感動!長野・飯綱町「むれ水芭蕉園」は黄白緑の3色の花三昧

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

感動!長野・飯綱町「むれ水芭蕉園」は黄白緑の3色の花三昧

感動!長野・飯綱町「むれ水芭蕉園」は黄白緑の3色の花三昧

更新日:2019/04/15 15:24

咲田 みつるのプロフィール写真 咲田 みつる ハイカー、旅好きのヨガインストラクター

水ぬるむ季節に、白く可憐な姿を現す「水芭蕉」。尾瀬ハイキングは無理でも、水芭蕉の群生を見たいという方に、とっておきのおすすめスポットがあります。それは長野県飯綱町の「むれ水芭蕉園」。いいづなリゾートスキー場に隣接しており、車で直接訪れることが可能。しかし単にアクセスが良いだけではありません。水芭蕉とほぼ時期を同じくして開花する他の花も魅力的。4月中〜5月上旬には黄白緑の3色の花三昧を楽しめます。

約41万株の可憐な水芭蕉の群生を堪能しよう

約41万株の可憐な水芭蕉の群生を堪能しよう

写真:咲田 みつる

地図を見る

水芭蕉の大群落と言えば群馬・栃木・新潟・福島の4県にまたがる「尾瀬」のイメージが強いですが、車で直接行くことができないため、比較的ハードルが高いと言えます。一方で、長野県飯綱町のいいづなリゾートスキー場北隣にある「むれ水芭蕉園」は、車で園の入り口まで行ける上に、群生の密度も高く、園内の周遊も30分が目安と比較的お手軽に楽しむことができます。

約41万株の可憐な水芭蕉の群生を堪能しよう

写真:咲田 みつる

地図を見る

水芭蕉はその名の通り、水の中から芽吹きます。開花時期は例年、雪解け水がぬるむ4月中旬〜5月上旬。5ヘクタールの敷地の中にはフラットな木道が張り巡らされ、約41万株の水芭蕉が密集しています。木道は1周約1キロほどです。

約41万株の可憐な水芭蕉の群生を堪能しよう

写真:咲田 みつる

地図を見る

しかし「むれ水芭蕉園」の魅力は、手軽さだけではありません。時期をほぼ同じくして、ピークを迎える花たちが黄・白・緑の3色の花園を作り出しているのです。

リュウキンカやニリンソウが水芭蕉を引き立てる

リュウキンカやニリンソウが水芭蕉を引き立てる

写真:咲田 みつる

地図を見る

黄色い花と、ふさふさの緑の葉が印象的なリュウキンカは、開花時期は4月中旬〜5月上旬。水芭蕉より数日遅れでピークを迎えます。園内の3ヘクタールに約10万株が群生しています。

一般的に水芭蕉の群生は、茶色い水(濁った雪どけ水など)の中から芽吹くことが多く、写真に撮ると「茶色の大地×水芭蕉」という構図になりがちです。しかしながら「むれ水芭蕉園」では、リュウキンカの群生によって、その茶色が見事に黄・緑に置き換わり、見事な3色のコントラストを生み出しています。

リュウキンカやニリンソウが水芭蕉を引き立てる

写真:咲田 みつる

地図を見る

水芭蕉園の道向かい50mほど先には、ニリンソウ園もあります。1.6ヘクタールに約10万株、水芭蕉とはまた違った趣の小さく可憐な花が咲き誇ります。開花時期は例年4月下旬〜5月中旬ごろで、ピークは水芭蕉より10日ほど後になりますが、是非足を運んでみましょう。

リュウキンカやニリンソウが水芭蕉を引き立てる

写真:咲田 みつる

地図を見る

<むれ水芭蕉園の基本情報>
住所:長野県上水内郡飯綱町大字川上2755−539
電話番号:026-253-7788
アクセス:上信越自動車道信州中野ICより20km(40分)
上信越自動車道信濃町ICより15km(30分)
入園料:無料
駐車場:あり(無料)

むれ水芭蕉園の周辺観光は「花めぐり」がおすすめ

むれ水芭蕉園の周辺観光は「花めぐり」がおすすめ

写真:咲田 みつる

地図を見る

周囲を「北信五岳」と呼ばれる2000m級の山々に囲まれた長野県飯綱町。水芭蕉の開花時期には、厳しい寒さから解放され、今まさに息吹きはじめた花々がたくさん咲きそろいます。例年、4月上旬〜5月上旬まで同町で「花まつり」が開催されており、「むれ水芭蕉園」の他にも桜やカタクリ、桃、リンゴの花などの開花状況が、観光協会のHPで細かくレポートされています。以下、「むれ水芭蕉園」と併せて訪れたい、おすすめスポットを選んでご紹介します。

<いいづなまち花まつりの基本情報>
開催期間:2019年4月6日(土)〜5月12日(日)
2019年は11ヶ所の花スポットが会場となっている。「花まつり」ののぼりが目印。

むれ水芭蕉園の周辺観光は「花めぐり」がおすすめ

写真:咲田 みつる

地図を見る

花まつりでは、桜の銘木が6ヶ所ピックアップされており、各々「むれ水芭蕉園」から車で15分〜20分程度で訪れることができます。このうち袖之山のシダレザクラは、樹齢300年以上と伝えられる天然記念物で、例年ライトアップも行われているほど親しまれているイチオシの桜です。

<袖之山のシダレザクラの基本情報>
住所:長野県飯綱町大字袖之山
電話番号:026-253-7788
アクセス:上信越自動車道信州中野ICより16km(35分)
上信越自動車道信濃町ICより14km(30分)
駐車場:あり(無料)
ライトアップ:開花時期の19:30〜1時間ほど

むれ水芭蕉園の周辺観光は「花めぐり」がおすすめ

提供元:長野県観光機構

https://www.nagano-tabi.net/地図を見る

「むれ水芭蕉園」から車で20分ほどの距離にある「丹霞郷」は、4月下旬ごろに見ごろを迎える桃の花の鑑賞スポットです。10ヘクタールに約1,500本の桃の木が植えられています。桃園は個人の私有地ですので、入ることはできませんが、周辺を散策できます。北信五岳の残雪と合わせ見る桃色の園は、霞がたなびく様にうすもも色に色づき、絶景を作り出しています。

<丹霞郷の基本情報>
住所:長野県飯綱町平出1-32 付近
電話番号:026-253-7788
駐車場:あり(無料)
アクセス:上信越自動車道信州中野ICより15km(30分)
上信越自動車道信濃町ICより17km(35分)

むれ水芭蕉園は3色花三昧!周辺観光も楽しんで

一般的に水芭蕉の群生は「茶色い大地×水芭蕉」となりがちですが、「むれ水芭蕉園」ではリュウキンカやニリンソウとの競演で、見事な3色の花のコントラストが成立しています。規模こそ尾瀬には及びませんが、それを補ってあまりある満足度があるでしょう。但し開花時期の見極めは重要ですので、観光協会のHPで開花状況をこまめにチェックしてから訪問するようにしましょう。

また同町では例年、4月上旬〜5月上旬にかけて「いいづなまち花まつり」が開催され、様々な花が咲きそろっています。水芭蕉園と併せて訪れることをお勧めします。

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -