全て80円以下!プチプラ天国〜小田原城址公園こども遊園地

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

全て80円以下!プチプラ天国〜小田原城址公園こども遊園地

全て80円以下!プチプラ天国〜小田原城址公園こども遊園地

更新日:2014/05/30 15:18

しののプロフィール写真 しの 旅する調理師

小田原城址公園内にある「こども遊園地」。入場無料でミニSLの「豆汽車」やコーヒーカップのような「メリーカップ」も80円、スーパーなどにある自動遊器具も1回30円と激安、まさにプチプラ天国なのです。
園内は昭和レトロな雰囲気が漂い、大人も楽しめますし、危ない乗り物もなく、小さなお子様も安心して遊ばせることができます。混雑していないのも魅力。
お子様にもお財布にも優しいこども遊園地に出かけましょう。

メリーカップ(コーヒーカップ)は80円♪

メリーカップ(コーヒーカップ)は80円♪

写真:しの

地図を見る

こども遊園地の入り口付近にあるアトラクションが「メリーカップ」。一般的にはコーヒーカップと呼ばれているものと同様です。
パステルカラーのカップにパラソルがついていて、中央にカップ本体を自分で回すように丸いハンドルのようなものがついています。
実際にメリーカップが動き始めると、自分の乗っているカップがゆっくりと自転しながら八の字を描くように公転していきます。
小さいお子様は楽しく、大人は懐かしい気持ちになること間違いなし!

一番人気の豆汽車は園内2周で80円!

一番人気の豆汽車は園内2周で80円!

写真:しの

地図を見る

一番人気は「豆汽車」と言う小さな電車です。
一番人気と言っても大混雑・大行列と言うことではなく、満員電車になるかもしくは1度待つ程度です。
電車は1車両10人強乗れるものが3車両つながって走ります。

園内は広くはありませんが、途中でゴーカートが見えたり、踏み切りやトンネル、動物のオブジェなどもあったりと変化も楽しめます。
1周が終わりそうになると「もう少し乗りたいな」と思ってしまうものですが、なんと2周目が始まります。2周目では1周目で見落とした園内のオブジェや風景を確認したり、余裕をもって家族や友達と話をしながら乗ってもいいですね。

自分で運転♪ゴーカート!

自分で運転♪ゴーカート!

写真:しの

地図を見る

自走できるタイプの乗り物もあります。いわゆる「ゴーカート」です。
ゴーカートも80円で切符を購入した後、スタッフの方にコインと引き換えにしてもらい、空いているゴーカートにこのコインを差し込むとバッテリーで動き始めます。

一方通行の楕円状の広場になっており、3分程度運転する事ができます。途中で豆汽車が隣を走ることもありますよ。ただ、こちらの遊園地は小さいお子様連れが多いので、豆汽車を眺める余裕もなく、必死でゴーカートを運転している親子の姿が見受けられるのもまた微笑ましいものです。

激安!30円で乗れる自動遊器具

激安!30円で乗れる自動遊器具

写真:しの

地図を見る

スーパーなどにも置いてある自動遊器具。大体100円〜200円の場合が多いですが、こちらの遊園地では驚愕の30円。
いつもは「1回だけよ」などと子供に言い聞かせているかも知れませんが、ここでは「もう少し乗せてあげようかな」と思えてしまいそうですね。
バイクや自動車、パトカー、音楽付きのバスなどタイプも様々で豆汽車の近くに10台近く、ゴーカートの近くに数台あるので色々選べるのも楽しいです。

こども遊園地の場所

こども遊園地の場所

写真:しの

地図を見る

こども遊園地は小田原城址公園内にあり、天守閣の裏側あたりにあります。
「こども遊園地」と書かれた立て札がありますので、この脇の階段を登って下さい。登りきったところが遊園地、入園は無料です。

こども遊園地の魅力について

大きなテーマパークや遊園地は見所も多く、魅力あふれたアトラクションが多いです。しかし一方、小さなお子様連れだと年齢制限や身長制限で乗せてあげることができなかったり、園内が広すぎて、利用したいアトラクションまで辿り着けなかったり。

その点、こちらのこども遊園地は大変シンプル。
小さなお子様連れの方でも安心にほとんどの乗り物を楽しむことができると思います。
また、デートにもオススメ!レトロ感漂うこの遊園地で「かわいい乗り物」に乗り二人の距離が縮まること間違いなしです!

価格も大満足なこども遊園地に是非足を運んでくださいね。

尚、このこども遊園地は入場料は無料です。
各アトラクションは園内数箇所にある券売機にてお買い求め下さい。
(豆汽車・メリーカップ・ゴーカートは各80円)
コイン式の自動遊器具は30円で10円玉を3個ご用意下さい。

※所在地や開園時間など詳細はMEMOの【小田原市】のサイトよりご確認下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/02/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ