独リューデスハイム「アスバッハ」ワインの町で誕生したブランデー

| ドイツ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

独リューデスハイム「アスバッハ」ワインの町で誕生したブランデー

独リューデスハイム「アスバッハ」ワインの町で誕生したブランデー

更新日:2019/04/16 10:50

浅井 みらののプロフィール写真 浅井 みらの 総合旅行業務取扱管理者、全国通訳案内士(英語)、世界遺産検定2級

白ワインの名産地として有名なドイツ・リューデスハイム(Rudesheim)。「アスバッハ(Asbach)」はそのリューデスハイムのワインを蒸留し、ブランデーを生産している企業です。1892年に幕を開け、ブランデーメーカーとしての歴史はドイツ国内で最古。ビジターセンターでは完成する迄の行程を見学でき、試飲も数種類できます。他にもブランデーボンボンや関連グッズも販売しており、おみやげにぴったりです。

そもそもアスバッハって?

そもそもアスバッハって?

写真:浅井 みらの

地図を見る

リューデスハイム出身のヒューゴ・アスバッハがフランスに渡り、そこで良質で名高いコニャックと出会ったことから始まったアスバッハの歴史。そこで習得した醸造のノウハウを自国に持ち帰り、地元リューデスハイムで作られるリースリングワインと融合し、ドイツ産ブランデーが誕生しました。

商品名は企業名と同じ、アスバッハ。オリジナルと呼ばれる醸造期間が3年のものから、8年、12年と続き、最も長いもので21年。他にもベルリンの壁崩壊を記念したモデルや詩人ゲーテにちなんだものなど幅広い品揃えでファンを魅了しています。

優雅な雰囲気漂うビジターセンター

優雅な雰囲気漂うビジターセンター

写真:浅井 みらの

地図を見る

春からクリスマス前の期間、アスバッハではビジターセンターがオープンします。つぐみ横丁で賑わう旧市街ではなく、新市街が広がるリューデスハイムの東側に位置し、建物の中に入ると「ワイン精神(Der Geist Des Weines)」の文字がお出迎え。良いブランデーには良いワインが欠かせないという、ワインが土台になっているこの土地らしい文面です。

ビジターセンターでは、アスバッハのブランデーが販売されています。隣接するバーカウンターでは試飲も(有料)。1か月に2〜3回ほど蒸留所の見学ツアーも実施されていて、スケジュールはホームページで確認できます。夏のハイシーズンになると満員になることもありますので、事前予約がおすすめです。

ツアーで解明!ブランデーの道のり

ツアーで解明!ブランデーの道のり

写真:浅井 みらの

地図を見る

ツアーでは最初にアスバッハの歴史を辿る映像を鑑賞します。言語はドイツ語ですが、アスバッハが販売されたばかりの広告など20世紀前半の雰囲気が伝わる映像が流れますので、映像だけでも楽しめる内容です。

ツアーで解明!ブランデーの道のり

写真:浅井 みらの

地図を見る

15〜20分ほどの映像を見たら、今度は蒸留所を見学。重厚なタンクに発酵したブドウを入れ、加熱と冷却を繰り返し、アルコール度数が高い液体を抽出していきます。

ツアーで解明!ブランデーの道のり

写真:浅井 みらの

地図を見る

アスバッハのアルコール度数は38%前後ですが、抽出されたばかりだと70%にも及び、色も無色透明です。ここから水を加えて適度な度数に調節し、樽で熟成させることでハチミツ色のブランデーに変化していきます。

人の手から離れて樽の中でブランデーが出来上がる期間も、アスバッハの職人精神に余念がありません。ドイツ国内で唯一、自社で専用の樽職人を抱え、樽に使う同じ木材でも用途によって生産地を使い分けるこだわりです。

見学後で更に味わい深くなる試飲

見学後で更に味わい深くなる試飲

写真:浅井 みらの

地図を見る

蒸留所にはブランデーが完成するまでの行程が記された案内板があり、より詳しく理解できます。手間暇かけて製造されたブランデーの長い道のりが分かったところで、ツアーは最初のショップに戻り、終了。最初に見た時に比べ、ボトル1本1本がより輝いて見えるはず。

見学後で更に味わい深くなる試飲

写真:浅井 みらの

地図を見る

ショップでは試飲もできますので、ぜひ1種類ではなく飲み比べを。熟成期間によって色の濃淡はもちろん、味もフレッシュから徐々にマイルドに変容していく過程を味わえる絶好の機会です。1本丸ごと購入するには値を張るプレミアものも試飲だとお手頃価格なので安心です。

ブランデー以外のおみやげも

ブランデー以外のおみやげも

写真:浅井 みらの

地図を見る

ショップにはブランデー以外のアスバッハの商品も並んでいます。チョコレートでアスバッハを包んだアスバッハ・プラリネは、女性でもアスバッハの味を楽しめるようにと想って誕生した人気商品です。

ブランデー以外のおみやげも

写真:浅井 みらの

地図を見る

マグカップやエコバッグなどのグッズも販売しています。様々な商品が並ぶギフトショップではコーラとアスバッハを混ぜたリキュールが売っていたり、オリジナルカクテルのレシピを公開したりと、アスバッハの楽しみ方が無限大に伝わってきます。

リューデスハイムのつぐみ横丁では、コーヒーにアスバッハを加えたリューデスハイマー・カフェ(Rudesheimer Kaffee)がご当地メニューで人気です。ぜひ訪れた際は、ワインの名産地で育まれたブランデーでほろ酔い気分になってみてはいかがでしょうか。

アスバッハの基本情報

住所:Ingelheimer Strasse 4, 65385 Rüdesheim am Rhein
電話番号:+49 6722-497345
営業時間:3/1-12/22 9:00〜17:00
定休日:日・月曜(祝日の場合は営業)
アクセス:鉄道リューデスハイム駅より徒歩25分

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/06/20 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -