中国国際航空で気軽にビジネスクラスを!座席や機内食について解説

| 中国

| 旅の専門家がお届けする観光情報

中国国際航空で気軽にビジネスクラスを!座席や機内食について解説

中国国際航空で気軽にビジネスクラスを!座席や機内食について解説

更新日:2019/04/19 14:48

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

日本ではエアチャイナと呼ばれて親しまれている大手航空会社の中国国際航空。日本から中国や東南アジアへ直行便で就航していることはもちろん、中国を経由してヨーロッパ方面や北アメリカなど世界各国に行くことができます。

ここでは中国国際航空の人気の秘密に加え、ビジネスクラスの特徴を解説します。中国国際航空を利用する旅行を考えている人はぜひ参考にしてください。

中国国際航空の人気の秘密は?

中国国際航空の人気の秘密は?

提供元:中国国際航空

https://www.airchina.jp/

中国国際航空は全日空(ANA)と同じスターアライアンスに加盟している、中国国内でも大手のエアラインです。日本からは中国・東南アジアの各都市に就航しているほか、北京や上海などから、南半球のオーストラリア、パリやロンドンといったヨーロッパ、アメリカやカナダにも就航しています。

また、大手航空会社ながら比較的リーズナブルな料金で利用することができるのも人気の理由のひとつ。リーズナブルな料金にも関わらず、大手航空会社と同じように機内サービスや機内食も充実しているため、多くの人から支持されている航空会社になっています。

くつろぎのフライトが叶うビジネスクラス

くつろぎのフライトが叶うビジネスクラス

提供元:中国国際航空

https://www.airchina.jp/

他の大手航空会社と比べると、ビジネスクラスも安く購入できる中国国際航空。A330-200にはビジネスクラスが30席あり、配列は2-2-2で、シートピッチはおよそ147cmとかなり広め。リクライニングも180度フルフラットのため、長距離飛行でもリラックスして過ごすことができます。

機内食は2種類からセレクト可能。出発地に応じて和食や洋食、中華が用意されており、ビジネスクラスでは前菜から一皿ずつサーブされるため、まるで高級レストランにいるような優雅な気分を味わうことができます。ワイドボディのA330-200には各席に個人用ディスプレイも配置されており、映画はもちろん、音楽やゲームをフライト中に存分に楽しむことができます。

プレミアムエコノミーでワンランク上の旅を実現

プレミアムエコノミーでワンランク上の旅を実現

提供元:中国国際航空

https://www.airchina.jp/

中国国際航空のA330-300にはビジネスクラスとエコノミークラスの間に、プレミアムエコノミーが16席用意されています。座席の配列はエコノミークラスと同様に2-4-2で、エコノミークラスの前方に2列のみがプレミアムエコノミーとなっています。

シートピッチもおよそ94cmと、エコノミークラスより13cmほど広く、足元により余裕がある設計。機内食が2種類から選べるほか、赤・白ワインやビールなどのアルコール類を含めたドリンクが無料で楽しむことができます。個人用モニターも付いているため、長距離国際線での利用でも退屈せずに過ごすことが可能です。

中国国際航空で快適なフライトを!

日本の主要空港と中国・東南アジアの大都市を直行便で結ぶほか、経由便でヨーロッパやアメリカにも行くことができる中国国際航空。

特に中国や上海を経由して、欧米方面への長距離国際線を利用するなら、シートピッチがエコノミークラスの2倍近くあり、リクライニングもフルフラットのビジネスクラスがおすすめです。

また、他の大手航空会社と比較してもビジネスクラスの航空券を安く購入できるのも中国国際航空の魅力。移動費を節約しつつも、豪華でリラックスしたフライトを希望するのであれば、中国国際航空を利用してみてはいかがでしょうか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -