古都に咲き誇る桜!金沢城・兼六園観桜期の散策&ライトアップ

| 石川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

古都に咲き誇る桜!金沢城・兼六園観桜期の散策&ライトアップ

古都に咲き誇る桜!金沢城・兼六園観桜期の散策&ライトアップ

更新日:2019/04/05 14:21

Mayumi Tのプロフィール写真 Mayumi T 金沢出身の歴史探索家、B級グルメマニア、北陸の旅先案内人

新しい季節が訪れるごとに開催される金沢城と兼六園のライトアップ。夜間は入園無料ですので人気のイベントです。春の桜の時期は、例年、金沢地方気象台のソメイヨシノの開花宣言のあとに金沢城と兼六園の無料開園やイベントの時期を発表しています。市内の天候や気温などをチェックし、ぜひ桜の開花に併せて訪れてみてください。

兼六園の豊富な種類の桜

兼六園の豊富な種類の桜

提供元:金沢市観光協会

http://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/地図を見る

長く寒い冬が過ぎ去ると、金沢の街並みにも少しずつ春の訪れが感じられるようになります。暖かくなってくる春の季節は、ゆったりと街の散策が楽しめますよ。四季ごとに開催されている「金沢城・兼六園」でのライトアップのイベントは、歴史ある「金沢城」や「兼六園」がライトアップによって、いっそう風情あるものになりますので、金沢市内の気温などが気になるところ。例年、桜の開花に併せて開催されています。

兼六園の豊富な種類の桜

写真:Mayumi T

地図を見る

画像は兼六園内の眺望台からの眺め。高台からは桜とともに金沢市内の街並みもあわせて眺めることができます。

兼六園の豊富な種類の桜

写真:Mayumi T

地図を見る

兼六園内の桜は、約40種類、400本もの木があります。その年によって違いはありますが、桜の品種によっては開花時期が違ってきますので、例年、長い期間桜を楽しむことができます。

お抹茶やお団子、食事を味わったりできる茶店が数軒ありますので、お好みの茶店巡りも楽しめますよ。金沢らしさが感じられるお土産なども購入できますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

兼六園の桜の優しいライトアップ

兼六園の桜の優しいライトアップ

提供元:金沢市観光協会

http://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/地図を見る

兼六園内は、ソメイヨシノなどが開花、満開を過ぎても「兼六園菊桜」「兼六園熊谷桜」「旭桜」「楊貴妃桜」など、他ではあまり見られない品種の桜もありますので、実際には例年3月下旬頃〜4月中旬頃または下旬頃までお花見が楽しめます。

兼六園の桜の優しいライトアップ

写真:Mayumi T

地図を見る

園内は、桜の花々や他の植物や樹木との景観が優しく調和し、とても趣が感じられますので、時間があれば一つ一つの樹木やスポットをゆっくり鑑賞されることをおススメします。

兼六園の桜の優しいライトアップ

写真:Mayumi T

地図を見る

<兼六園の基本情報>
住所:石川県金沢市兼六町1
電話番号:076-234-3800(金沢城・兼六園管理事務所)
アクセス:「兼六園下」「広坂」バス停下車すぐ

玉泉院丸庭園のライトアップ

玉泉院丸庭園のライトアップ

写真:Mayumi T

地図を見る

金沢城公園内の「玉泉院丸庭園(ぎょくせんいんまるていえん)」は、加賀藩三代藩主である前田利常により庭づくりが始まり、歴代の藩主により手を加えられてきました。2015年にその庭園が復元されており、春の季節の花々も咲きます。

"色紙短冊積石垣"など、庭園とともに眺められる背景の石垣が見どころの一つでもあります。非常に多くの種類の石垣がありますので、一つ一つ違った表情も感じられます。

イベント時期以外でも毎週金、土曜日の夜や祝日の前日などに夜間開園し、ライトアップが日没後〜21時まで行われています。

<玉泉院丸庭園の基本情報>
住所:石川県金沢市兼六町1
電話番号:076-234-3800(金沢城・兼六園管理事務所)
アクセス:「兼六園下」「広坂」バス停下車すぐ

金沢城公園が桜色の彩りに

金沢城公園が桜色の彩りに

写真:Mayumi T

地図を見る

加賀藩前田利家公の居城であった金沢城。城門である「石川門」「河北門」「橋爪門」は「金沢城三御門」とよばれており、見どころの一つです。「石川門」は、1759年の大火後に再建されており、国の重要文化財に指定されています。復元されたものですが「河北門」「橋爪門」などとともに、江戸後期の三の丸一帯の歴史が感じられますので、ぜひ訪れてみてください。

金沢城公園が桜色の彩りに

提供元:金沢市観光協会

http://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/地図を見る

石垣の博物館ともいわれている金沢城。復元などされた何種類もの石垣を見ることができますが、この石垣とお城の独特の壁の白い部分や、うすく色づいた桜の花々との調和が美しいので、晴れた日は特に貴重な景観となるでしょう。

金沢城公園が桜色の彩りに

写真:Mayumi T

地図を見る

前述のように、北陸は他の地域と違い天候の悪い日が多いことで知られていますので、タイミングが良く晴れた日に訪れることができれば、青空に桜の色が映えた貴重な景観が眺められるでしょう。金沢城公園の中は広場もありゆったりとしていますので、小さなお子さま連れでも楽しめますよ。

金沢城公園のライトアップ

金沢城公園のライトアップ

提供元:金沢市観光協会

http://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/地図を見る

金沢城と兼六園の観桜期ライトアップは、春の訪れが感じられるライトアップ。この期間中は夜間も開園、無料で入園することができます。もし観桜期のライトアップのイベントが過ぎても、石川門は通年ライトアップされていますので、この門のライトアップは眺めることはできます。ぜひ、重要文化財の石川門のライトアップは訪れてみて下さい。

長かった北陸の寒い冬が終わり、暖かさを感じながらの散策ができます。ぜひ、金沢で春の訪れを感じながら桜を観賞してみませんか。

<金沢城公園の基本情報>
住所:石川県金沢市兼六町1
電話番号:076-234-3800(金沢城・兼六園管理事務所)
アクセス:「兼六園下」「広坂」バス停下車すぐ

金沢城・兼六園観桜期ライトアップの基本情報

期間:2019年4月5日(金)〜11日(木)7:00〜21:30(開園時間)
時間:18:00〜21:30 ※ライトアップ、入園は20:45まで
入園料:無料
アクセス:バス停「兼六園下」すぐ

GWには「ライトアップ〜春の段〜」も開催されます。
<金沢城・兼六園 四季物語〜春の段〜>
期間:2019年4月26日(金)〜5月5日(日・祝)予定
時間:18:00〜21:00 ※入園は20:45まで
入園料:無料
アクセス:バス停「兼六園下」すぐ

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/01−2018/04/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -