GW必訪イベント!石川「九谷茶碗祭り」でお気に入りを見つけよう!

| 石川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

GW必訪イベント!石川「九谷茶碗祭り」でお気に入りを見つけよう!

GW必訪イベント!石川「九谷茶碗祭り」でお気に入りを見つけよう!

更新日:2019/04/08 14:03

島塚 渓のプロフィール写真 島塚 渓 トラベルライター

有田焼(佐賀県)や瀬戸焼(愛知県)と並んで、日本有数の陶磁器として知られる「九谷焼(くたにやき)」。その産地である石川県では、ゴールデンウィーク限定の即売イベント「九谷茶碗祭り」が開催されています。ぜひ、この機会に、みなさんのお気に入りの一品を探してみてください!

豪華絢爛な九谷焼

豪華絢爛な九谷焼

写真:島塚 渓

地図を見る

金沢市や小松市など、石川県の南部で作られている「九谷焼」の歴史は古く、江戸時代初期の明暦元年(1655年)ごろに開窯したと考えられています。
1700年代の初頭に突然、窯が閉じられた後、長らく廃窯となってしまいますが、江戸時代の後期になって復活。さまざまなスタイルが確立され、豪華絢爛な色合いの焼き物として、多くの人の心を捉えているんです!

豪華絢爛な九谷焼

写真:島塚 渓

地図を見る

江戸時代に再興された九谷焼は、窯元によって作風の違いがはっきりと表れています。例えば、吉田屋窯では赤を使わず、青(緑)・黄・紫・紺青の四彩を使っているため、一般的にその色合いから青九谷と呼ばれています。
反対に、赤色で綿密に人物や小紋を描いた宮本屋窯や金で彩色した金襴手(きんらんで)と呼ばれる作風も存在します。数多くの窯が、それぞれの画風を確立しているので、前もって勉強しておくと、より楽しむことができますよ!

伝統ある陶器まつり

伝統ある陶器まつり

写真:島塚 渓

地図を見る

九谷茶碗祭りは、毎年5月3・4・5日のゴールデンウィークの期間に開催されています。その歴史は古く、明治41年に奉仕市として始まりました。
2019年で111回を迎えた伝統ある陶器市で、会場への入場は無料となっているので、気軽に参加できますよ。

伝統ある陶器まつり

写真:島塚 渓

地図を見る

会場となる石川県能美市の九谷陶芸村には、50もの特設テントが設置され、3日間で約20万人もの人が訪れるビックイベント。毎年、会場はかなりの盛り上がりをみせ、グルメコーナーなどの出店も数多くあります。
そのため、期間中には臨時駐車場が開設されたり、無料のシャトルバスが運行しているので、ホームページ等で事前にチェックしておくことをお勧めします。

お手頃価格で九谷焼が買える!

お手頃価格で九谷焼が買える!

写真:島塚 渓

地図を見る

九谷焼の魅力は、なんといってもカラフルな「上絵付け(うわえつけ)」にあります。上絵付けとは、1度窯で焼いた陶磁器の上から、顔料で模様を描き、再び焼く技法のことです。
九谷焼の場合は、「五彩手(あるいは九谷五彩)」と呼ばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色を使用するのが特徴。気品のある豪華な色彩に、しっかり注目してみてください!

お手頃価格で九谷焼が買える!

写真:島塚 渓

地図を見る

茶碗祭りでは、これらの優美な九谷焼が、お手頃な値段で販売されています。ものによっては、通常の半額以下で購入することもできるので、この機会に大量買いする人も少なくありません。
ただし、アウトレットの商品が多く、どうしても一部に傷や汚れがある場合もあるので、しっかりと確認してから購入することをお勧めします。実際に手に取って、使い心地などを確かめてから買えるものがほとんどなので、お店の人と相談しながら、じっくり選ぶのもいいかもしれません。

九谷茶碗祭りの基本情報

開催日時:5月3日から5月5日
開催時間:8:30〜18:00
開催場所:九谷陶芸村(石川県能美市泉台町南22番地)

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/05/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -