半木の道は桜の散歩道!京都・賀茂川の花見名所は午後がおすすめ

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

半木の道は桜の散歩道!京都・賀茂川の花見名所は午後がおすすめ

半木の道は桜の散歩道!京都・賀茂川の花見名所は午後がおすすめ

更新日:2019/04/03 16:06

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

半木の道は京都でも珍しい、しだれ桜の並木道。美しい賀茂川の堤防上にある散策路で、花見と散歩を同時に楽しめます。隣接して京都府立植物園があり、緑豊かな自然環境が魅力。73本のしだれ桜があり、インスタ映えも狙えます!
半木の道の桜は晴天の青空が似合いますが、川の東側にあるので午前中は日陰。曇天なら日陰になりませんが、晴天なら午後がおすすめです!

半木の道は、しだれ桜の並木道!

半木の道は、しだれ桜の並木道!

写真:藤田 聡

地図を見る

半木の道は鴨川の上流にある、賀茂川沿いのしだれ桜の並木道。最寄り駅の京都市営地下鉄北山駅から歩くと、約10分で写真の入口に到着。桜の見頃時期には大勢の観光客が居て、すぐに分かります。

しだれ桜のヒサシが特徴的!

しだれ桜のヒサシが特徴的!

写真:藤田 聡

地図を見る

半木の道は賀茂川の堤防上にある、しだれ桜の並木道。桜並木は一般的に染井吉野が大半で、しだれ桜は少し混ざっている位が普通です。しかし、ここでは京都はもちろん日本でも珍しい、しだれ桜だけが73本並んだ桜並木になっています。

しだれ桜のヒサシが特徴的!

写真:藤田 聡

地図を見る

半木の道のしだれ桜は通行の妨げにならないように、木製のヒサシが設置されているのが特徴的。桜の枝が必要以上に、垂れ下がらないようになっています。

一部には写真のようにヒサシが無い部分もあり、しだれ桜が本来の優美な姿を誇っています。記念撮影には、こうした場所を選択しましょう!

しだれ桜のアップでインスタ映え!

しだれ桜のアップでインスタ映え!

写真:藤田 聡

地図を見る

桜の木はアップで撮影すると、何処で撮影した写真か分からなくなり後で残念に思うもの。しかし、ここには特徴的な木製のヒサシがあるので、アップでも半木の道だと分かります。

さらに桜の背後に、緑の柳があるのも特徴的。空の青と柳の緑を背景に、桜のピンク色が映えた写真を撮影してインスタ映えを狙いましょう!

賀茂川としだれ桜の並木道が美しい!

賀茂川としだれ桜の並木道が美しい!

写真:藤田 聡

地図を見る

半木の道が本当に素晴らしいのは、遠くから眺めても絵になる点にあります。植物園の緑を背景にした桜並木と美しい賀茂川の流れを見れば、一日中ここで花見をしていたいと思う程です。

京都府立植物園内には「半木の森」と呼ばれる自然林があり、半木の道も本来はその一部。名前の由来となった半木神社も、植物園の中にあります。

晴天の午前中は日陰です!

晴天の午前中は日陰です!

写真:藤田 聡

地図を見る

半木の道は堤防上の桜並木なので、営業時間も無く入場料も無料です。しかし、街灯もほとんど無いので、昼間しか花見出来ません。

京都の桜名所は何処も混雑が激しいので、早朝に行きたくなるかもしれませんが、写真のように午前中は日陰で残念な光景になります。曇天なら問題ありませんが、晴天なら午後に行きましょう。

晴天の午前中は日陰です!

写真:藤田 聡

地図を見る

旅行日程の都合上、どうしても晴天の午前中に行く場合は、北大路駅から半木の道の南端に行きましょう。植物園よりも南側のエリアでは、写真のように朝から桜に日光が降り注ぎます。

公衆トイレがあるのも、この付近の対岸。北側から歩く場合も、この付近まで散策して折返すようにしましょう。

桜の見頃時期は観光シーズンで、京都の有名な神社仏閣は激しく混雑します。一方、無料の公園や緑地はむしろ穴場の花見名所。昼夜の入れ替えもなく、好きな時間に楽しめます!

特に「哲学の道」や嵐山公園中之島地区がおすすめで、後者では夜桜のライトアップも実施します。別記事で詳細に紹介しましたので、是非ご覧下さい。(記事最後の「関連MEMO」内にリンクあり)

半木の道の桜の基本情報

住所:京都府京都市左京区下鴨半木町
電話番号:075-343-0548(京都総合観光案内所・京なび)
例年の桜見頃時期:4月中旬
夜桜ライトアップ:なし
アクセス:京都市営地下鉄烏丸線北山駅または北大路駅下車、徒歩約10分

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -