宮崎「マリンビューワーなんごう」で日南海中公園へ!スリルと絶景の45分

| 宮崎県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

宮崎「マリンビューワーなんごう」で日南海中公園へ!スリルと絶景の45分

宮崎「マリンビューワーなんごう」で日南海中公園へ!スリルと絶景の45分

更新日:2019/04/11 09:35

かのえ かなのプロフィール写真 かのえ かな 全国鉄道旅ただいま実行中、駅舎愛好家、マンホール愛好家

日本初の海中公園・日南海中公園を有する宮崎県日南市南郷町。ここの海は九州でも特に美しいと評判。「マリンビューワーなんごう」は、そんな南郷の海を手軽に楽しめる水中観光船です。

マリンビューワーなんごうのクルージングは約45分。最初は船上から日南海岸の絶景を堪能し、次に海中に潜水した展望室から海底のサンゴや熱帯魚を楽しみます。そして最後はスリル満点なトンビの餌付け!日南海岸の魅力を体感しましょう。
家族で楽しめる旅行先はこちら

南の楽園!宮崎県の南郷町ってどんな町?

南の楽園!宮崎県の南郷町ってどんな町?

写真:かのえ かな

地図を見る

日本で初めて海中公園に指定された、日南海中公園。そのエリアの中心である南郷町の海は、九州の中でも特に美しいと評されています。コバルトブルーの海にたくさんの南国植物。南郷町はまさに、「南の楽園」という言葉がぴったりの場所です。

南の楽園!宮崎県の南郷町ってどんな町?

写真:かのえ かな

地図を見る

きれいな海があるということは、海の幸の宝庫でもあるということ。南郷町は漁業が盛んで、目井津港に揚げられた新鮮な魚介類を味わうことができます。中でもカツオ一本釣りが有名で、町中の飲食店ではいたる所で「かつおめし」が食べられます。

南の楽園!宮崎県の南郷町ってどんな町?

写真:かのえ かな

地図を見る

そんな南郷の海を心ゆくまで満喫できるのが、「マリンビューワーなんごう」です。半潜水式の水中観光船・マリンビューワーなんごうは、海底に潜ることも可能。海上と海底どちらの絶景も楽しめるのが魅力的です。乗船場はJR南郷駅からはタクシーで5分ほどの場所にあり(料金は880円ほど)、無料駐車場もありますよ。

マリンビューワーなんごうから日南海中公園の島々を眺めよう

マリンビューワーなんごうから日南海中公園の島々を眺めよう

写真:かのえ かな

地図を見る

マリンビューワーなんごうは外之浦港から出航!港を出て最初に見えてくるのは、かつお一本釣りに使われる漁船の整備などを行う栄松造船所です。タイミングが合えば、陸揚げされている漁船が見られることも。ここは戦時中、人間魚雷回天の発射基地だったという悲しい歴史を持つ場所でもあります。

マリンビューワーなんごうから日南海中公園の島々を眺めよう

写真:かのえ かな

地図を見る

さらに海上を進むと海蝕洞窟のある腕島が見えます。日南海岸屈指の景勝地を象徴する腕島は、アニメ『サザエさん』のオープニングに登場したことでも有名です。船が徐々に腕島に近づき、ぽっかりと空いた大きな穴が間近に迫ってきます。

マリンビューワーなんごうから日南海中公園の島々を眺めよう

写真:かのえ かな

地図を見る

腕島を離れたら黒島や烏帽子島など小さな島々が連なる様子を眺め、最後は日南海岸で最も大きな大島のそばへ。大島には日本初の無筋コンクリート造の建物である鞍埼灯台があり、船からもかすかに白い灯台を確認することができます。鞍埼灯台はなんと、明治17年からずっと海を見守っています。

サンゴに熱帯魚!海中の展望室へ降りて天然の水族館へ

サンゴに熱帯魚!海中の展望室へ降りて天然の水族館へ

写真:かのえ かな

地図を見る

栄松の沖合に来たら、船はいったんストップ。ここからマリンビューワーなんごうは潜水し、海底の様子を見せてくれます。

サンゴに熱帯魚!海中の展望室へ降りて天然の水族館へ

写真:かのえ かな

地図を見る

アナウンスに従って船の地下に降りると、大きな窓から海中をのぞき込めるようになっています。

サンゴに熱帯魚!海中の展望室へ降りて天然の水族館へ

写真:かのえ かな

地図を見る

目の前に広がるのは天然の水族館!徐々に近づいてくるサンゴや海を自由に泳ぐ熱帯魚たちにワクワクします。熱帯魚は人気のクマノミのほか、シマシマ模様のオヤビッチャ、青くて小さなソラスズメダイなどが泳いでいます。

海のコンディションや出会える熱帯魚たちは、乗船するタイミングでさまざま。これも天然の水族館の良いところです。

スリル満点でちょっと怖い?トンビの餌付け

スリル満点でちょっと怖い?トンビの餌付け

写真:かのえ かな

地図を見る

海底のサンゴや熱帯魚を見終わったら再び船上へ。するとビックリ!マリンビューワーなんごうがトンビに囲まれています。最後はトンビの餌付けの時間です。

スリル満点でちょっと怖い?トンビの餌付け

写真:かのえ かな

地図を見る

スタッフが投げる餌をめがけてトンビが一斉に急降下。目の前に迫る勢いで、なかなかスリルがあります。写真右下に見えるトンビの餌は、宮崎牛の脂身やすじ肉。日本一に選ばれたブランド牛を食べるとは、なかなか贅沢なトンビです。

スリル満点でちょっと怖い?トンビの餌付け

写真:かのえ かな

地図を見る

トンビといえば人間の食べ物を奪う怖いイメージがありますが、こちらのトンビは船の中に入ってくることがないのでご安心を。しかも彼らは賢く、スタッフが餌やり終了の合図を送ると徐々に船から離れていきます。「人間の言ってることが通じるのか?」とドキドキせずにはいられない珍しい光景も要チェックです。

ウミネコやカモメに餌をあげる観光船はたくさんあっても、トンビに餌をあげるのはレアですよね。日南海岸の絶景とトンビのツーショットも忘れずカメラにおさめましょう!

西武ライオンズのキャンプ地ならではの見どころも

西武ライオンズのキャンプ地ならではの見どころも

写真:かのえ かな

地図を見る

宮崎県の南郷町は、プロ野球チーム・西武ライオンズのキャンプ地としても知られています。ライオンズは2018年にリーグ優勝を果たし、マリンビューワーなんごうに乗ってプロ野球史上初の海上パレードを実施しました!船内のベンチには、ライオンズの選手がパレードのときに書いたサインが残されています。

西武ライオンズのキャンプ地ならではの見どころも

写真:かのえ かな

地図を見る

野球ファンの方はぜひ、スタッフに頼んで運転席そばの扉も見せてもらいましょう。こちらにもライオンズの選手のサインがぎっしり!ライオンズからメジャーリーグのシアトルマリナーズに移籍した、菊池雄星投手が背番号17だったころの懐かしいサインもありますよ。

日南海岸の絶景をはじめとしたマリンビューワーなんごうの魅力をより体感したい人は、ぜひ動画もご覧ください。トンビが船から離れていく様子もご視聴いただけますよ。

日南海中公園ならではのイベントが盛り沢山な、マリンビューワーなんごうの45分間クルージング。あわせて、道の駅日本一に選ばれた“道の駅なんごう”を訪問するのもおすすめです。南の楽園の空気をめいっぱい吸い込んで、素敵な旅にしてくださいね!

動画:かのえ かな

マリンビューワーなんごうの基本情報

住所:宮崎県日南市南郷町潟上134-54
電話番号:0987-64-4288
運行予定時間: 9:00、10:00、11:00、13:00、14:00、15:00
定休日:不定休
アクセス:南郷駅から車で約5分、道の駅なんごうから車で約3分(国道448号経由)
駐車場:50台(無料)
料金:大人2,200円(小人以外)、小人1,100円(2歳〜小学生終業)、団体(15名以上)割引有り

備考
・雨天など、気象状況により運行できない場合もございます。
・乗船料金には消費税、保険料が含まれております。
・チケットは営業所内窓口で販売しております。乗船の10分前迄にご購入ください。
・身障者の方は半額になります。身障者手帳の提示が必要です。

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/03/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -