ハノイの新観光名所!壁画ストリート&周辺穴場スポットはおすすめ

| ベトナム

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ハノイの新観光名所!壁画ストリート&周辺穴場スポットはおすすめ

ハノイの新観光名所!壁画ストリート&周辺穴場スポットはおすすめ

更新日:2019/04/26 16:47

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

インスタ映え&新観光スポットとして今、ベトナム女子を中心に人気を集めている場所をご存知でしょうか?それは、ハノイ旧市街の線路。ベトナム女子は線路沿いのカフェでお茶したり、アーチの鉄道橋に描かれたトリックアートを前に撮影したり、さらには線路内に立ち入ってインスタ映えの写真を撮ったりと大忙し。そこで、ハノイで穴場の観光スポットをご紹介。ハノイ観光の新たなモデルコースに組み入れてみてはいかがでしょうか?

ハノイ観光は“線路”がおすすめ!線路ウォーキングが人気

ハノイ観光は“線路”がおすすめ!線路ウォーキングが人気

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ハノイ観光は今、“線路”がおすすめ。ハノイ駅とロンビエン駅の間は、ほとんど電車が通らないため、線路沿いにカフェやレストラン、お土産ショップが建ち並び、線路内ウォーキングで賑わっています。

また、アーチの鉄道橋に描かれたトリックアートを前に、インスタ映えの写真を撮るベトナム女子も多く、新たな観光スポットとして人気を集めています。

ハノイ観光は“線路”がおすすめ!線路ウォーキングが人気

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ハノイ観光といえば、人気のスポットが集まる「ハノイ旧市街」がおすすめ。“ハノイ36通り”とも呼ばれ、レトロな街並みや路地が多く残っています。お土産店がひしめき、お買い物が楽しめるスポット。

写真は、ハノイ大教会が目の前にある「ニャートー通り(Nha Tho)」。沿道には、かわいいベトナム土産が見つかります。おしゃれなカフェも多く、外国人観光旅行者に人気。こうしたストリートが、ハノイ旧市街では多く見られます。

ハノイ観光は“線路”がおすすめ!線路ウォーキングが人気

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

しかし、道だけでなく、“線路”のストリートもおすすめ。ご覧のように、あたかも普通の道路のように人々は線路を歩き、線路沿いのカフェでくつろいでいます。

ハノイ旧市街の外側に沿って、西から北へと伸びているのが、ハノイ駅とロンビエン駅を結ぶ線路。

しかし、線路沿いにカフェやレストラン、お土産ショップまでもが出現しています。これは、両駅間を散策するベトナム人や外国人観光旅行者が増えてしまったため。

<基本情報>
住所:Dien Ban Hoan Kiem
アクセス:ハノイ駅から徒歩約5分

ハノイの新インスタ映えスポット!フンフン通りの壁画ストリート

ハノイの新インスタ映えスポット!フンフン通りの壁画ストリート

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ハノイの“線路内観光”に火をつけたのが、こちらのアート。ハノイ旧市街の北端に位置するロンビエン駅付近では今、“壁画ストリート”が人気を集めています。

これは、石積みのアーチの鉄道橋に描かれた壁画。

ハノイの新インスタ映えスポット!フンフン通りの壁画ストリート

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

壁画の場所は、「フンフン通り(Phung Hung)」。写真は、電車の高架橋を“壁画ストリート”として再生したもの。

トリックアートのような立体的な壁画もあり、多くのベトナム人女性やカップル、子供を連れた家族連れが、インスタ映えの写真をねらって賑わっています。

ハノイの新インスタ映えスポット!フンフン通りの壁画ストリート

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

壁画には、古き良き時代のハノイも描かれ、ベトナムの生活や歴史を知らなくても、なぜかノスタルジックな気分に浸ることができます。観光で訪れ、記念写真を撮るのもおすすめ。

子供や女子に人気!絵画ストリートでフォトジェニックな写真

子供や女子に人気!絵画ストリートでフォトジェニックな写真

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

“観る”だけでなく、壁画ストリートの楽しさは、その前に人が立つと、絵と一緒に写りこんだような写真が撮れること。ベトナムの子供たちにも人気のスポットです。

子供や女子に人気!絵画ストリートでフォトジェニックな写真

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

レトロな街並みが描かれた壁画。その前には街灯のオブジェが置かれています。立体的な絵画アートもあり、その前に人が立つと、絵と一体化した写真を撮ることができます。

子供や女子に人気!絵画ストリートでフォトジェニックな写真

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

これらの壁画は、ベトナムと韓国の友好条約を記念し、両国の美術家たちが共同で制作したアート作品。不思議な世界が広がり、インスタ映え抜群のスポット。

ハノイの美術スポットを前に、美しいドレスやアオザイ姿で撮影するのもおすすめです。

<基本情報>
住所:Phung Hung
アクセス:ロンビエン駅から徒歩約5分

お花のストリートも!ハノイ駅、ロンビエン駅も撮影ポイント

お花のストリートも!ハノイ駅、ロンビエン駅も撮影ポイント

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

壁画ストリートの近くには、“ハンルオック(Hang Luoc)通り”と呼ばれるストリートがあり、お花屋さんが集まった穴場の場所。

ランやブーゲンビリア、ガーベラ、ハイビスカスといった、南国の花が売られています。

ハノイ旧市街地の楽しみ方は、お買い物だけではありません。“見て楽しむ”お花のストリートもおすすめ。線路観光とあわせて、こちらも立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

<基本情報>
住所:Hang Luoc , Hanoi
アクセス:ロンビエン駅から徒歩約7分

お花のストリートも!ハノイ駅、ロンビエン駅も撮影ポイント

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ところで、写真がベトナム国鉄の「ハノイ(Hanoi)」駅。ホーチミンまで約1700キロメートル(青森〜博多間の距離)を結ぶ「南北統一鉄道」の発着駅。

ディーゼル機関車に乗って南下し、フエやダナン、ホイアン、ニャチャンを経て、ホーチミンまでのんびり旅を続けるのもおすすめ。

ハノイ駅でも、列車の進行を妨げなければ線路内に立ち入ることができ、写真を撮ることができます。鉄道写真の撮影に命をかけている「撮り鉄」にはたまらない。

<基本情報>
住所:Le Duan, Ha Noi
電話番号:+84-4-3942-3949
アクセス:ハノイ駅

お花のストリートも!ハノイ駅、ロンビエン駅も撮影ポイント

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ハノイ駅から約2キロメートル離れた隣駅が、写真の「ロンビエン(Long Bien)」駅。こじんまりとしたローカルな駅です。レトロな駅は、インスタ映え抜群のスポット。

ディーゼル機関車を背景に、美しいアオザイ姿で撮影するのもおすすめ。壁画ストリートとあわせて、フォトジェニックな写真を撮ってみてはいかがでしょうかか?

<基本情報>
住所:Tran Nhat Duat, Hanoi
アクセス:ロンビエン駅

名物グルメやスイーツも!ロンビエン駅周辺の穴場スポット

名物グルメやスイーツも!ロンビエン駅周辺の穴場スポット

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ベトナム料理といえば、フォーやブンチャー。スイーツのチェーも人気。しかし、ロンビエン駅周辺で、ローカルなスイーツやハノイの名物料理を味わってみてはいかがでしょうか?

ロンビエン駅に近い、穴場のスイーツ店が「ズオン・ホア(Duong Hoa)」。観光旅行者の姿はほとんどなく、地元のベトナム女子に人気のあるスイーツ店です。

左は「ココナッツアイス」(Kem Dua)で、右が「ケムカラメン(Kem Caramen)」と呼ばれるベトナムプリン。どちらもお値段は7万ドン(約340円)。

<基本情報>
住所:Hang Than
電話番号:+84-97-931-4123
アクセス:ロンビエン駅から徒歩約5分
営業時間:10時〜23時

名物グルメやスイーツも!ロンビエン駅周辺の穴場スポット

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ハノイ旧市街地で生まれた名物鍋料理が「チャーカー」(Cha Ca)。ロンビエン駅に近い場所には、チャーカーの店が集まり、その一つが「チャーカーラヴォン店(Cha Ca La Vong)」。

チャーカーというのは、「揚げた(チャー)魚(カー)」という意味。ナマズ科の淡水魚をターメリックなどで味付け。ネギなどと一緒に炒め、ブン(米麺)と一緒に食べます。

<基本情報>
住所:Cha Ca Hang Dao
電話番号:+84-24-3825-3929
アクセス:ロンビエン駅から徒歩約7分
営業時間:11時〜14時、17時〜21時
料金:約20万ドン(約1000円)〜

名物グルメやスイーツも!ロンビエン駅周辺の穴場スポット

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらも珍しい、穴場の名物料理で、“フォーチェン(Pho Chein)”と呼ばれる麺料理。細かく切る前の、平らな麺をそのまま揚げたフォーです。

野菜や牛肉を醤油ベースで炒め、とろりとしたあんかけと一緒に食べるのですが、これがおいしい。揚げたフォーが、おかきのようにサクサク。

ロンビエン駅から北のエリアには、風変わりのフォー(Fho)が食べられる店が集まったエリア(グーサー通り)があります。

その中でも、地元に人気のお店が「フォークォン31(Pho Cuon31)」。料金は6万5000ドン(約310円)。フォーやブンチャーだけでなく、こちらもぜひ味わっていただきたい。

<基本情報>
住所:31 Ngu Xa
電話番号:+84-24-3715-3679
アクセス:ロンビエン駅から徒歩約10分
営業時間:9時〜23時

線路では、“電車”が優先!線路観光はお気をつけて

ご紹介した壁画ストリート&周辺穴場スポットはいかがだったでしょうか?

線路ウォーキングですが、ハノイ駅からロンビエン駅までの線路を歩く人は少なく、ほとんどの観光客は、ショッピングスポットの「ハンザギャラリア(Cho Hang Da)」や「グエン・クアン・ビッチ通り(Nguyen Quang Bich)」付近の線路沿いのカフェやレストランで線路ウォーキングを楽しんでいます。

線路沿いには美容院もあり、線路の上を歩いていかなければアクセスすることができません。しかし、ここは廃線ではなく、正式な営業線路。一日に数本の電車が運行しているので、電車を見かけたら電車を優先し、線路のわきに避難しましょう。

なお、ハノイ旧市街でのモデルコースやショッピングスポット、名物グルメや人気レストラン、ハノイ観光での穴場&ディープなスポットなどについては別途、記事にまとめていますので、ご興味のある方は関連MEMOに張り付けたリンクからのぞいてみて下さい。

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/03 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -