秋田のモロヘイヤはひと味違う!農家レストラン「ゆう菜家」の極ウマランチ

| 秋田県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

秋田のモロヘイヤはひと味違う!農家レストラン「ゆう菜家」の極ウマランチ

秋田のモロヘイヤはひと味違う!農家レストラン「ゆう菜家」の極ウマランチ

更新日:2014/04/17 15:33

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

モロヘイヤの生産地というと群馬県ですが、秋田県も負けず劣らずの生産地です。中でも農家レストラン「ゆう菜家」では農薬を一切使わずに自家栽培しているモロヘイヤをたっぷり練り込んだモロヘイヤ麺と地元秋田で採れる旬の食材を使ったランチメニューが大人気。口コミで広がり県内外からたくさんの方がこの味を求めてくるほどです。秋田空港からアクセスできる秋田の農家レストランの先駆け「ゆう菜家」を紹介します。

秋田杉を使った温もりあふれる店内

秋田杉を使った温もりあふれる店内

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

全国的に農家レストランが流行っていますが、農業が盛んな秋田県にもたくさん農家レストランがあります。中でも、秋田での農家レストランの先駆けといっても過言ではないのが、平成12年にオープンした「ゆう菜家」。
秋田の観光地、田沢湖や角館から秋田空港に行く途中にありますが、大きい看板もないためうっかりすると見過ごしてしまいそうなくらい質素な外観です。しかし、店内は地元の秋田杉を使った木のぬくもりあふれる雰囲気。テーブルもイスもすべてに杉が使われ、ほっと一息つけます。秋田の田舎のおばあちゃんの家に遊びにきたかのようなアットホームさがあり、ゆっくり食事を楽しむことができます。
窓から見える田園風景にも癒されますよ。

モチッツルッのモロヘイヤ麺

モチッツルッのモロヘイヤ麺

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

「ゆう菜家」のウリは、自家製モロヘイヤを使った麺と近所の山で採れる秋田の山菜。また、栽培が珍しいヤーコン芋を使った麺、しいたけ麺、古代紫麺とちょっと変わった麺も提供しています。
ランチセットは3種類あり、すべて1050円。一押しは、モロヘイヤ麺や古代紫麺、しいたけ麺の3種類に山菜の天ぷら、旬の野菜を使ったおひたし、黒豆ゼリーがついた「3色麺ザルセット」。

さて、モロヘイヤ麺はどんな味がするのか?モロヘイヤはゆでるとねばねばしますよね。モロヘイヤ麺を食べるとちょっと粘り気がありつつもコシがあり、麺なのにとろ〜りとした食感。麺と一緒にシャキシャキのたけのこの天ぷらやこごみの天ぷらなど山菜の天ぷらを食べるとおいしさ倍増!
山菜の天ぷらは、麺と一緒に食べるのもおいしいですが、御膳と一緒に出されるモロヘイヤ塩をつけて食べるのも絶品ですよ。

ところで、こごみの天ぷら?と思った方もいらっしゃるのでは?実は、標準名は「クサソテツ」と言われる山菜。秋田弁で「かがむ」がなまると、「こごまる」となりますが、クサソテツがくるっとこごまっているような形をしていることから「こごみ」と呼ばれるようになったそうです。
秋田では道の駅などにもたくさん売っているメジャーな山菜ですが、他地域の方には珍しい山菜ではないでしょうか。

モロヘイヤのネバネバをもっと堪能したい方には、もりもりねばねばセット

モロヘイヤのネバネバをもっと堪能したい方には、もりもりねばねばセット

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

美容の味方!ネバネバ!を堪能したい女性の方に必見のメニューが「もりもりねばねばセット」。
モロヘイヤ麺の上に、とろとろになったモロヘイヤのたたき、そしてねばねばの代表格、オクラ、山芋、納豆がどば〜っと盛られた栄養満点のぶっかけ麺!もちろん、旬の山菜の天ぷらもついています。

秋田県ではモロヘイヤのたたきはメジャーな家庭メニュー。そうめんと一緒に食べたり、ご飯の上にのっけて食べたり・・・
秋田の家庭の味を堪能しつつ、美容も手に入れられるヘルシーランチ。女性必見ですよ!

秋田でとれる山菜は?

秋田でとれる山菜は?

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

山菜の天ぷらが食べられるのは山菜が旬の5月上旬〜6月下旬。
毎回同じ山菜が食べられるわけではなく、そのときに採れた旬の山菜の天ぷらがメニューに並びます。さて、どんな山菜があるかといいますと、写真の順番にご紹介します。

左上 たら 左下 たらの芽
真ん中上 こしあぶら 真ん中下 こごみ
右 あいこ

どの山菜の天ぷらが出るかはその時次第!ゆきんこの一押しはこしあぶら。この天ぷらがサクサクしてとってもおいしい!もし、食べられなかったら山菜が採れる時期には、秋田の道の駅、もしくはスーパーに並んでいるのでお土産に買って帰ってもいいかもしれません。

隠れ人気メニュー モロヘイヤのジャンボ餃子

隠れ人気メニュー モロヘイヤのジャンボ餃子

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

もうちょっとがっつり食べたいなという方は単品で、モロヘイヤのジャンボ餃子はいかがでしょうか。
餃子の生地にモロヘイヤをたっぷり使っているので見た目は緑色。さらに中の餡にもモロヘイヤを使い、餃子なのになぜかあっさり、そしてとろっとした食感が新感覚。

口臭の心配がない女性にうれしいヘルシー餃子をぜひお試しください!

たけのこづくしなんて日も!

ゆう菜家は1,2月が休業でかつランチの11:00〜15:00しか営業していません。席数も限られているので12時前後は列に並ぶこともあります。
また、5月〜6月下旬までは山菜の時期のため特に人気。帰りの飛行機の時間がある方は余裕をもって行った方がいいですよ。

たけのこが多く取れた日は、たけのこのご飯、天ぷら、煮つけも出る、たけのこづくしランチも同じ値段で食べられたりするのでたけのこデーにあたった方はラッキー!

秋田県内で知る人ぞ知る隠れ家農家レストランですが、最近では口コミで広がり県外のお客様が秋田空港の行き帰りで利用することも多くなったとか。
秋田の田園風景を感じつつ、地元食材を食べられるアットホームな農家レストランに行ってみてはいかがですか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -