カナダの人気スポーツを制覇!ホッケーの殿堂&ロジャース・センター

カナダの人気スポーツを制覇!ホッケーの殿堂&ロジャース・センター

更新日:2019/04/23 17:05

中川 夏希のプロフィール写真 中川 夏希 街の魅力ディベロッパー
今回は、カナダで人気のスポーツ、ホッケーと野球が楽しめる場所をご紹介します。まず、カナダホッケー界の軌跡をたどり、今後の発展のために設立された「ホッケーの殿堂」。そして、野球チーム、トロント・ブルージェイズの本拠地「ロジャース・センター」のスタジアムツアー。シーズン外であっても、一日で2つのスポーツを楽しむことができます。
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

カナダのホッケーの軌跡を辿る「ホッケーの殿堂」

カナダのホッケーの軌跡を辿る「ホッケーの殿堂」

写真:中川 夏希

地図を見る

1943年に生まれた「ホッケーの殿堂」は、カナダのホッケーの歴史を探る観光地として有名な場所。地下鉄ユニオン駅から歩いたところのショッピングモールの地下部分に入口があります。

カナダのホッケーの軌跡を辿る「ホッケーの殿堂」

写真:中川 夏希

地図を見る

右側に進むと見えてくるのが「世界のホッケー」コーナー。ショーケース内には、カナダやアメリカを始めとした色とりどりの各国のホッケーチームのユニホームが展示されています。日本やお気に入りの国のユニホームを探してみるのもいいでしょう。奥にはスクリーンもあり、自分が見たいチームの試合映像を大画面で振り返ることができます。

カナダのホッケーの軌跡を辿る「ホッケーの殿堂」

写真:中川 夏希

地図を見る

階段を上がると見えてくるのが多数のトロフィー。カナダチームが築き上げてきた功績に圧倒されます。中央のステージでは記念撮影もできるので、スター気分に浸るのも楽しいかも。

ホッケー選手の目線で楽しめるロッカーとスケートリンク

ホッケー選手の目線で楽しめるロッカーとスケートリンク

写真:中川 夏希

地図を見る

ファンなら興奮間違いなしの選手ロッカールームを再現した空間はとってもリアル!各選手のユニホームも掛けてあるので、お気に入り選手のユニホーム前で写真を撮ってみたり、動きをシミュレーションしてみると楽しいかもしれません。

ホッケー選手の目線で楽しめるロッカーとスケートリンク

写真:中川 夏希

地図を見る

ミニチュアだけど臨場感いっぱいのスケートリンクでのゲームも!隣に観客席も設置してあるので、親御さんがお子さんのプレーを応援するには絶好の場所です。

ホッケー選手の目線で楽しめるロッカーとスケートリンク

写真:中川 夏希

地図を見る

2010年のバンクーバーオリンピックで使われたホッケーのゴールネットもあるので、ぜひ写真に収めましょう。

館内じゃおさまらない!お土産と記念品

館内じゃおさまらない!お土産と記念品

写真:中川 夏希

地図を見る

館内を出てもまだまだ楽しみが残っています。出口を上がったところにある公式ショップでは、ユニホームだけではなく、こんなにかわいいミニチュアのキーホルダーが。

館内じゃおさまらない!お土産と記念品

写真:中川 夏希

地図を見る

ショップ近くのモール内にはユニホームや記念品も多数飾られています。

<ホッケーの殿堂の基本情報>
住所:Brookfield Place, 30 Yonge Street, Toronto, ON, M5E 1X8
アクセス:地下鉄ユニオン駅から徒歩5分

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

「ロジャース・センター」内の周遊ツアー

「ロジャース・センター」内の周遊ツアー

写真:中川 夏希

地図を見る

お次はトロント・ブルージェイズの本拠地「ロジャース・センター」。シーズン以外もほぼ毎日、スタジアム内部の見学ツアーが行われています。スタジアムはなんと地下も合わせて6階建て。見学ツアーでは、地下部分から3階部分まで見学可能です。

「ロジャース・センター」内の周遊ツアー

写真:中川 夏希

地図を見る

まずスタッフにガイドされるままスタンド席へ。そこで球場の歴史や施設概要を知ることができます。野球場だけでなく、サッカー場やコンサートホールとしても使われ、過去にはマドンナやローリング・ストーンズがコンサートを行ったとか。たくさんの観客を収容できることがわかります。

「ロジャース・センター」内の周遊ツアー

写真:中川 夏希

地図を見る

天井は開閉式。気温や天候を加味して、音を出さずに開いたり閉じたりします。写真は閉じた状態のところですが、「動く瞬間を見てみたい」と思わずにはいられません。

普段は入れない場所にも潜入?

普段は入れない場所にも潜入?

写真:中川 夏希

地図を見る

どんなに野球が好きでも、入れない場所というのが存在します。しかし、このツアーでは入ることができるのです。その一つが、メディアルーム。実況者と同じ目線で球場内を見下ろすことができるのはここだけ。

普段は入れない場所にも潜入?

写真:中川 夏希

地図を見る

そして、球場内の最もラグジュアリーなスイートルームの一つがこちら。ゆったりしながら野球を観戦できるとあってとても贅沢ですね。

普段は入れない場所にも潜入?

写真:中川 夏希

地図を見る

ツアーの締めくくりは、選手たちがプレーしているグラウンド。芝生に足を踏み入れて選手の目線でスタジアムを一望すると、改めて球場の大きさを実感します。このスタジアムは人工芝を使用しているのですが、車のタイヤから再利用されています。触ってみると確かにゴムのような感触が伝わってきます。

<ロジャース・センターの基本情報>
住所:1 Blue Jays Way, Toronto, ON, M5V 1J3
アクセス:地下鉄ユニオン駅から徒歩15分

シーズン外でもOK「ホッケーの殿堂」&「ロジャース・センター」

いずれもユニオン駅の徒歩圏内にあり、内容も充実、インスタ映えスポット満載なので、スポーツに興味がある人はもちろん、あまり興味がない人にも一見の価値ありのスポットです。

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/03−2019/04/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -