日本初完全個室フェリー「おれんじ えひめ/おおさか」で愛媛へ!

| 愛媛県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ヨッシー 宙船のプロフィール写真 ヨッシー 宙船 乗り物好きライター

大阪港と愛媛県東予港を結ぶオレンジフェリーに、2018年新造船が登場!日本のフェリーでは初めて客室が全て個室になったほか、ペットと一緒に過ごせる部屋や自転車を持ち込める部屋も。また夕食や朝食がより充実し、移動だけでなく楽しい旅をもっと味わえるフェリーになりました。新しくなった夜行フェリー「おれんじ えひめ/おおさか」に乗って愛媛へ出かけてみませんか。

利用しやすいダイヤ!大阪南港・東予港共にアクセス良好

利用しやすいダイヤ!大阪南港・東予港共にアクセス良好

提供元:四国開発フェリー株式会社

https://www.orange-ferry.co.jp/地図を見る

「おれんじえひめ」は2018年8月、「おれんじおおさか(写真)」は2018年12月に就航したオレンジフェリーの新しい船です。現在両船が交互に運航しており、大阪南港発・東予港(愛媛県西条市)発共に22:00、到着は両港共に朝6:00と、夜出発して朝から行動したい旅行者に最適なダイヤ。更にドック期間を除き大阪南港、東予港共に20:00、更に土日は19:30から乗船開始なので、早く船に乗ってゆっくりしたい利用者に好評です。また朝到着後も東予港は朝7時、大阪南港は朝8時まで事前に出発港で申し出れば船内で休息出来ます。

利用しやすいダイヤ!大阪南港・東予港共にアクセス良好

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

大阪南港にはフェリーターミナルが現在2か所ありますが、オレンジフェリーが利用するターミナルは、大阪メトロニュートラムのずばり「フェリーターミナル」駅下車。名門大洋フェリーも利用しているターミナルです。また車やオートバイで利用する旅行者にも便利な場所にあります。なお体が不自由な利用者が車なし、徒歩で利用の場合は、ターミナル受付から船の乗船口まで距離があり、少し傾斜があるので、予約時にオレンジフェリーに申し出ることを勧めます。

利用しやすいダイヤ!大阪南港・東予港共にアクセス良好

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

愛媛県にある東予港ターミナル(写真)は人道ゲートからターミナルまでの距離が短く、エレベーターもあるので、移動しやすくなっています。また東予港からは、フェリーの発着時刻に合わせ、松山、今治、新居浜などを結ぶバスが運行されています。ただし朝ゆっくり下船には対応していません。また松山発着のバスは有料で、フェリー料金とは別に費用がかかるほか、フェリー予約時にバスも一緒に予約する必要があります。

パブリックスペースは広いエントランス!キッズコーナーも

パブリックスペースは広いエントランス!キッズコーナーも

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

人道ゲートからフェリーの中に入ると、広いパブリックスペースに驚くでしょう。案内所前のエレベーターには、写真のようなステンドグラスがあって、長距離を走る大型フェリーにも負けないレイアウトになっています。

パブリックスペースは広いエントランス!キッズコーナーも

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

「おれんじ えひめ/おおさか」には売店はないですが、飲料の自動販売機や物販機が充実(写真)しており、物販機にはお菓子の他に、タオルや歯ブラシが販売されていますので、もしタオルを忘れた旅行者も安心です。またお土産は出港前までの時間、レストランで販売中です。

パブリックスペースは広いエントランス!キッズコーナーも

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

船内にはキッズスペースもあって子供の遊び場所に最適。スペースの奥には授乳室もあります。またこれまでのフェリーと同様にゲームコーナーやマッサージチェアも備えられています。

日本初全室個室!ウィズペットルームにマイバイクステイも

日本初全室個室!ウィズペットルームにマイバイクステイも

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

「おれんじ えひめ/おおさか」が日本のフェリーで初めての事とは、全客室完全個室になったことです。2019年4月現在でも、日本のフェリーで全客室が鍵付きの個室である船は「おれんじ えひめ/おおさか」のみ。他社の近年建造されたフェリーも個室化が進んでいますが、それでも一番安い運賃の客室がカプセルホテルの様にカーテンで仕切る客室であることがほとんどで、完全個室ではありません。

客室はロイヤル(ツイン、ダブル)、スイート(洋室、和室、和洋室)、デラックスシングル(写真)、シングル、シングル+と、大部屋タイプもカプセルタイプも全くありません。もちろん全部屋にコンセントが必ず1か所以上ありますので、携帯電話などの充電も可能です。

日本初全室個室!ウィズペットルームにマイバイクステイも

提供元:四国開発フェリー株式会社

https://www.orange-ferry.co.jp/地図を見る

「おれんじ えひめ/おおさか」にはペットと一緒に過ごせるウィズペットルーム(写真)があります。事前予約が必要で、通常の客室利用とは別に料金がかかります。写真のスイート(2名部屋)とデラックスシングル(1名部屋)の一部が対象で、もしウィズペットルームが利用出来ない場合、個別のケージで預かるペットルームを予約して利用して下さい。

日本初全室個室!ウィズペットルームにマイバイクステイも

提供元:四国開発フェリー株式会社

https://www.orange-ferry.co.jp/地図を見る

「おれんじ えひめ/おおさか」には、旅行者の自転車を輪行袋に入れずにそのまま部屋に入ることができる「マイバイクステイサービス」もあります。デラックスシングルの部屋のみ対象で、必ず事前の予約が必要。なお船内では自転車の空気入れのレンタルも行っています。

レストランは夕食はカフェテリア!朝食はセットかバイキング

レストランは夕食はカフェテリア!朝食はセットかバイキング

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

「おれんじ えひめ/おおさか」のレストランは、夕食は東予港の土日を除き、乗船開始と同時にオープンし、出港30分後の22:30までの営業です。また朝食は入港30分前の5:30から船内休息が終わる朝7時か8時まで。夕食は写真の様に、食べたいメニューを選んで最後に精算するカフェテリア方式です。

レストランは夕食はカフェテリア!朝食はセットかバイキング

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

夕食でぜひ食べたいメニューの一つが宇和島産の鯛を使った「宇和島鯛めし」。写真のように刺身単品での販売もありますが、ごはんなどを付けて定食とすることも可能です。このほか、カレー、丼、ラーメンやうどんも販売していますので、乗船までにお腹を空いていても大丈夫。またアルコール類も販売中です。

レストランは夕食はカフェテリア!朝食はセットかバイキング

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

朝食は、大阪南港発は写真のようにセット定食、東予港発はバイキングが基本です。なお利用者の状況に応じて大阪南港発がバイキングに変更されることもあります。

大浴場はバブルジェット付!シャワー室も完備

大浴場はバブルジェット付!シャワー室も完備

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

フェリーの旅の楽しみの一つといえば入浴でしょう。「おれんじ えひめ/おおさか」では乗船開始から下船終了まで利用可能。浴場にはボディソープ、シャンプー、コンディショナーが備えられています。また窓には外から浴室内が見えないよう、ぼかし加工された板が付いているので安心して入浴出来ます。

大浴場はバブルジェット付!シャワー室も完備

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

脱衣所にはコインなしで鍵をかけられるロッカーが備え付けられています。洗面所にはドライヤーもあって、利用しやすくなりました。このため浴場には最低限、貴重品と衣類、タオルがあればよいことになります。

大浴場はバブルジェット付!シャワー室も完備

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

お風呂まではいいというロイヤル以外の客室である旅行者には、乗船中いつでも利用出来るシャワー室を利用してはいかがでしょうか。シャワーにもボディソープ、シャンプー、コンディショナーが備えられていますので便利です。

オレンジフェリー大阪南港・東予港の基本情報

<大阪南港>
住所:大阪府大阪市住之江区南港南2-2-24
電話番号:06-6612-3400
アクセス:
ニュートラム南港ポートタウン線「フェリーターミナル駅」下車、徒歩3分
堺駅、堺東駅〜南港フェリーターミナル間でフェリーの時間に合わせて、南海バス運行
車の場合、阪神高速湾岸線南港中(大阪市内方面から)または南港南(堺市方面)で降りる

<東予港>
住所:愛媛県西条市今在家1500番地2
電話番号:0898-64-6001
アクセス:
JR壬生川(にゅうがわ)駅からタクシー又は無料バス(下船のみ運行)で約10分
JR松山駅・伊予電鉄松山市駅から有料連絡バス利用で約1時間10分
JR新居浜駅から無料連絡バス利用で約1時間10分
JR今治駅から無料連絡バス利用で約55分
今治小松自動車道「東予丹原IC」か「いよ小松IC」利用


2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/01/12−2019/01/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -