朝でも夜でも!京都の伏見稲荷大社で稲荷山ハイキング

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

Yuma A.のプロフィール写真 Yuma A. 観光学修士、インバウンド観光推進施設代表

朱色の鳥居が無数に連なるフォトジェニックなスポットとして有名な京都の「伏見稲荷大社」ですが、実はここ、他所の寺社仏閣と異なり、なんと24時間オープンなのです。京都はとにかく見どころが多いのですが、効率的に見て廻るには早朝や夜間を活用しない手はありませんよね。そんな朝から晩までアクティブに動きまわりたい旅行者にうってつけのアクティビティが、今回紹介する伏見稲荷大社&稲荷山での早朝・夜間ハイクです。

長距離バスとも相性良しの早朝ハイク

長距離バスとも相性良しの早朝ハイク

写真:Yuma A.

地図を見る

旅行者には夜間高速バスで京都を訪れる方もいらっしゃるでしょう。ここで困るのが早朝の時間の過ごし方。京都の見どころの寺社仏閣は早いところでも7時、遅いところだと9時頃から拝観開始となるため、5時台に到着しても手持ち無沙汰になってしまいますよね。そこでお薦めなのが、早朝の気持ちいい時間帯に24時間オープンの伏見稲荷大社を訪れること。まだ出店も準備中で観光客も少ない、この時間帯なら静かな参詣が叶うでしょう。

長距離バスとも相性良しの早朝ハイク

写真:Yuma A.

地図を見る

人が少ない時間帯に訪れるメリットの一つは、写真が映えるから。「千本鳥居」にしても旅行者だらけの写真よりも幻想的な鳥居だけの写真を撮りたい、と思う方も多いでしょう。

長距離バスとも相性良しの早朝ハイク

写真:Yuma A.

地図を見る

もう一つのメリットは自分のペースでハイキングがしやすいから。伏見稲荷大社はその背後に控える稲荷山全体に神蹟を巡る参拝道が用意されており、一周約1.5〜2時間程度のハイキングにちょうど良いコースになっています。

旅行者や参拝客の少ない時間帯ならスムーズに頂上を目指せますね。

道迷いのない親切な参拝道

道迷いのない親切な参拝道

写真:Yuma A.

地図を見る

稲荷山は山といっても参拝道なので、道迷いの心配はありません。上部まで石段と石畳の道が続き、各所に地図や案内図があるので安心です。

道迷いのない親切な参拝道

写真:Yuma A.

地図を見る

頂上へ向かう際のルートですが右周り、つまり三の峰、二の峰、一の峰(頂上)という順番で神蹟を巡るのがご利益UPには良いでしょう。なお、道中やこれらの神蹟のそばにはお茶屋がありますが、早朝は開いていないので、飲料を持参したほうが良いですね。

道迷いのない親切な参拝道

写真:Yuma A.

地図を見る

本殿から千本鳥居を抜けて歩くこと約1〜1.5時間でついに頂上(標高233m)の神蹟、「一の峰」に到着。早朝の人が少ない時間にお稲荷さんのご利益を独り占めしましょう。

なお神蹟(これ自体は古代の古墳)に建てられている社には「末広大神」の文字が。聞いたことのない神様ですが、さもありなん、全国の稲荷神社の総本山である伏見稲荷大社の歴史は古く、信仰の始まりも謎に包まれています。よく分からないが昔からそう呼ばれている、という場所も多くその名前が残されているのです。伏見稲荷大社では大宮能売大神(オオミヤノメ大神)を祀っていますが、名前は残しておくというスタイルです。

仏教伝来前からある古代神道世界の神秘を感じることのできるパワースポットといえそうですね。ただし残念ながら周囲の木々が高いため展望はとれませんので悪しからず。

行きと帰りでは違うコースを!

行きと帰りでは違うコースを!

写真:Yuma A.

地図を見る

一の峰からの下山道ですが、ピストンで来た道を戻っても良いですが、せっかく周遊できるようになっているので、違った景色や神蹟を見ながら下るのも一興です。「四つ辻」付近で元来た道に戻ることもできますので、山頂はぐるっと巡って損はないですね。

行きと帰りでは違うコースを!

写真:Yuma A.

地図を見る

下山するころには裏参道に出店がオープンし始めていることでしょう。朝ご飯をここで買って食べていくのも良いですね。

JR「稲荷駅」に向かう場合は表参道を通りますが、市バスや京阪本線「伏見稲荷駅」を利用する方はこちらの裏参道を通ってアクセスするのが便利です。

ナイトハイクもひそかに人気

ナイトハイクもひそかに人気

写真:Yuma A.

地図を見る

同様のコースを夜に巡るのも24時間オープンならではの伏見稲荷大社の楽しみ方です。もちろん授与所はすでに閉まっているので、祈祷の依頼やお守りなどを購入する場合は日中に行きましょう。

夜もアクティブに行動したい訪日旅行者の間ではナイトスポットのひとつとして人気となっていますが、もちろん日中に比べ圧倒的に人数は少ないので、境内や山中は静かで厳かな雰囲気を醸し出しています。

ナイトハイクもひそかに人気

写真:Yuma A.

地図を見る

夜の千本鳥居にも昼とはまた違った神秘的な雰囲気が漂います。照明が過剰でないのも良い味をだしています。これは異世界に続いてますね(笑)。

なお、山の上のほうまで明かりが灯っていますので、ヘッドライトは不要ですが、売店などは全て閉まっていますので、飲料などは持参が必要です。

ナイトハイクもひそかに人気

写真:Yuma A.

地図を見る

京都市街のきれいな夜景を山中から眺めることができるのも稲荷山ナイトハイクの役得ですね。

なお、夜の稲荷大社は夜間に高速バスで京都を離れる人にもマッチします。22時以降のバスの出発が多い中、夕方から出発までの間の時間を有意義に過ごすのに持って来いですからね。京都駅・稲荷山駅間のアクセスも良いので(電車でわずか5分!)、京都駅のロッカーに大きな荷物を預けて空身で訪れることができますしね。

それでは気をつけていってらっしゃいませ〜

伏見稲荷大社の基本情報

住所:京都府京都市伏見区深草薮之内町68番地
電話:075-641-7331
アクセス:市バス「稲荷大社前」から徒歩7分またはJR奈良線「稲荷駅」から徒歩1分、または京阪本線「伏見稲荷駅」から徒歩5分

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/03−2019/04/04 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -