あまりに絶景!北海道「神威岬」壮大な積丹ブルーと緑の世界

あまりに絶景!北海道「神威岬」壮大な積丹ブルーと緑の世界

更新日:2020/05/15 13:42

大里 康正のプロフィール写真 大里 康正 旅する光と影の写真家、タイと台湾に詳しい旅作家
北海道積丹郡積丹町大字神岬町にある「神威岬」は、広い敷地に整備されている「チャレンカの道」を散策し、見晴らしが良い場所から真っ青な積丹の海を眺めることができます。周辺は芝生が広がっていることから、空の青、海の青、そして芝生の緑の大パノラマが広がる絶景!

尾根沿いを歩くことで、断崖の迫力も感じることもできる数ある北海道の岬の中では外せない場所。充実した観光を楽しみましょう。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されましたが、2020年6月18日(予定)までは一部都道県との間の移動の自粛が求められています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

駐車場から神威岬灯台方向へ

駐車場から神威岬灯台方向へ

写真:大里 康正

地図を見る

広い無料駐車場から岬全体を散策することができる観光名勝地の神威岬(カムイ岬)は、ニセコ積丹小樽海岸国定公園内となり、積丹半島北西部から日本海に突き出ています。

神威岬の神威とは、アイヌ語の「カムイ」です。カムイは神を意味しており、過去には御冠岬(オカムイ岬)とさらに丁寧に呼ばれていた時期もあるほど神聖な場所なのです。

駐車場から神威岬灯台方向へ

写真:大里 康正

地図を見る

整備されている遊歩道ですが「チャレンカの道」と名付けられています。名前の由来は源義経北行伝説と関りがあるのです。日高地方の首長の娘「チャレンカ」が義経一行を追いかけこの地までやってきました。しかし一行はすでに船で沖に出た後だったことから、悲嘆したチャレンカは岬から身投げをしたという話があるのです。

駐車場から見て一番奥になる神威岬灯台までと、岬全体を見渡せる展望台を自由に歩くことが可能。しかしながら、時間帯に制限があり、強風時や補修工事その他の関係で、閉鎖されていることがありますのでご留意ください。

駐車場から神威岬灯台方向へ

写真:大里 康正

地図を見る

なお、長い距離を歩かなくても駐車場から少し進んだところに展望台があります。ここからでも神威岬を十分に楽しむことができますので、体調その他で観光を調整しましょう。

神威岬と女人禁制の門

神威岬と女人禁制の門

写真:大里 康正

地図を見る

チャレンカの道を歩いて行くと、左側には見事な断崖が続き、起伏にとんだ様子を楽しむことができます。

神威岬と女人禁制の門

写真:大里 康正

地図を見る

正面側は灯台へと続くチャレンカの道で、散策は楽しいものとなるでしょう。

神威岬と女人禁制の門

写真:大里 康正

地図を見る

そのまま歩いていると、正面に女人禁制の門があります。これはこの岬への立ち入りを禁止していた過去の時代を表現しており、当然ながら現在では男女差は存在していません。

日本の歴史では山や神社仏閣において、女人禁制であったところが多く存在していました。逆に沖縄の拝所では男子禁制の場所が存在するなど、日本の宗教観は地域と時代によって変化しているのです。女人禁制の門をくぐり、先に進みましょう。

積丹ブルーと水無しの立岩

積丹ブルーと水無しの立岩

写真:大里 康正

地図を見る

女人禁制の門を過ぎると、そこに広がっているのは積丹ブルーの世界。遊歩道を含めた景観も見事ではないでしょうか。

積丹ブルーと水無しの立岩

写真:大里 康正

地図を見る

尾根沿いに続くチャレンカの道は雄大な神威岬の魅力の一部であり、大自然との調和を考えながら撮影するのも楽しい時間といえるのではないでしょうか。

積丹ブルーと水無しの立岩

写真:大里 康正

地図を見る

道の右側で見ておきたのが奇岩の一つである「水無しの立岩」です。名前はこの岩から岬方向にいくら掘っても真水が出ないことから付いたといわれています。別名「女の一生岩」とも呼ばれていますが現在は近くまで行くことができなくなっていますので、遊歩道から見下ろしてみましょう。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

神威岬全体を楽しもう

神威岬全体を楽しもう

写真:大里 康正

地図を見る

来た道を戻ると、途中で左側に抜けていく道がありますので進んで下さい。そちらの展望台から、神威岬全体を見ることができます。

神威岬全体を楽しもう

写真:大里 康正

地図を見る

尾根伝いに歩き、見事な緑の傾斜も楽しみましょう。

展望台からの戻り道

展望台からの戻り道

写真:大里 康正

地図を見る

展望台までくると、神威岬全体の絶景を見ることができます。

展望台からの戻り道

写真:大里 康正

地図を見る

突き出た神威岬の様子がよくわかり、ここからは岬の先端部分にある神威岩の堂々たる姿も楽しむことが可能ですので、気に入った一枚を撮影してみてはいかがでしょうか。

展望台からの戻り道

写真:大里 康正

地図を見る

散策を終えたら、駐車場まで続く遊歩道を使って戻ることができます。遠くには日本海の雄大な景色があり、手前には神威岬の穏やかな風景。最後の最後まで観光を楽しみ、美しい思い出を残してみて下さい。

最後に、その他の北海道観光名所を下記関連MEMOのリンクからご覧のうえ、ぜひ旅行の参考としてみて下さい。

神威岬の基本情報

住所:北海道積丹郡積丹町神岬町92
アクセス:小樽駅前バス140分(神威岬下車/夏季のみ運行)
神威岬入り口ゲート開閉時間:
4月 8:00〜17:30
5月 8:00〜18:00
6月 8:00〜18:30
7月 8:00〜18:00
8月〜10月 8:00〜17:30
11月 8:00〜16:30
12月〜3月 10:00〜15:00
※入口ゲート、女人禁制の門の開閉は天候(雨・風)の状況により変更となる場合あり

2020年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/07/08 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -