渋谷駅前にも桜スポットあり!渋谷桜丘のさくら坂と界隈坂道めぐり

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

渋谷駅前にも桜スポットあり!渋谷桜丘のさくら坂と界隈坂道めぐり

渋谷駅前にも桜スポットあり!渋谷桜丘のさくら坂と界隈坂道めぐり

更新日:2019/04/01 18:04

雲本 らてのプロフィール写真 雲本 らて 散歩ブロガー、坂道探検家

渋谷モヤイ像があることでも知られる渋谷駅南口からすぐの渋谷桜丘にも桜が見物できるスポットと坂道があります。地元では有名な坂道ですが、まだまだ知らない方もたくさんいると思います。今回はそんな渋谷桜丘のさくら坂を中心に、桜シーズン以外にも訪れてみてほしい今後再開発で街並みが大きく変わる渋谷桜丘界隈の坂道もあわせて紹介してみたいと思います。

渋谷桜丘のさくら坂とは?

渋谷桜丘のさくら坂とは?

写真:雲本 らて

地図を見る

「さくら坂」は、渋谷モヤイ像があることでも知られ、2019年春現在、再開発ビルラッシュの渋谷駅南口からすぐの渋谷桜丘地区にあります。桜丘の地名は、明治維新の際に薩摩軍海江田隊長がこの地区を住宅地として開発する際に桜の木を植えたことからといわれています。

ですので、このエリアはさくら坂に限らず、桜と縁深い場所とも言えるでしょう。

渋谷桜丘のさくら坂とは?

写真:雲本 らて

地図を見る

さくら坂の名前については諸説ありますが、この坂道は「桜通り」という正式な名称があります。ただ地元ではこの通りのことをさくら坂と呼び、渋谷駅前共済会のパンフレットの地図にもさくら坂という記載があります。

渋谷桜丘のさくら坂とは?

写真:雲本 らて

地図を見る

さくら坂は坂名のとおり、坂上から坂下まで桜が植えられ、春には桜が咲き乱れる桜並木です。現在の桜並木は1991年に整備され、2010年に歩行者優先のために一車線化されました。坂道沿いには落ち着いた雰囲気の小さな飲食店が点在しており、周辺は文教地区に指定されていたため、専門学校や音楽・芸術関係の教室も多く点在しており、春だけなく一年中人通りのたえない場所でもあります。

さくら坂の楽しみ方、そして宇宙へ

さくら坂の楽しみ方、そして宇宙へ

写真:雲本 らて

地図を見る

さくら坂は時間によっては車がひっきりなしに通り抜け大渋滞になっていることもあります。ただ歩道も整備されているので、桜見物で歩くくらいなら特に問題はないでしょう。

またさくら坂の坂下あたりには渋谷駅方面に向かう歩道橋もあり、そこから坂道を眺めることもできます。印象的な眺めのためちょっとした撮影スポットになっていますが、歩道橋を渡る人もかなり多いですのでそのあたりは注意して長居しないようにするマナーは必須でしょう。

ちなみにプチ情報として、このさくら坂は、アイドルグループの欅坂46「サイレントマジョリティー」のミュージックビデオロケ地としても知られ、ファンの間では聖地のひとつとして数えられています。

さくら坂の楽しみ方、そして宇宙へ

写真:雲本 らて

地図を見る

さくら坂の坂上あたりには、渋谷区の文化や福祉の拠点として建てられた「渋谷区文化総合センター大和田」があります。ここはなんといっても「コスモプラネタリウム渋谷」という施設が12階に併設されていることです。しかもプラネタリウムの観覧料は600円なのでかなりお安いと思います。

なお同施設の2階には、渋谷ヒカリエが建てられる以前にあった東急文化会館の天文博物館五島プラネタリウムで実際に使われていた投影機が保存展示されています。

また、渋谷区文化総合センター大和田からすぐの場所のセルリアンタワー内には能楽堂もあり、公演の行われていない日の午後に施設内を見学できるサービスも行われています。

さくら坂の楽しみ方、そして宇宙へ

写真:雲本 らて

地図を見る

さくら坂からさらに坂上方向にすこし歩いた渋谷インフォスタワーの道路そばには「宇宙桜」と呼ばれる桜が植えられています。

宇宙桜とは日本各地の桜の種子が当時のスペースシャトルで宇宙に運ばれ、宇宙ステーション「きぼう」にて8ヶ月滞在したのち地球に戻り、その種子から発芽して成長した貴重な桜のことです。

渋谷桜丘桜まつりとライトアップ

渋谷桜丘桜まつりとライトアップ

写真:雲本 らて

地図を見る

さくら坂では、桜が咲くシーズンになるとライトアップも始まり夜桜も楽しめます。例年3月の中旬から4月の初旬まで行われています。昼間の景色とはまた違った雰囲気のさくら坂が楽しめますのでぜひチェックしておいてください。

また、毎年3月の終わり頃(2019年を例にとると29日(金)と30日(土))には「渋谷桜丘桜まつり」がさくら坂を中心にコスモプラネタリウム渋谷や渋谷インフォスタワーと連携して開催され、様々な関連イベントも開催されています。

<さくら坂の基本情報>
住所:東京都渋谷区桜丘町
アクセス:JR渋谷駅より徒歩2分

間坂もすぐ近くに

間坂もすぐ近くに

写真:雲本 らて

地図を見る

さくら坂の西側の一街区隣を並行して走っているのが「間坂」です。坂下からは渋谷駅南口を眺めることができるほど駅近の坂道です。坂の途中にはセルリアンタワーが隣接しており、ビル開業にあわせて坂道の雰囲気も一変した坂道です。

また坂道からは、渋谷区文化総合センター大和田の外観とその上部に設置されたプラネタリウムのドームも見えます。

間坂もすぐ近くに

写真:雲本 らて

地図を見る

間坂は、”あいだざか”と呼びます。坂名の由来については、諸説ありますが、昭和3年(1928)の町名地番改正が行われた時に、間坂が大和田町と桜丘町との間にあったことからそう呼ばれるようになったという説が有力です。

なお、現地には坂名の由来などが書かれた坂の碑はありません。

<間坂の基本情報>
住所:東京都渋谷区桜丘町
アクセス:JR渋谷駅より徒歩2分

名もなき坂道と建物

名もなき坂道と建物

写真:雲本 らて

地図を見る

さくら坂の東側の一街区隣にも並行して走っている坂道があります。ここは名前のない坂道ですが、こちらもさくら坂同様に小さな飲食店などが点在する中、高低差もあるため遠景に再開発中のビル群が見えるという独特の雰囲気があります。

なお、坂の途中にはフジビル40(設計は北山孝次郎)という名建築も隣接しています。

名もなき坂道と建物

写真:雲本 らて

地図を見る

またさきほどの名前のない坂道の坂下から南東側に上っている坂道もあわせて歩いておきたいところです。ここも名前のない坂道ですが、「(仮称)渋谷駅桜丘口地区」の再開発エリアに隣接しており(写真でいえば左側)、現在既存の住宅が取り壊されています。ですので、今後しばらくの間は、この坂道から日々変わり続ける街並みを体験することができると思います。

ぜひさくら坂を歩いたときはこの名もなき坂道のことも思い出してみてください。

渋谷桜丘には坂道がたくさん

今回は、渋谷桜丘のさくら坂を中心に界隈の坂道を取り上げてみました。さくら坂については、名前のとおり春の桜シーズンに訪れるのが一番楽しめると思います。ただ、このさくら坂は他にもおもしろい坂道や界隈のプラネタリウムなどの施設とあわせて歩けば通年楽しめそうですし、なによりこの渋谷桜丘地区は、今後再開発により街の景色が一変してしまう可能性もあり、そういう点でも今のうちしか味わえない風景も存在すると思います。ぜひとも坂道とあわせてそこから見える街の風景も気にしながら歩いてみてください。

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -