大阪・茨木「川端康成文学館」ふるさとで知る文豪の子供時代

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

大阪・茨木「川端康成文学館」ふるさとで知る文豪の子供時代

大阪・茨木「川端康成文学館」ふるさとで知る文豪の子供時代

更新日:2019/05/03 17:38

潮 佳澄のプロフィール写真 潮 佳澄 司書
川端康成のふるさと、大阪府茨木市にある「川端康成文学館」。ファンだけでなく、作品をあまり読んだことがない人でも文豪と称される川端を身近に感じられ、より深く知りたいという気持ちが湧いてくる文学館です。

『雪国』で広く知られるノーベル文学賞作家の意外な子供時代を訪ねてみてはどうでしょう。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

川端康成のふるさと大阪・茨木

川端康成のふるさと大阪・茨木

写真:潮 佳澄

地図を見る

日本で初めてノーベル文学賞を受賞した川端康成は、3歳から18歳までを大阪府・茨木市で暮らしました。実はノーベル文学賞を受賞した後の昭和40年代にも茨木を訪れています。「川端康成文学館」では、少年期の姿に近づく展示、ふるさとを訪れた写真や作品が多く紹介されています。

入館料はなんと無料!事前に予約をすれば学芸員の方によるギャラリートークもお願いできます。"文豪"という言葉のイメージとは裏腹に、身近に感じられるお話が聞けるので、事前にギャラリートークを申し込むのがおすすめです。

川端康成のふるさと大阪・茨木

写真:潮 佳澄

地図を見る

文学館には入り口近くのギャラリー、展示室と記念室があります。展示室の常設展示にはファンにたまらない資料が満載。"作文"の科目が100点満点中53点と低かった中学校の成績表や小学校時代の習字、裸足で写る中学校の集合写真など、文学を志した頃の少年・川端の姿を知ることができます。

開催されるイベントにはユニークなものもあります。記念室にある幼少期を過ごした家の模型は、実は来館者の手で修復されたもの。ジオラマ作家さんに教えてもらいながら、庭の木を植え替えるというワークショップの中でリニューアルされました。予定されているイベントはページ下部【関連MEMO】の公式HPで確認ができます。

葬式の名人?川端康成の生い立ちと作品〜菊池寛との出会い〜

葬式の名人?川端康成の生い立ちと作品〜菊池寛との出会い〜

写真:潮 佳澄

地図を見る

両親と死別して二歳七か月で孤児となり、茨木市宿久庄の祖父母に育てられた川端康成。小学生の頃には病弱だったこともあり、当時の出席簿を見てみると一年生の時は3、4日に1日欠席していたそう。さらに七歳の時に祖母、十五歳の時に祖父を亡くして、また孤児となって伯父にひきとられた…という幼少期から少年期にかけての人生だけを知ると悲愴なようにも聞こえますが、後に発表される『十六歳の日記』や『葬式の名人』を読んでみると、"悲愴"という言葉はしっくりきません。読んで確かめてみてほしい作品です。

葬式の名人?川端康成の生い立ちと作品〜菊池寛との出会い〜

写真:潮 佳澄

地図を見る

川端康成は茨木中学校を卒業して上京。旧制第一高等学校、東京帝国大学(現在の東京大学)へと進み、在学中に菊池寛と出会います。

川端康成と言えば"伝統的な美を描く作家"というイメージがあるかもしれませんが、東京大学の卒業後に横光利一らとともに創刊した雑誌『文芸時代』は斬新な文学を世に出した「新感覚派」として注目を浴びました。

菊池寛との出会いともなった同人雑誌『新思潮』、『文芸時代』や装丁が美しい初版本、自筆原稿が展示されています。

川端康成の見つめた恋

川端康成の見つめた恋

写真:潮 佳澄

地図を見る

定期的に変更のあるテーマ展示では、季節感や時節にあわせた展示が行われています。2019年2月11日〜5月27日のテーマは「川端康成の恋」。文豪の恋がどんなものだったのか?作品にどう描かれたのか?興味をそそられる内容となっています。

川端作品の中には伊藤初代という女性との初恋が描かれた"ちよもの"と呼ばれる作品群があり、初期の『日向』、『篝火』などが、初代との恋愛を題材としています。初代からの「私はあなた様とかたくお約束を致しましたが、私には或る非常があるのです。」という突然の手紙で終わった恋…伊藤初代にまつわる写真、『篝火』の自筆原稿などが展示されています。他にも、未完に終わった最後の連載『たんぽぽ』まで、作品に残された恋の"まなざし"を知ることができます。

川端康成の見つめた恋

写真:潮 佳澄

地図を見る

「川端康成の恋」の展示期間中には、クイズに答えると受付でおみくじを引けます。おみくじには”待人…非常の知らせに気をつけよ”など、展示を見た後には思わずクスっと笑える川端康成にまつわるエピソードが満載。難易度が高めなので、展示を見直して確かめたくなります。

受付では、茨木を舞台とした作品がまとめられた茨木市立川端康成文学館編『川端康成と茨木』やテーマ展示に関わる本、ポストカード、クリアファイルなど、記念となるグッズが手に入ります。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

文豪を身近に感じられる書斎

文豪を身近に感じられる書斎

写真:潮 佳澄

地図を見る

記念室の一角には書斎再現コーナーがあり、「伊豆の踊子」や「雪国」の文を万年筆で書き写して記念に持って帰ることができます。文学館内は撮影ができませんが、書斎コーナーではカツラや着物を借りて、記念撮影もできるようになっています。

文豪を身近に感じられる書斎

写真:潮 佳澄

地図を見る

書斎は1946年から亡くなる1972年まで暮らした鎌倉・長谷の川端邸のものが再現されています。机の日付は川端が亡くなった4月16日…主の帰ってこない書斎としてイメージがされているとのこと。

小物には学芸員の方の遊び心もあふれているので、文豪・川端康成を身近に感じられる空間となっています。あなたの知らない川端康成の一面に出会える「川端康成文学館」。文豪との距離が近くなる空間を訪れてみて。

川端康成文学館の基本情報

住所:茨木市上中条二丁目11-25
電話番号:072-625-5978
入館料:無料
開館時間:午前9時〜午後5時
休館日:火曜日、祝日の翌日、12月28日〜翌年1月4日
(2019年GW中4/27〜5/6は休館日なし)

アクセス:
JR総持寺駅から約1.0キロメートル。JR茨木駅から約1.4キロメートル、阪急茨木市駅から約1.3キロメートル
駐車場:25台(最初の30分は無料、以後30分毎に100円)

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/03/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -