青森・酸ヶ湯温泉 総ヒバ造りの大浴場「ヒバ千人風呂」が圧巻!

| 青森県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

青森・酸ヶ湯温泉 総ヒバ造りの大浴場「ヒバ千人風呂」が圧巻!

青森・酸ヶ湯温泉 総ヒバ造りの大浴場「ヒバ千人風呂」が圧巻!

更新日:2019/04/09 16:17

岸田 実鳥のプロフィール写真 岸田 実鳥 写真ブロガー、フォトグラファー

酸ヶ湯温泉といえば、総ヒバ造りの大浴場「ヒバ千人風呂」があり、日帰り入浴も可能な混浴です。
300年に亘りたくさんの人々を癒してきた総ヒバ造りの温泉は、一度入ったら長い間ポカポカ温かさにつつまれる良質な温泉です。
酸ケ湯温泉旅館の昭和レトロな建物や、酸ヶ湯を愛した 版画家 棟方志功画伯の芸術もお楽しみいただけます。

酸ヶ湯温泉は豪雪地帯にある秘湯

酸ヶ湯温泉は豪雪地帯にある秘湯

写真:岸田 実鳥

地図を見る

酸ヶ湯温泉のある地域は豪雪地帯で、冬は、湯治に来られている方のほかにも、スノーボーダーやスキー客の立ち寄り湯としても利用されています。

酸ヶ湯が発見されたのは今から約300年前のこと。鹿が湯に浸かり傷を癒していたことから「鹿湯」と呼ばれたのが名前の由来です。その後、「酸ヶ湯」と呼び名が変わっていきました。一度入ったら、長い間温もりが続く良質な温泉で、冷え性、疲労回復、筋肉痛など、さまざまな体の不調に効果のある湯治湯と言われています。

酸ヶ湯温泉は豪雪地帯にある秘湯

写真:岸田 実鳥

地図を見る

玄関を入れば、温泉独特の硫黄臭に包まれています。入口の券売機で日帰り入浴チケットを購入してロビーを進むと、突き当たり右手に「ヒバ千人風呂」の入口があります。約100年前に建てられた昭和レトロな雰囲気の建物は、床がツヤツヤで趣のある佇まいです。

酸ヶ湯温泉は豪雪地帯にある秘湯

提供元:青森県観光情報サイト アプティネット

https://www.aptinet.jp/地図を見る

ヒバ千人風呂の特徴は、混浴です。2つの湯船は基本的に左が男性で、右が女性スペースとなります。一部、男性の立入禁止スペースが設けられていますが、湯船が仕切られているわけではありません。浴場内には注意書きなどがあり、それぞれのスペースを守って温泉を楽しむことができます。

混浴を守る会の三カ条として、一、男性入浴者は女性入浴者を好奇の目で見るべからず。二、女性入浴者は男性入浴者を好奇の目でみるべからず。三、混浴は老若男女を問わず和を尊び大らかで豊かな入浴の姿を最高とすべしと書かれてあり、納得します。

温泉に入ってみると、染み入るような温かさで、お湯から上がってしばらくしても体がポカポカしている感じが持続する、温泉力が高いお湯です。

棟方志功や山下清の作品のある「ギャラリー神舞閣」

棟方志功や山下清の作品のある「ギャラリー神舞閣」

写真:岸田 実鳥

地図を見る

昭和レトロな佇まいの建物の奥に「ギャラリー神舞閣」があります。開館時間はAM6:30〜PM10:00です。

棟方志功や山下清の作品のある「ギャラリー神舞閣」

写真:岸田 実鳥

地図を見る

世界的に有名な版画家、棟方志功画伯は、酸ヶ湯が大好きで、湯治をしながら作品を彫られました。
館内に志功画伯の版画・書を、多数飾ってあるのはそういった縁からとなります。他にも、画家 山下清の色紙なども飾られていて、必見です。

女性専用の湯浴み着が売られている売店

女性専用の湯浴み着が売られている売店

写真:岸田 実鳥

地図を見る

東北と言えば、混浴の温泉が多いですが、女性にとっては緊張してしまう事が多いのではないでしょうか。
ところがこちらの売店で「温泉着」(1,000円・税込)を販売しています。

これを着れば女性でも安心して混浴を楽しむことができます。
水はけがよく、軽く、すぐに乾く素材を使用してあります。温泉を出るときに脱水機があるのでそれを利用すれば、すぐ軽くなり楽に持ち帰ることが出来ます。

また、ヒバ千人風呂には女性専用の時間もあります。8:00〜9:00は女性専用時間となっています。日帰り入浴でもOKですので、その時間帯であれば、男性の目を気にせずゆっくりと楽しむことができるでしょう。

女性専用の湯浴み着が売られている売店

写真:岸田 実鳥

地図を見る

売店の営業時間はAM7:00〜PM8:00。沢山の酸ヶ湯温泉にしか売られていないお土産物でいっぱいです。また、湯治客用の日用品や食材、登山客やスキー客用のスポーツ用品等、様々なものが揃っています。

黒石市のB級グルメつゆやきそば

黒石市のB級グルメつゆやきそば

写真:岸田 実鳥

地図を見る

酸ヶ湯温泉で温まった後は、ご当地B級グルメつゆ焼きそばを試してみてはどうでしょうか?酸ヶ湯温泉から少し足を延ばして、八甲田山の麓、黒石市の保食神社の目の前に、妙光というお店があります。

黒石市のB級グルメつゆやきそば

写真:岸田 実鳥

地図を見る

つゆやきそばは、黒石市の黒石やきそばから派生したやきそばで、やきそば麺に和風だしをかけるのが特徴です。だしに、やきそばのソース味が、次第に溶け込んで、食べ進んでいくうちに、ソース味のスープに仕上がる感じです。太麺で野菜のシャキシャキ感もあり、美味しく、ぜひ試していただきたい一品です。多くの有名人が、来店していてサイン色紙や写真もたくさん飾られています。

<妙光の基本情報> 
住所:青森県黒石市大字元町66
電話番号:0172-53-2972
営業時間:月曜日 11:00〜18:00

酸ヶ湯温泉と しるやきそばで八甲田山を堪能!

多くの方に親しまれている青森の湯治湯、酸ヶ湯温泉で、体の芯までゆっくりと温まれた後にご当地B級グルメのしるやきそばを頂いて、八甲田山を満喫するコースをぜひ楽しんでください。

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/02/22−2019/03/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -