日向坂46で一躍有名に。東京・港区三田の日向坂ってどんな坂?

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日向坂46で一躍有名に。東京・港区三田の日向坂ってどんな坂?

日向坂46で一躍有名に。東京・港区三田の日向坂ってどんな坂?

更新日:2019/03/26 08:34

雲本 らてのプロフィール写真 雲本 らて 散歩ブロガー、坂道探検家

東京メトロ麻布十番駅からすぐの場所にある日向坂。麻布十番からも近いのでさぞや賑やかな場所にあるかと思えば、周辺は大使館や大学が存在する落ちついたエリアに存在しており、都内の坂道でもその存在は一味異なっているとも言えます。今回はそんな日向坂に絞って坂名の由来から関連エピソードまでまとめて紹介してみたいと思います。

坂の名と日向坂46

坂の名と日向坂46

写真:雲本 らて

地図を見る

「日向坂」は、江戸時代前期に、坂の南側に徳山藩毛利日向守の屋敷があったことに由来すると言われています。坂道の位置についても江戸時代とほぼ変わらない場所にあり、名前の由来からしても古くから存在していた由緒ある坂道です。

ちなみに、日向坂は、「ひゅうが坂」と読むのが正しいのですが、誤って「ひなた坂」と読む人もこれまで多くいたらしく、そのため別名として「ひなた坂」と呼ぶ説も昔からあります。これは実際、現地に日向坂の坂名の由来が書かれた坂の木碑があるのですが、そこにも同様のことが記されています。

坂の名と日向坂46

写真:雲本 らて

地図を見る

日向坂は別名で「袖振坂」とも呼ばれています。これは坂下に川が流れており、川を挟んで向こう側も江戸時代から存在する坂道で、そんな地形具合から人の別れに袖を振ることから、もしくは昔の日向坂は道幅が狭かったため行き合う人の袖と袖がふれ合うほどだったため、など諸説あります。

また日向坂は、最近、改名で話題になった日向坂46のグループ名のルーツになった坂道と言われています。ただ実存する日向坂は「ひゅうがざか」と読むのに対して日向坂46は「ひなたざか46」と呼びますが、これは報道情報によれば字画の関係とのことなので、それほど気にしなくてよいかもしれません。

日向坂は雰囲気もよい

日向坂は雰囲気もよい

写真:雲本 らて

地図を見る

坂道自体は、高低差もあって、周辺は大使館や大学が存在する落ちついたエリアということもあり雰囲気もよく、坂道からの首都高速の景観も印象的です。

日向坂は雰囲気もよい

写真:雲本 らて

地図を見る

また坂道の途中からは、東京タワーもちらりと見えます。これだけでもこの坂道が東京のど真ん中にあることが実感できると思います。

日向坂は雰囲気もよい

写真:雲本 らて

地図を見る

日向坂は坂上にいくほど、落ち着いた雰囲気になっていきます。それは界隈の落ち着いた街並みだけでなく、坂道の途中に外務省の三田共用会議所やオーストラリア大使館、かつて三井財閥の迎賓館として使われた綱町三井倶楽部、そして江戸時代から今の場所にある円徳寺などが隣接しており、これらの施設の影響もあり、坂道自体も独特の雰囲気を醸し出しています。

またこれらの施設は建築的に見ても、前進的なつくりのオーストラリア大使館(設計はデントン・コーカー・マーシャル社)やジョサイア・コンドル設計による綱町三井倶楽部、山下設計の設計による三田共用会議所、そして宇宙船のようなデザインの円徳寺本堂の建築など、坂道とあわせて見てみたい有名建築スポットもたくさんあります。

土木景観も魅力的

土木景観も魅力的

写真:雲本 らて

地図を見る

日向坂の坂下も見方をすこし変えればかなり魅力的な場所です。というのも坂下には江戸時代から存在した川が流れています。現在は古川と呼ばれている河川ですが、その川の上を覆うように建てられている首都高速2号目黒線の高架がかなり印象的です。特に日向坂の坂下あたりから眺めると圧巻です。

また古川に架けられた橋は、現在「二の橋」と名付けられていますが、これは古地図で確認してみると江戸時代から変わらない名前であったりします。

土木景観も魅力的

写真:雲本 らて

地図を見る

首都高速と日向坂の関係は、坂下からすこし離れたポイントで、日向坂の坂上方向を眺めてみると印象的です。この坂道と首都高速がクロスしているような土木景観は都内でもかなり珍しいです。ぜひこのポイントからも鑑賞してみることをおすすめします。

そんなわけで、日向坂についてのおすすめスポットは以上です。このような坂道と首都高速と川の関係や周辺の有名建築スポットの多さ、坂道自体の景観、そして日向坂46のことなど、一つの坂道でこれほど有形無形のスポットがあるところは珍しいとも言えます。

ただ、実際の坂道は、なんとなく歩いただけではわかりにくい場所でもありますので、今回紹介した内容を気にしながら歩いてみるとまた違った風景が見えてくると思います。

日向坂の基本情報

住所:東京都港区三田1丁目と2丁目の間
アクセス:東京メトロ・麻布十番駅より徒歩2分

2019年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -