見る

4.本島中部・宮城島

平安座島から続く道を進むと、いつの間にか入っているのが「宮城島」。平安座島とはわずか約10m程度の橋で繋がっている島です。島自体はアップダウンが激しく、坂が多くなったらそこはもう宮城島の証拠。そのアップダウンのおかげで、島の各所から望める光景はまさに絶景。ドライブの際は脇見運転注意です。

<宮城島の基本情報>
アクセス:沖縄自動車道・沖縄北ICから車で約30分(那覇空港からだと+約35分)

一石三島ドライブ!伊計島/宮城島/平安座島

写真:離島 こむ

地図を見る

5.本島中部・伊計島

平安座島から宮城島を経由して行ける「伊計島」。一石三島ドライブの終着点です。宮城島とは真っ赤な伊計大橋で繋がっています。島にはのどかなシュガーロードや、綺麗なビーチが何ヶ所もあり見所満載。ただし海中道路から2つの島を経由しないとたどり着けないので、往復にはかなり時間がかかりますので、時間配分には注意しましょう。

<伊計島の基本情報>
アクセス:沖縄自動車道・沖縄北ICから車で約40分(那覇空港からだと+約35分)

海中道路ドライブで寄り道!浜比嘉島/藪地島

海中道路ドライブで寄り道!浜比嘉島/藪地島

写真:離島 こむ

地図を見る

6.本島中部・浜比嘉島

海中道路から1本の道で行ける先の3つの島。さらにこのエリアではもう2つの島へも行くことができます。1つ目は平安座島から浜比嘉大橋を渡った先にある「浜比嘉島」。とても神聖な島なので、細い道にはむやみに入らず、大きな道のみを往来しましょう。注目は島に架かる浜比嘉大橋。ドライブに最適で、橋を一望できる展望台もあります。

<浜比嘉島の基本情報>
アクセス:沖縄自動車道・沖縄北ICから車で約25分(那覇空港からだと+約35分)

海中道路ドライブで寄り道!浜比嘉島/藪地島

写真:離島 こむ

地図を見る

7.本島中部・藪地島

海中道路エリアには、ドライブで行ける島がもう1つあります。海中道路入口からわずか約1.5kmの所にある「藪地島」。沖縄本島とは小さな橋で繋がっている無人島です。島には約6500年前と推測される土器が見つかったジャネー洞遺跡があります。ただしハブが多い島としても有名なので、島の奥まで深入りしない方がおすすめかも。

<藪地島の基本情報>
アクセス:沖縄自動車道・沖縄北ICから車で約20分(那覇空港からだと+約35分)

水族館ドライブで瀬底島/古宇利島/屋我地島

水族館ドライブで瀬底島/古宇利島/屋我地島

写真:離島 こむ

地図を見る

8.本島北部・瀬底島

沖縄美ら海水族館へのドライブ途中に行ける「瀬底島」。沖縄本島とは絶景橋「瀬底大橋」で繋がっています。島では瀬底ビーチが人気ですが、おすすめは瀬底大橋を渡ってすぐにあるアンチ浜。特に瀬底大橋から見下ろしたときの海の色はまさに絶景。大橋を渡った先に駐車スペースがありますので、歩いて大橋の絶景ポイントまで行きましょう。

<瀬底島の基本情報>
アクセス:沖縄自動車道・許田ICから車で約25分(那覇空港からだと+約1時間)

水族館ドライブで瀬底島/古宇利島/屋我地島

写真:離島 こむ

地図を見る

9.本島北部・古宇利島

沖縄本島北部で沖縄美ら海水族館と並ぶ、人気の古宇利大橋で繋がる「古宇利島」。古宇利大橋はドライブには最適で、しかも古宇利島には周回道路があり、大橋を渡って島を周回すれば、帰りもスムーズに大橋をドライブできます。特に帰りの車線側には歩道が無いので、車から海をダイレクトに望めます。

<古宇利島の基本情報>
アクセス:沖縄自動車道・許田ICから車で約30分(那覇空港からだと+約1時間)

水族館ドライブで瀬底島/古宇利島/屋我地島

写真:離島 こむ

地図を見る

10.本島北部・屋我地島

人気の古宇利島の影に隠れがちな「屋我地島」。しかし古宇利大橋の絶景を本当に楽しむなら、屋我地島から歩道を歩くのがおすすめ。ドライブでは望めない絶景も、歩道からなら思う存分に楽しめます。さらに島にはもう1本、ワルミ大橋が架かっており、古宇利大橋とは違った絶景を楽しめます。

<屋我地島の基本情報>
アクセス:沖縄自動車道・許田ICから車で約20分(那覇空港からだと+約1時間)

+2島は2つ目の奥武島と人工島!通過済み?

+2島は2つ目の奥武島と人工島!通過済み?

写真:離島 こむ

地図を見る

+1.本島北部・奥武島

沖縄には4つの奥武島がありますが、本島に直結しているのは2つ。その2つ目の奥武島は、古宇利島ドライブの際に経由済みだったのです。名護市街方面から古宇利島へ行く際、沖縄本島から最初に経由するのが2つ目の奥武島。しかし島にはお墓しかなく、昔はお墓参り以外での渡島を禁じられていた神聖な島です。

<奥武島の基本情報>
アクセス:沖縄自動車道・許田ICから車で約20分(那覇空港からだと+約1時間)

+2島は2つ目の奥武島と人工島!通過済み?

写真:離島 こむ

地図を見る

+2.本島中部・海中道路人工島

平安座島・宮城島・伊計島、そして浜比嘉島ドライブの際に通る海中道路。実はそこにも島があったのです。といっても人工島で、あるのはロードパークのみですが、れっきとした島になっています。ドライブ途中の休憩におすすめの海中道路人工島です。

<海中道路人工島の基本情報>
アクセス:沖縄自動車道・沖縄北ICから車で約20分(那覇空港からだと+約35分)

沖縄で島巡りドライブ!おすすめは3分割

ドライブのみで行くことができる、沖縄本島直結の10島+2島。やる気になれば一度に全島巡りも可能です。しかしそれだとドライブばかりで、島も景色もあまり楽しめません。おすすめは10島+2島を3分割して巡ること。本島南部の「瀬長島/奥武島」、本島中部の「平安座島/宮城島/伊計島/浜比嘉島/藪地島/海中道路人工島」、本島北部の「瀬底島/古宇利島/屋我地島/2つ目の奥武島」の組み合わせがおすすめです。

沖縄本島観光の際に時間がある日は「本島北部の3島+1島」、初日や最終日など時間があまりない日には「本島南部の2島」がおすすめ。「本島中部の5島+1島」は数こそ多いですが、1つのエリアにまとまっていますので、半日あれば島巡りできます。大台の10島を目指し、沖縄本島をドライブで島巡りしましょう。

2019年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/03/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -