まるでアトリエ!なアート空間スターバックスコーヒー京都BAL店

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

まるでアトリエ!なアート空間スターバックスコーヒー京都BAL店

まるでアトリエ!なアート空間スターバックスコーヒー京都BAL店

更新日:2019/04/02 08:19

Sige pandaのプロフィール写真 Sige panda トラベルライター、パンダスポット探検家

京都といえば伝統ある観光名所が有名ですが、美術系の大学やギャラリーなども多く、新しい芸術が生まれる街でもあります。また、二寧坂や三条大橋など個性的なスターバックスも多いですが、京都BALのスターバックスはひと味違うんです!「アーティストたちの共同アトリエ」というコンセプトの店舗で、京都で活動するアーティストたちの作品を眺めながらのカフェタイム。京都にしかない素敵な空間で非日常を過ごしてみませんか。

京都BALのアートなスタバとは

京都BALのアートなスタバとは

写真:Sige panda

地図を見る

「スターバックスコーヒー京都BAL店」は、京都の繁華街・河原町の商業施設 京都BALの中にあります。京都BALは京の若者の流行発信地で、おしゃれなショップがそろうお店。そしてこちらはアートに囲まれてカフェタイムを楽しめる、ひと味違うスタバなんです。

京都BALのアートなスタバとは

写真:Sige panda

地図を見る

80坪を超える広々とした店内には、京都を拠点に活動するクリエイティブ・プラットフォーム「SANDWICH」がディレクションした、約30名の若手アーティストによる80点以上の作品が展示されています。

日常と非日常の境界線

日常と非日常の境界線

写真:Sige panda

地図を見る

伝統や文化にフォーカスされがちな京都で育つ、新しい芸術表現。「よりアートが引き立つように」と作られた空間は日常の中の異空間。入り口の天井部分は波のようなウェーブになっていて、街中からアトリエへ、日常から非日常へ入り込むような意味が込められています。

日常と非日常の境界線

写真:Sige panda

地図を見る

お店に一歩踏み込んだときからそこはもうアーティストたちのアトリエ。置いてあるイスの種類がバラバラなのも、アトリエらしくみんなが持ち寄ったようなイメージからきています。個性的なフォルムの椅子、バラバラでもなんだか絵になりますよね。どれに座ろうかちょっとわくわくしますよ。

提供店舗限定のコーヒーも

提供店舗限定のコーヒーも

写真:Sige panda

地図を見る

こちらで楽しみたいのがナイトロ コールドブリューコーヒー( S490円、T530円 税抜)。スターバックスでも限られた店舗でしか提供していないコーヒーで、京都ではこちらが2店舗目になります。

提供店舗限定のコーヒーも

写真:Sige panda

地図を見る

熱を加えずにゆっくりと時間をかけて抽出した水出しコーヒーに、窒素ガスを注入し専用のタップから注ぎます。なめらかにタップから注がれる様子は、まるでコーヒーじゃないみたい。注いでいる過程を見るのも楽しいですよ。

上のクレマ(白い部分)が1cmくらいになったところが飲みごろ。ストローを使わずにグラスから直接飲むことで泡の感触も楽しめます。味もなめらかで、アイスコーヒーの苦みが苦手な人でも飲みやすいコーヒーです。

お気に入りのアートとカフェタイム

お気に入りのアートとカフェタイム

写真:Sige panda

地図を見る

個性あふれるスペースでお気に入りの席を探しましょう。こちらは段ボールに描かれた作品、三枝由季の「rouhoumono」。無法者をもじったタイトルで、一度捨てられたもの(段ボール)にも魂が存在したら。というテーマで描かれています。段ボールのしわを記憶に見立てて、ここでの使用感がまた記憶となるように、あえて額には入れていません。ゆる〜いキャラクターの物語に想いを馳せずには居られませんね。

お気に入りのアートとカフェタイム

写真:Sige panda

地図を見る

ひときわ目立つ蛍光オレンジの絵は、品川美香の「Sand play」。7つまでは神の子と言われる、子どもの可愛さと怖さを表現しています。セラピストの箱庭療法のように、見る人が色々想像して、自分の心と対話してほしいというアーティストの想いが込められた作品なんです。ゆっくりとコーヒーを啜りながらお気に入りのアートを眺める…。アートのある暮らしを疑似体験している感覚がいいですね。

お気に入りのアートとカフェタイム

写真:Sige panda

地図を見る

そして旅先でも、1人でも入りやすいのが、スタバのいいところ。ちゃんとひとり席もありますよ。こちらの席では目の前に北京原人が。米村優人「ペキンゲンジン」はエジプトの彫刻などで使用されるライムストーンという石でできています。せっかくのひとり席、何かを語りかけるような瞳と対話しながら、カフェタイムを楽しんでくださいね。

空間全てがアート

空間全てがアート

写真:Sige panda

地図を見る

京都限定タンブラーやマグカップなど、グッズを置いてあるこの棚も実は作品なんです。側面の緩やかな曲線はスターバックスのロゴに入っている セイレーンの髪のイメージなんですよ。

空間全てがアート

写真:Sige panda

地図を見る

こちらの3点は京都限定アイテム。せっかくなのでお土産にいかが。さらに日本限定品もありますよ。旅先の思い出を持ち帰れるのがうれしいですね。マグカップはスタッキングできるので、色々集める人も多い人気商品なんです。

空間全てがアート

写真:Sige panda

地図を見る

そして店内のアートはすべて購入可能。ずっと眺めていたら愛着がわいてしまった…そんな時も安心です。窓の外には世界最大級のシアトル1号店のロゴが設置されているので、こちらも探してみてくださいね。アートなスターバックスで、いつもとひと味違う京都旅はいかが。

スターバックスコーヒー京都BAL店の基本情報

住所:京都府京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251
電話番号:075-746-6710
営業時間:11:00〜20:00
アクセス:阪急 河原町駅 徒歩7分

2019年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/03/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -