山口・周防大島 4つの奇岩からパワーをGET!「しあわせ祈岩めぐり」

山口・周防大島 4つの奇岩からパワーをGET!「しあわせ祈岩めぐり」

更新日:2019/04/08 14:49

政田 マリのプロフィール写真 政田 マリ 仏像ナビゲーター
山口県の瀬戸内海に浮かぶ「周防大島」。島内にはとても大きく珍しい形の奇岩が多く点在しています。中でも海岸にそそり立つ「立岩」や、アーチのように中央に空洞のある「巌門」は島のシンボルとして知られています。それらを含めた4つの奇岩を巡って家庭円満、子孫繁栄などを祈願する信仰が古くから伝わっています。四岩のパワーをもらって「四岩合わせ(幸せ)祈願」!いにしえより伝わる島の信仰に迫ります!

昨今の状況により、施設等の営業日や営業時間などに変更が生じている場合があります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、Go To トラベルキャンペーンについては全国で一時停止となっています。お出かけの際はしっかりと新型コロナウイルスの感染予防および拡大防止対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

安下庄地域に伝わる信仰「しあわせ祈岩」

安下庄地域に伝わる信仰「しあわせ祈岩」

写真:政田 マリ

地図を見る

山口県の東の端、瀬戸内海に浮かぶ周防大島には四つの奇岩を巡る「しあわせ祈岩」という信仰があります。

四つの奇岩(四岩・しいわ)を合わせて祈願することから「四岩合わせ奇岩」として安下庄(あげのしょう)地域に古くから伝わり、転じて「しあわせ祈岩」となりました。

4つの奇岩とは立岩(たていわ)、巌門(がんもん)、岩屋権現(いわやごんげん)、帯石観音(おびいしかんのん)のことを指していて、それぞれに祀られる馬頭観音、十一面観音、虚空蔵菩薩、山王権現、千手観音を巡拝することで夫婦和合、家庭円満、子孫繁栄、健康長寿のご利益があるとされてます。近年では男女のしあわせを叶えるパワースポットとして若い世代にも人気です。

それでは一つひとつの奇岩をご紹介しましょう。

男岩と呼ばれる「立岩」、女岩と呼ばれる「巌門」

男岩と呼ばれる「立岩」、女岩と呼ばれる「巌門」

写真:政田 マリ

地図を見る

まずは、県道60号線沿いの海岸にそそり立つ「立岩(竪岩)」をご紹介します。高さ40mの安山岩で出来ており、ゴツゴツとした岩肌とその大きさから「男岩」とも呼ばれています。

男岩と呼ばれる「立岩」、女岩と呼ばれる「巌門」

写真:政田 マリ

地図を見る

岩の側には小さなお堂があり、馬頭観音が祀られています。堂内には馬の置物や絵馬が多数置かれており、信仰の深さを感じます。

馬頭観音はその名の通り頭上に馬の頭を持つ観音菩薩。古来人々の交通手段を担っていた馬への信仰から、交通安全の仏としても知られています。現在も目の前には県道があり、行き交う人々の安全を守っています。

男岩と呼ばれる「立岩」、女岩と呼ばれる「巌門」

写真:政田 マリ

地図を見る

「立岩」が男岩なら、こちらは女岩です。

竜崎温泉の駐車場に車を止め、海沿いから竜崎遊歩道(しあわせの小路)に入り約3分進むと、真ん中がくり抜かれた奇岩「巌門(がんもん)」が見ててきます。

大きな岩の真ん中が波の浸食により徐々に削られこのような姿になったとのこと。今も波が岩の足元に打ち寄せており、自然のパワーを感じられる岩です。こちらは女性を象徴する「女岩」と呼ばれています。

「巌門」のすぐそば、遊歩道の山の上には十一面観音を本尊とする竜崎観音堂があります。

「立岩」「巌門」とも海岸沿いにあり、目立つので島のシンボルとして知られています。

緑深き山中に突如と現れる「岩屋」

緑深き山中に突如と現れる「岩屋」

写真:政田 マリ

地図を見る

ご紹介した二つの岩は海岸沿いにありましたが、続いては深い森の中の奇岩「岩屋権現」です。

岩屋権現は嵩山(だけさん)の中腹にあります。絶景が人気の展望台に上る途中、石造りの鳥居が見えてきます。その奥は深い緑に覆われて薄暗いですが、足場は悪くないので勇気を出して進んでいきましょう。

緑深き山中に突如と現れる「岩屋」

写真:政田 マリ

地図を見る

しばらく歩くと、数本の大杉に囲まれた大岩が見えてきます。見上げると苔むした岩肌がしっとりとしていて、巨大な水の神に出会った気分です。このあたりは昼でも薄暗く空気もひんやりと感じます。

その岩の下は空洞になっており、そこに虚空蔵菩薩と山王権現が祀られています。

周防大島のシンボル的な立岩、巌門とは違い、岩屋権現は山中ひっそりと眠る山の主といった感じです。

女性からの信仰が厚い「帯石観音」

女性からの信仰が厚い「帯石観音」

写真:政田 マリ

地図を見る

岩屋権現から県道101号線を下ると立派なお寺が見えてきます。ここが「帯石観音」です。

女性からの信仰が厚い「帯石観音」

写真:政田 マリ

地図を見る

境内の大きなお堂は大悲閣で、その右脇の階段を上まで登ると帯石観音堂があります。小さなお堂ですが、右脇に南無阿弥陀仏と掘られた大岩が目を引きます。こちらが「しあわせ祈岩」の4つ目「帯石」です。

「帯石」と呼ばれるのはこの岩の周囲に帯を巻いたような筋があることから。妊婦の岩田帯にちなんで安産祈願で名高く、多くの女性が訪れます。ここには千手観音が祀られています。

女性からの信仰が厚い「帯石観音」

写真:政田 マリ

地図を見る

帯石観音も山の中腹ですので、大悲閣前から絶景が望めます。ここからの眺めは中国の西湖に似る絶景と言われていて、「延命の景」と称されています。

奇岩を巡った疲れも、この景色を見れば吹き飛びますね。

子供に人気の「しあわせ祈岩スタンプラリー」も!

子供に人気の「しあわせ祈岩スタンプラリー」も!

写真:政田 マリ

地図を見る

いかがでしたか?
奇岩がたくさんある周防大島でいにしえより伝わる奇岩めぐり。現在、4つの奇岩に設置されたスタンプを押し図柄を合わせる、まさに「四岩(しいわ)合わせ(=しあわせ)」のスタンプラリー(写真)も行っており、お子さんも楽しんで奇岩を巡っています。

4つの奇岩からパワーをいただけば、きっと願いが叶い、幸せが訪れるはず!ぜひ皆さんもチャレンジしてみてくださいね。

しあわせ祈岩の基本情報

電話番号:0820-72-2134(周防大島観光協会)
ルート案内:県道60号線沿いにある立岩よりスタートし、竜崎温泉に駐車して巌門へ、土居坂トンネル付近より広域農道(オレンジロード)を経由して県道101号線で嵩山の山頂を目指します。
山頂付近の道中左手に岩屋権現、最後に来た道を引き返し広域農道付近の帯石観音で結願となります。(※その他様々なルートがありますのでドライブがてら奇岩巡りをお楽しみください)

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/01/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -