食べて美しく!「美膳チャイニーズ」をストリングスホテル東京で夜景と共に

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

Belle Churakoのプロフィール写真 Belle Churako 禁煙旅行推進ライター、素敵カフェ・レストラン発掘人

何かと体調を崩しやすい季節の変わり目。こんな季節は「薬膳」の考えを取り入れた食事で、美味しく調子を整えてみませんか?品川のストリングスホテル東京インターコンチネンタルのメインダイニング「チャイナシャドー」では、その名も「美膳チャイニーズ」と題した中華料理のコースを提供。26階からの夜景のパノラマを楽しみながら、美味しく食事をいただいて、身体の中から美しくなりましょう。

26階のレストラン「チャイナシャドー」へ!

26階のレストラン「チャイナシャドー」へ!

写真:Belle Churako

地図を見る

「美膳チャイニーズ」を提供する、チャイニーズレストラン「チャイナシャドー」があるのは、品川駅直結の「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」。品川駅港南口からペデストリアンデッキを渡り、そのままホテルに入ることができます。

エレベーターで26階に上ると、そこに広がるのは6フロアの吹き抜けのロビー。このフロアには、ストリングスホテル東京インターコンチネンタルのレストラン・ラウンジ・バーが集結しています。
夜はライトアップで美しく照らされ、大人のムードが漂う場所です。手前のバーで、ディナー前に待ち合わせるのもおすすめ。

26階のレストラン「チャイナシャドー」へ!

写真:Belle Churako

地図を見る

フロアの奥にある「チャイナシャドー」は、窓に向かって開けたレストラン。窓の外にはお台場方面に広がるパノラマを、夜は素晴らしい夜景が楽しめます。おすすめは窓際の手前の席。東京方面の開けた夜景を一望できます。

26階のレストラン「チャイナシャドー」へ!

写真:Belle Churako

地図を見る

ディナー営業は17時からなので、まだ明るいうちから食前酒をいただくこともできます。ドリンクはコースとは別料金になりますが、お得な飲み放題プランなど、たくさん飲みたい方には、嬉しいサービスがありますよ。ぜひドリンクメニューをチェックしてみてください。

食べて美しくなる!その名も「美膳チャイニーズ」

食べて美しくなる!その名も「美膳チャイニーズ」

提供元:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル

https://intercontinental-strings.jp/地図を見る

中華料理というと、油分や香辛料が気になる方もいるかもしれませんが、チャイナシャドーの料理のコンセプトは『新感覚広東料理』。広東料理をベースに、中国各地の伝統料理技や味付けを活かしつつ、素材の旨みを存分に活かしたやさしい味わいが特徴です。

春の「美膳チャイニーズ」コースでは、その名の通り「美しくなる膳」−季節の変わり目に揺らぎがちな体のリズムを整え、デトックスやエイジングケア、美肌などの効果が期待できる食材をふんだんに盛り込んだ、全6品のメニューがいただけます。

彩りも盛り付けも美しく、見て楽しく、食べて美味しく、栄養バランスも取れた、満足感のあるコース構成です。それでは順番にメニューを見て参りましょう。

食べて美しくなる!その名も「美膳チャイニーズ」

写真:Belle Churako

地図を見る

前菜の「サボテン入り野菜サラダ」。アロエとサボテンの茎、そして塩味のする不思議な植物、アイスプラントをメインに、カイワレと共に梅のソースでいただきます。プチプチとカリカリの食感と共に、酸味のあるソースの味わいが食欲を掻き立てる一品です。

食べて美しくなる!その名も「美膳チャイニーズ」

写真:Belle Churako

地図を見る

続く、手長海老のパンプキンソース。海老の上に載っているのは、中華の高級食材でおなじみのツバメの巣。ソースは、カボチャ本来の甘みが活かされたもので、さらっとした味わい。ソースにに浮かぶのは百合のつぼみと、茶色いのはバクダイです。
バクダイは胖大海(はんだいかい)とも言われ、体の巡りを良くする効果があると言われています。日本料理でも茶懐石、精進料理などのお刺身のツマとしておなじみの食材です。

マイルドな味付けなのに飽きさせない構成

マイルドな味付けなのに飽きさせない構成

写真:Belle Churako

地図を見る

クコの実、若芽白菜、山牛蒡、花椎茸の蒸しスープです。野菜の出汁が優しい味わいで身体を温めてくれます。まさに「滋養」を感じるスープ。写真は山牛蒡なのですが、まったく土臭さくなく、里芋のような滑らかな食感。白菜も、形を保っているのに、口に含むとトロトロの食感になるよう絶妙に煮込まれています。

杏仁豆腐などでおなじみの、赤いクコの実。その美肌効果や健康効果の高さに最近では注目が集まっている食材です。「ゴジベリー」の名で、スーパーフードとして店頭でも見かけますね。

マイルドな味付けなのに飽きさせない構成

写真:Belle Churako

地図を見る

メインディッシュは、白身魚とサーモンのキヌア蒸し。花びらの形に盛り付けられたサーモンの間に白身魚をサンドするという二段構成。鶏ガラなどを45時間煮込んだ、チャイナシャドー名物の極上のスープの中に、魚介のエキスを抽出したアクセントを加えており、塩気はほとんどないのに、奥深い味わいを感じさせてくれます。

彩りも華やかで、サーモンの上にはザクロシロップで色付けされたキヌア。葉っぱに見立てたロメインレタスの上には、植物色素で青紫と黄色に色付けされたキヌアと、パクチーがトッピング。キヌアの味が色ごとに微妙に異なっており、ほんのわずかの違いでも味のメリハリを感じられるのが不思議な一品です。

マイルドな味付けなのに飽きさせない構成

写真:Belle Churako

地図を見る

ご飯ものは、紫蘇の葉とひじきのチャーハン。ひじきの風味に紫蘇が爽やかな味わいのチャーハンです。さらに、ここで味のアクセントになっているのはなんとコーン。コーンの甘みが旨みとして感じられます。

最後のデザートでさらに感動!夜景とディナーを締めくくり

最後のデザートでさらに感動!夜景とディナーを締めくくり

写真:Belle Churako

地図を見る

デザートは、アロエ入りココナッツミルク。タピオカを浮かべたココナッツミルクに、アロエ、イチゴ、キウイ、パイン、マンゴーといったフルーツがトッピングされています。

食べてみてびっくりするのが、このフルーツの味がとても甘く感じられることです。ここまでのコースメニューを味わう中で、日ごろの濃い味付けに慣れた舌の味覚が調整されるのでしょうか。果物の自然な甘みが、とても強く感じられるようになる瞬間には、感動を覚えますよ。

最後のデザートでさらに感動!夜景とディナーを締めくくり

写真:Belle Churako

地図を見る

チャイナシャドーの営業時間は、17:00〜21:00。乾杯のころは夕方で明るかった窓の外も、お料理をいただいているうちにすっかり日が暮れていきます。デザートや食後のお茶(別料金:ポット¥1,400 税・サービス料別)をいただくころには、夜景のきらめきを楽しめるようになりますよ。

最後のデザートでさらに感動!夜景とディナーを締めくくり

写真:Belle Churako

地図を見る

胃腸をいたわる優しい味わいが、五臓六腑にしみわたるような美味しさの「美膳チャイニーズ」。自分をいたわりたい方に、ぜひおすすめしたいディナーです。いつも頑張っているご褒美として、まばゆい夜景を楽しみながら、心も体も癒してくれるお食事をいただいてみませんか?

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル「美膳チャイニーズ」基本情報

住所:東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー26F ストリングスホテル東京インターコンチネンタル チャイナシャドー
電話番号:03-5783-1111
アクセス:JR各線、新幹線、京浜急行の品川駅港南口より徒歩1分
開催期間:2019年4月8日(月)〜 5月26日(日)
時間:17:00〜21:00(L.O. 20:30)
料金:6,500円(お一人様、税・サービス料別)

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -