和歌山県・田辺「天神崎」で磯遊びと夕陽の絶景を楽しもう!

| 和歌山県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

和歌山県・田辺「天神崎」で磯遊びと夕陽の絶景を楽しもう!

和歌山県・田辺「天神崎」で磯遊びと夕陽の絶景を楽しもう!

更新日:2019/04/08 14:03

モノホシ ダンのプロフィール写真 モノホシ ダン 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者

和歌山県田辺市にある天神崎は、田辺湾の北側に突き出た岬。かつて別荘地開発計画の対象となったところですが、ナショナルトラスト運動により、海・磯・森の豊かな自然が今も大切に守られています。干潮時には、約21haの平たい岩礁が出現し、磯遊びや釣りなどが楽しめます。また満潮時には、長靴を履いて岩礁に降りてまるでウユニ塩湖のような風景を撮影することもできます。天神崎で美しい自然と夕陽を満喫してみませんか?

天神崎は日本の「ナショナルトラスト運動」の先駆けの地

天神崎は日本の「ナショナルトラスト運動」の先駆けの地

写真:モノホシ ダン

地図を見る

和歌山県田辺市の天神崎は、かつてナショナルトラスト運動の先駆けの地として、一躍全国にその名が知られたところです。ナショナルトラスト運動とは、美しい自然や歴史的建造物を市民の寄金で買い取り保全していく運動のこと。

1974年(昭和49年)、天神崎での別荘地開発計画が持ち上がり「天神崎の自然を大切にする会」が結成され、全国からの募金による買い取り運動がスタート、現在では行政による買い取りも含め、豊かな自然が残されています。

天神崎は日本の「ナショナルトラスト運動」の先駆けの地

写真:モノホシ ダン

地図を見る

天神崎の海岸へは、防波堤の2ケ所から降りることができます。干潮時には、平たい海食台が現れ、天神崎のシンボルとなっている「丸山」をぐるりと一周することができます。

天神崎は日本の「ナショナルトラスト運動」の先駆けの地

写真:モノホシ ダン

地図を見る

「丸山」周辺は平らな磯となっているので、家族連れで磯遊びをするには最適なところです。写真は、海側から見た丸山。

干潮時の海食台で磯遊びを楽しもう

干潮時の海食台で磯遊びを楽しもう

写真:モノホシ ダン

地図を見る

磯遊びでは、イソギンチャクや貝などの、潮だまりの生き物を探すのも楽しい。また、写真のようにハート型のくぼみを見かけることも。

干潮時の海食台で磯遊びを楽しもう

写真:モノホシ ダン

地図を見る

丸山と同じく、天神崎のシンボルとなっているのが「猫岩」。見方によっては、イヌやライオンなどにも見えます。

干潮時の海食台で磯遊びを楽しもう

写真:モノホシ ダン

地図を見る

また天神崎からは、田辺湾をはさんで反対側に南紀・白浜温泉のホテル群を望むこともできます。写真中央は、宮殿を思わせる外観の「ホテル川久」。

天神崎は「和歌山のウユニ塩湖」とも話題に

天神崎は「和歌山のウユニ塩湖」とも話題に

写真:モノホシ ダン

地図を見る

また最近、天神崎は、SNSなどで「和歌山のウユニ塩湖」と呼ばれブームになっています。満潮時になると、南米ボリビアの“天空の鏡”のような上下対称の幻想的な景色を見ることができるからです。

天神崎は「和歌山のウユニ塩湖」とも話題に

写真:モノホシ ダン

地図を見る

満潮時の天神崎の光景はご覧のよう。ひとりで訪れても三脚があれば、セルフタイマーで撮影することができます。なお、冠水している海食台に降りる際には、靴に防水シューズカバーを被せるか、長靴に履き替えましょう。

天神崎は「和歌山のウユニ塩湖」とも話題に

写真:モノホシ ダン

地図を見る

ほかに撮影条件としては、できるだけ風が強くない日を選ぶこと。いくら満潮であっても、風が強ければさざ波が立って上手く映り込まないからです。なお、干潮、満潮などは関連MEMOの「和歌山県の潮汐・潮見表カレンダー」をご確認ください。

田辺湾を真っ赤に染める夕陽のグラデーション

田辺湾を真っ赤に染める夕陽のグラデーション

写真:モノホシ ダン

地図を見る

また天神崎は、日本の自然100選のひとつで、「和歌山県の朝日・夕陽100選」にも選定されているところです。田辺湾を真っ赤に染める夕陽のグラデーションは荘厳のひとこと。

田辺湾を真っ赤に染める夕陽のグラデーション

写真:モノホシ ダン

地図を見る

天神崎のシンボル丸山をシルエットにし、水平線の彼方に静かに沈んでゆく夕陽は、あらためて大自然の豊かさを感じさせてくれます。

田辺湾を真っ赤に染める夕陽のグラデーション

写真:モノホシ ダン

地図を見る

さらに天神崎のすぐ近く、元嶋の前には広島県、厳島神社のように海の中に建つ大鳥居があります。1925年(大正14年)に建立されたもので、大鳥居のすぐ横の「田所島」に祀られていた弁天神社が度重なる台風で建物が壊されたため、1926年(大正15年)に向かいの元嶋に遷座し、大鳥居だけが残されたものです。

夕陽の時間帯に天神崎を訪れた際には、ぜひ併せてお立ち寄りください。素晴らしい絶景が待っています。

このように天神崎は、ナショナルトラスト運動により守られた自然の美しさ、楽しさを心ゆくまで満喫できるところです。南紀・白浜温泉方面を訪れた際にはぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

天神崎の基本情報

住所: 和歌山県田辺市天神崎
電話番号: 0739-26-9929(田辺観光協会)
アクセス:阪和自動車道 南紀田辺ICから車で約20分 天神崎元島第1駐車場または天神崎正面駐車場利用(どちらも無料)

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/03/26−2019/04/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -