指輪もすぐ変色する高濃度硫黄泉 霧島湯之谷山荘「湯之谷温泉」

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

指輪もすぐ変色する高濃度硫黄泉 霧島湯之谷山荘「湯之谷温泉」

指輪もすぐ変色する高濃度硫黄泉 霧島湯之谷山荘「湯之谷温泉」

更新日:2019/04/14 20:06

二松 康紀のプロフィール写真 二松 康紀 リゾートホテル旅館客室コンサルタント

九州で湯けむりのたつ温泉地と言えば長崎県「雲仙温泉」、大分県「別府温泉」、そして鹿児島県「指宿温泉」、「霧島温泉」です。中でも霧島温泉は硫黄泉が湧出する温泉地で有名です。中でもトップクラスの泉質を誇る霧島湯之谷山荘の「湯之谷温泉」は宿泊はもちろん、日帰りでも利用可能です。霧島温泉地から少し奥に入った所に位置し、銀のアクセサリーをつけて湯船に入ると、みるみるうちに黒くなってしまう濃度の高い温泉です。

湯之谷温泉の泉質は濃度が特長

湯之谷温泉の泉質は濃度が特長

写真:二松 康紀

地図を見る

霧島温泉には古くからの老舗旅館や老舗ホテルが多く、比較的浅いところで湧出する源泉を使っています。成分濃度が高く、古くから日帰り湯ができる旅館やホテルは地元の人に愛されています。特にここ「湯之谷温泉」は成分濃度が高いことで知られ、地元の方だけで無く、県外からもファンが多く訪れます。

霧島湯之谷山荘の開業は1940年で、天然湧出泉をなんと5本自家所有していて、毎分480リットルのお湯が湧き出ています。源泉は硫黄泉と炭酸泉があり、浴槽が分かれています。

湯之谷温泉の泉質は濃度が特長

写真:二松 康紀

地図を見る

霧島温泉地を抜けて、更に車で5分程度走ると、霧島湯之谷山荘の看板が見えてきます。その看板からは一本道、車1台がやっと通れるくらいの山道を数分走り、登り切ったところを大きく左折すると旅館の玄関がみえてきます。そのまま玄関を通過すると、その先に駐車場があります。

湯之谷温泉の泉質は濃度が特長

写真:二松 康紀

地図を見る

玄関に入ると下駄箱があるので、そこに靴を入れてスリッパに履き替えます。右手にフロントがあるので、そこで日帰り湯の場合は料金を支払って、いよいよ温泉に。

階段を上り、温泉へ

階段を上り、温泉へ

写真:二松 康紀

地図を見る

フロントから進むと中央に階段があり、そこが温泉の入口。まっすぐ行くとソファが置いてあり、ちょっとした休憩もできるようになっています。この階段、ちょっとわくわくする感じがとても良いですよ。

階段を上り、温泉へ

写真:二松 康紀

地図を見る

登り切ると「浴室入口」という案内があります。がらがらと扉を開けていよいよ温泉へ。

階段を上り、温泉へ

写真:二松 康紀

地図を見る

ここからは館外になります。出てすぐ左手に鍵付きのロッカーがあります。脱衣所、風呂場には鍵付きのロッカーは無いので、貴重品がある場合は、こちらで預けると良いでしょう。

男女の湯船は硫黄泉と炭酸泉

男女の湯船は硫黄泉と炭酸泉

写真:二松 康紀

地図を見る

霧島湯之谷山荘「湯之谷温泉」には男女それぞれの湯船と貸切湯があります。男女の湯船は同じ作りで、それぞれ3つあります。

男女の湯船は硫黄泉と炭酸泉

写真:二松 康紀

地図を見る

風呂場に入ると奥から「硫黄泉(あつい浴槽)」「混合泉(硫黄泉と微炭酸泉)」「微炭酸泉(ぬるい浴槽)」となっています。

男女の湯船は硫黄泉と炭酸泉

写真:二松 康紀

地図を見る

硫黄泉は白濁湯、源泉そのままのお湯で、とても体にしみいる感じが特長。湯船は小さいのですが、このサイズがお湯を保つのに1番良いサイズ。あつめのお湯で体が温まります。中央の浴槽は硫黄泉と微炭酸泉の混合湯、ぬるめのお湯になっています。

もう1つの浴槽は微炭酸泉、表示はぬるい浴槽となっていますが、水温は約30度でちょっと冷たいくらい。この温度が炭酸泉の泡を保っています。

貸切湯は源泉を独り占め

貸切湯は源泉を独り占め

写真:二松 康紀

地図を見る

もう1つの浴場は貸切露天湯。貸切湯を使いたい場合は、フロントでその旨を伝えると、露天風呂貸切の札をもらえるので、それを貸切露天の入口に掛けておき、外履きに履き替えて湯船に向かいます。

貸切湯は源泉を独り占め

写真:二松 康紀

地図を見る

貸切露天湯は晴れていると山の景色と青空が広がる中で入れるので気持ち良い!着替えもここで行えるため、そのまま湯船へ入れます。源泉掛け流しを独占できるので、なんとも贅沢な時間を過ごせますよ。

宿泊は2食付きのプランで

宿泊は2食付きのプランで

写真:二松 康紀

地図を見る

霧島湯之谷山荘はもちろん宿泊もできます。1人でも宿泊は可能で、宿泊時は食堂で2食をいただきます。2名の場合は個室での食事も可能。湯治部と旅館部に分かれていて、どちらも和室です。また宿泊の場合は貸切露天風呂は無料になってお得ですよ。

濃度の高い硫黄泉と炭酸泉を堪能 霧島湯之谷山荘「湯之谷温泉」

高濃度の硫黄泉と炭酸泉はとてもレアな温泉で、地元の人に古くから愛されています。霧島温泉に旅行に来たら、この良質な温泉を是非味わって欲しいです。
日帰り湯は1人500円、貸切湯は源泉を独占できてプラス1000円でとても良心的!入ったらお肌もすべすべに。数日間は効果が持続しますよ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/03/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -