絶景アドリア海を望むクロアチアの古都「シベニク」の見所

| クロアチア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

絶景アドリア海を望むクロアチアの古都「シベニク」の見所

絶景アドリア海を望むクロアチアの古都「シベニク」の見所

更新日:2019/04/09 16:37

Hiroko Ojiのプロフィール写真 Hiroko Oji ヨーロッパ一人旅愛好家

紺碧のアドリア海に面したクロアチアの魅力は、海の風景に加えて歴史ある美しい町並みで、近年ますます人気の高まりつつあるリゾート地が多い国です。

アドリア海岸のほぼ中央に位置するシベニクも例にもれず、歴史ある美しい町。石畳の細い路地が入り組む町中には、石造りの小さな教会が点在し、世界遺産の大聖堂が堂々と建っています。町と海を見渡せる要塞跡からも絶景が楽しめる、こぢんまりとしたシベニクをご紹介します。

シベニクの旧市街

シベニクの旧市街

写真:Hiroko Oji

地図を見る

陽光降り注ぐアドリア海に注ぐクルカ川の河口に開けた、歴史ある美しい古都シベニク。クロアチアの海岸線ほぼ中央に位置し、遠くにディナルアルプスを望む自然美も兼ね添えた町です。

シベニクの旧市街

写真:Hiroko Oji

地図を見る

赤茶色の屋根が続く旧市街には石畳の細い路地が縦横に延び、両側には石造りの古い歴史を伝える家々が軒を連ねています。中世の香りがする路地を曲がるごとに異なる情緒たっぷりの景色!昼間でも日の光が届かない所もあり、この狭さがより一層タイムスリップ感を味合わせてくれます。

シベニクの旧市街

写真:Hiroko Oji

地図を見る

名もない建物にも素晴らしい彫刻装飾が施されていて、見て歩くだけでも面白さ満載。シベニクはぶらぶら歩きにお薦めの町並みです。

世界遺産の聖ヤコブ大聖堂

世界遺産の聖ヤコブ大聖堂

写真:Hiroko Oji

地図を見る

シベニク観光で最大の観光スポットが世界遺産の聖ヤコブ大聖堂!「シベニクの宝」ともいわれる大聖堂です。

1402年に教会建立は始まりましたが、建設計画そのものはシベニクが市になった1298年からあったといわれています。1431年には当時の教会を現存して修復する工事が始まり、途中何度も建築責任者が変わったことから、ゴシック様式で始まった建立はルネッサンス様式へと変更。完成まで実に100年以上もの年月をかけて行われ、公式には1555年に献堂されました。

世界遺産の聖ヤコブ大聖堂

写真:Hiroko Oji

地図を見る

屋根の部分はルネッサンス式の半円ドーム。このドームは、ユーゴスラビア人民軍の支援を受けたセルビア人部隊によって、1991年9月のシベニク砲撃の際に破壊されてしまいました。しかし数年で速やかに修復され現在の姿になっています。

東側に施されている彫刻は71もの人間の頭部をかたどったもの。これは当時のシベニクの有力者がモデルだといわれています。当時はキリスト教施設に飾るには聖人しか許されなかった時代。一般市民の顔が大聖堂に彫りこまれるのは、実に画期的な出来事でした。また、北側の入り口にあるアダムとイブの像も見逃せません。

世界遺産の聖ヤコブ大聖堂

写真:Hiroko Oji

地図を見る

この大聖堂は、美しい曲線を描く大きなドームや柱に壁面などすべて、木材やレンガなど使用せずに石だけで建てられており、石造建築の教会としては世界一の大きさを誇っています。大聖堂内には厳かでひんやりした空気が漂っています。

南東部に設置された階段を降りたところにある洗礼室もお見逃しなく。洗礼台の彫刻が見事なだけでなく、洗礼室の天井部分にある天使たちの彫刻(写真)もとても見事なものです。

<聖ヤコブ大聖堂の基本情報>
住所:Trg Republike Hrvatske 1, 22000,Sibenik
開館時間:
(夏季)8:30〜20:00
(冬季)8:30〜12:00、16:00〜20:00
※ただしミサ中はクローズ

絶景ポイントの聖ミカエル要塞

絶景ポイントの聖ミカエル要塞

写真:Hiroko Oji

地図を見る

町の北側に位置する聖ミカエル要塞は、標高70メートルの丘に建てられた要塞で、絶景ポイントとしてぜひ訪れてほしいスポットです。

大聖堂北側にあるカフェ横の階段を進んで路地を北へ辿っていくと、丘の麓の墓地下に出ます。

絶景ポイントの聖ミカエル要塞

写真:Hiroko Oji

地図を見る

現在残っている要塞の大部分は、ヴェネツィア共和国統治時代の15世紀から16世紀にかけて築かれたものですが、要塞の一番古い部分は13世紀のものだと言われています。オスマン・トルコなどの外敵が侵入するのを防ぐために頑丈な要塞が必要だったのですが、残念ながら現在は廃墟と化しています。

絶景ポイントの聖ミカエル要塞

写真:Hiroko Oji

地図を見る

しかし、ここは見逃せない絶景ポイント!足元に広がる墓地とシベニクの町並み、その奥に続くディナルアルプスの遠景、そして目の前に広がるクルカ川の河口となるキラキラ輝く湾とアドリア海!見渡す限りの絶景尽くしです、お時間にゆとりをもって上ってきてくださいね。

<聖ミカエル要塞の基本情報>
住所:Zagrade 21, 22000,Sibenik
電話番号:+385-91-497-5547
開城時間:
(5月)9:00〜21:00
(6〜8月)9:00〜22:00
(9月)9:00〜20:00
(10〜4月)9:00〜16:00
※ただし、祝日はクローズ

レプブリカ広場

レプブリカ広場

写真:Hiroko Oji

地図を見る

聖ヤコブ大聖堂の東側に隣接する広場がレプブリカ広場。かつて旧市街の中心だったところで、広場を挟んで大聖堂の向かいに建つのは、ルネッサンス様式の市庁舎。16世紀のヴェネチア時代の市議会の建物で、1階部分には美しいアーチが連なりレストラン(GRADSKA VIJECNICA)のテラス席が張り出しています。2階は裁判所として利用されたこともあり、広場で罪人への刑が執行された時代もありました。バルコニー部分の列柱には柱頭装飾が施されていて美しい建物です。

シベニクはクロアチアの中でも階段の多い町として知られていて、市庁舎背後にも階段に沿って建てられた建物が壇上に覗いています。

レプブリカ広場

写真:Hiroko Oji

地図を見る

広場に面していて、聖ヤコブ大聖堂の南東には「聖バルバラ教会」があります。屋根の上にデザインの違う鐘楼が2つ。壁面の時計はシベニク最古の時計。文字盤には24のローマ数字が並ぶ24時間時計です。

レプブリカ広場

写真:Hiroko Oji

地図を見る

路地や階段を少し進めば教会らしい建物が潜んでいるのも、このシベニクならではの光景です。

こんなところもお見逃しなく!

こんなところもお見逃しなく!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

15世紀建立の「聖イヴァン教会」はシベニクで最古の教会で、鐘楼が隣に建っています。狭い路地からもその姿を見つけられるこの鐘楼には、シベニクではじめて機械仕掛けの時計が設置されました。

こんなところもお見逃しなく!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

ヤシ並木が続く海岸通りに面して建つのは、ヴェネツィア時代の建物を利用した市立博物館です。大聖堂の南側に隣接し、建物前には大砲が置かれています。考古学、民俗学、そして歴史などについてシベニクを紹介する展示が見られます。

<シベニク市立博物館の基本情報>
住所:Ul. Gradska vrata 3,22000,Sibenik,
電話番号:+385-22-213-880
開館時間:
(夏季)10:00〜13:00、19:00〜22:00
(冬季)10:00〜13:00

こんなところもお見逃しなく!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

シベニクは11世紀、クロアチア王国のピーター・クルジミール王のもとに発展した町でもあり、クルジミール4世の像が聖サンフランシスコ教会前の公園にたっています。この公園にも緑が溢れ色とりどりのお花が目を楽しませてくれ、人々の憩いの場となっています。

コンパクトな町歩きは迷子になっても楽しい!

シベニクは見所がぎゅっとコンパクトにまとまり、こぢんまりとした町並みが魅力。地図を持たずしても町歩きが楽しめちゃいます。時にどこを歩いているのかわからなくなることがあっても、海沿いに出れば迷子状態もリセット。時間の許す限り散策をお楽しみくださいね。

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2007/08/02−2007/08/04 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -