鹿児島県屋久島・宮之浦港と安房港は観光に便利!おいしい土産も

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

鹿児島県屋久島・宮之浦港と安房港は観光に便利!おいしい土産も

鹿児島県屋久島・宮之浦港と安房港は観光に便利!おいしい土産も

更新日:2019/04/05 09:27

ヨッシー 宙船のプロフィール写真 ヨッシー 宙船 乗り物好きライター

世界自然遺産がある鹿児島県屋久島。屋久島への旅行に船を利用する場合、港が2か所あります。北部の宮之浦港は鹿児島、指宿、種子島を結ぶ高速船のほか、鹿児島、口永良部島、種子島を結ぶフェリーが発着。東部の安房(あんぼう)港は高速船のみの発着ですが、観光名所である縄文杉や島南部に近い市街にある港です。屋久島にある両港を知って、屋久島旅行をより楽しく、確実なものにしてみましょう。

宮之浦港は鹿児島、種子島、口永良部島への重要拠点!

宮之浦港は鹿児島、種子島、口永良部島への重要拠点!

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

屋久島北部にある宮之浦港は、鹿児島、指宿(いぶすき)、種子島、口永良部島への足となる重要な港。周辺には土産店、宿泊施設が多くあり、旅行者の利用が多い拠点です。その中で宮之浦市街地へ最も近い場所にあるターミナルが、鹿児島、指宿、種子島(西之表)を結ぶ種子屋久高速船のターミナル(写真)。現在は青色の建物(写真)でチケット販売し、隣のオレンジ色の建物は待合室と売店になっています。

宮之浦港は鹿児島、種子島、口永良部島への重要拠点!

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

高速船ターミナルより先にある白色の円形をしたターミナルが「宮之浦港県営待合所(写真)」。鹿児島、種子島(西之表、島間)、口永良部島発着のフェリー窓口があり、フェリーも待合所に近い岸壁に接岸します。1階はフェリー各社の窓口、2階は売店、喫茶店、待合室となっていて、窓口、売店はフェリーの出港時刻に合わせて営業します。

宮之浦港は鹿児島、種子島、口永良部島への重要拠点!

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

県道77号と宮之浦港への道路の交差点にあるのが「屋久島環境文化センター(写真)」。屋久島の自然、自然と人間との関わりを学べる施設ですが、1階には屋久島観光協会の観光案内所があります。島の観光での問い合わせがある旅行者はぜひ利用して下さい。

宮之浦高速船ターミナル受付売店には地元酒に「ごはん泥棒」!

宮之浦高速船ターミナル受付売店には地元酒に「ごはん泥棒」!

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

青色の建物である宮之浦高速船ターミナルにはチケット窓口の向かいに売店があります。屋久島土産で品揃えが充実しているのがお酒。屋久島を代表する芋焼酎といえば「三岳(みたけ、写真左)」でしょう。三岳とは屋久島の山、九州最高峰の宮之浦岳、永田岳、黒味(くろみ)岳を指します。芋の香りがほんのりした飲みやすい焼酎。「三岳」は本土でも市販されていますが、ワンカップペットボトルは屋久島限定!持ち帰りやすいペットボトルは土産向きです。

また芋焼酎でも屋久島限定販売の商品が「水の森(写真右)」。屋久島産のさつま芋「白豊」100%と島の軟水を原材料とした昔からの製法で出来た屋久島の自然を表現した焼酎です。

宮之浦高速船ターミナル受付売店には地元酒に「ごはん泥棒」!

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

焼酎はちょっとという旅行者へ、リキュールはいかがでしょうか。「水の森」を製造する本坊酒造より、屋久島産の食材を使用したリキュールが販売中。屋久島で栽培されるかんきつ類の1つが「たんかん」。春に収穫されるたんかんと、屋久島の森で採取した「屋久島千寿天然酵母」で作ったのが「屋久島たんかん酒(写真左)」です。

また屋久島ではパッションフルーツも栽培されています。同じく本坊酒造のパッション果汁を良質なワインにブレンドしたリキュールが「屋久島サングリア」。白ワインとのブレンドが「屋久島サングリアパッション&白ワイン(写真中)」、赤ワインとのブレンドが「屋久島サングリアパッション&赤ワイン(写真右)」です。いずれもロックかストレートでどうぞ。

宮之浦高速船ターミナル受付売店には地元酒に「ごはん泥棒」!

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

高速船ターミナル売店の商品では、お酒や屋久島で多くとれるトビウオの加工品が並んでいますが、一見変わった商品もあります。屋久島空港に近い小瀬田地区にある民宿プコチュは、屋久島で唯一韓国料理が味わえます。北海道出身の旦那と韓国出身の栄養士の資格を持つ女将が運営するプコチュで製造している土産が「ごはん泥棒(写真)」。面白いネーミングのこの豚コチュジャンは、鹿児島産豚肉、くるみ、玉ねぎ、にんにくなどを原材料に使用している甘辛いご飯の友です。ピリ辛好きの方はぜひどうぞ。

宮之浦高速船待合室売店には地元食材アイスがおススメ!

宮之浦高速船待合室売店には地元食材アイスがおススメ!

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

オレンジ色の高速船ターミナルの建物には待合室と、青色のターミナルよりも広い売店(写真)があります。乗船券を購入し、乗船するまでに屋久島土産を探す旅行者には最適な場所。青色のターミナルと比べて、菓子、工芸品が多い傾向があります。売店にある製品には、屋久島で採れた木材を加工した工芸品や屋久杉のお香、杉の香りを味わえる入浴剤などが販売中です。

宮之浦高速船待合室売店には地元食材アイスがおススメ!

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

船を待つ間に冷たいアイスクリームを食べたい旅行者へのおススメ品が、屋久島で菓子や土産品を製造・販売する馬場製菓の関連会社、株式会社やくしま市場が販売する、マンゴー(写真左)、パッション(写真中)、たんかん(写真右)の果汁が入ったアイスミルク。アイスクリームの製造は島外ですが、原材料果汁の一部に屋久島産を使用しています。

<宮之浦港の基本情報>
アクセス:屋久島空港よりバスで約25分、安房港よりバスで約41分
1.種子屋久高速船株式会社宮之浦営業所(鹿児島、指宿、西之表)
住所:鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦1208-11
電話番号:0997-42-2003
営業時間:8:30〜17:30

2.折田汽船株式会社宮之浦(鹿児島)
住所:鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦1208-1
電話番号:099-226-0731(鹿児島予約センター)
窓口の営業時間は原則として出港1時間前〜出港まで

3.鹿商海運株式会社宮之浦(鹿児島、西之表)
住所:鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦1208-1
電話番号:0997-42-0140
窓口の営業時間は原則として出港1時間前〜出港まで

4.屋久島町営フェリー(口永良部島、島間港)
住所、電話番号、窓口の営業時間共に鹿商海運に同じ。
団体旅客予約は屋久島町役場財産管理課船舶係0997-43-5900へ。

安房港は高速船だけ入港!屋久杉記念館や南部への最寄港

安房港は高速船だけ入港!屋久杉記念館や南部への最寄港

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

安房港は島東部の市街地にある港で、高速船のみ寄港。宮之浦港より屋久杉自然館やヤクスギランド、島南部に近い場所にあります。高速船は1日2往復、大半が種子島・西之表港を経由して鹿児島港を結んでいます。ターミナル(写真)は2階建てですが、発券窓口、売店共に1階です。なお屋久島観光協会安房案内所は港から徒歩5分の「エコタウンあわほ」の中にあります。また利用予定の高速船発着港を宮之浦港と間違うと距離があって大変なので十分注意願います。

安房港は高速船だけ入港!屋久杉記念館や南部への最寄港

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

安房港ターミナルにも売店があり、島の主な土産品が菓子や工芸品を中心に売られています。種類は宮之浦港より少ないですが、安房から島を離れる旅行者が土産を買い足すには困らない品揃えとなっています。

<安房港の基本情報>
住所:鹿児島県熊毛郡屋久島町安房176-1
電話番号:0997-46-3399
アクセス:
屋久島空港からバスで約15分
宮之浦港からバスで約41分

屋久島の港・宮之浦&安房から島へ上陸しよう!

屋久島の2か所の港のうち、宮之浦港は地元酒、ネーミングが面白い食品、名産果汁を使用したアイスクリームなどが販売され、島を離れる時には多くの種類の土産の中から選択可能。また安房港は島の土産で主要品が揃い、買い足しに最適です。宮之浦港や安房港を利用する旅行では、ターミナルの売店を利用し、土産を堪能してみてはいかがでしょうか。

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/02/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -