兵庫にもアルプスが!?加西アルプス 岩稜登山でプチ・アドベンチャー

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

兵庫にもアルプスが!?加西アルプス 岩稜登山でプチ・アドベンチャー

兵庫にもアルプスが!?加西アルプス 岩稜登山でプチ・アドベンチャー

更新日:2019/04/22 10:08

SHIZUKOのプロフィール写真 SHIZUKO 舞台演出者
ヨーロッパ大陸を横切るアルプス山脈にあやかって、日本各地には、ご当地アルプスと名付けられた山々がたくさんあります。アルプスのアルプとは岩山の意味。岩稜帯なので、遮るものがなく、眺望がすばらしいことが多く、変化にとんだ風景を楽しめるので大人気。播磨と呼ばれる兵庫県の南西部には、標高300メートルほどの登りやすい岩稜帯が続く山が多くあります。中でも人気の加西市の加西アルプスに行ってみましょう。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

田園風景の向こうに

田園風景の向こうに

写真:SHIZUKO

地図を見る

兵庫県加西市にある加西アルプスは「善望山251メートル」「笠松山244メートル」の2座を繋ぐ、コースタイム3時間30分のトレッキングコース。

標高は低くても、岩場が多く、途中には吊り橋があり、山肌に刻まれた巨大な磨崖仏とのご対面など、変化に富んだプチ・アドベンチャーが楽しめます。本格的に日本アルプスを目指す人も、ファミリーで気軽にチャレンジするにも、もってこいのコースです。

田園風景の向こうに

写真:SHIZUKO

地図を見る

スタートは北条鉄道播磨下里駅。駅を降りると、目の前にドーンと善望山から笠松山へと続く山塊を見渡すことが出来ます。今から登る山の全体を見渡せることは少ないので、この眺望は、このコースのおすすめポイント。のどかな播磨平野の田園地帯ならでは。

田園風景の向こうに

写真:SHIZUKO

地図を見る

加西アルプスへの登山口は3箇所あります。お勧めは、本丸登山口。ため池のそばを通り抜け、登り始めましょう。登山口の標識が小さいので、見つけ損ねないように注意しましょう。

しばらくは竹藪やシダの生い茂る道ですが、岩場を登るようになると一気に展望が開けます。

善防山城のあった善防山

善防山城のあった善防山

写真:SHIZUKO

地図を見る

まず、目指すは善防山。かつて山城があった場所。

見えているのは偽ピークや第二ピークと呼ばれるとんがりで、善防山のピークは右に見えています。

善防山城のあった善防山

写真:SHIZUKO

地図を見る

善防山城は、室町時代に激しい戦いの場となりました。嘉吉の乱(1441年)で、将軍・足利義教の暗殺に成功した赤松則繁でしたが、その後、山名氏の攻撃を受け、山城に籠ります。いよいよ攻め込まれるという時に、敵勢が山を登ってこられないように、竹の皮に油を塗り、山肌に敷き詰めたのですが、作戦失敗。火を放たれ、一気に燃え尽き、陥落してしまったという悲しいエピソードが残っています。

その合戦はすさまじく、明治初期まで、山に白骨が残っていたといわれています。

善防山城のあった善防山

写真:SHIZUKO

地図を見る

善防山のピークを過ぎると、目指す笠松山の姿も見え始めます。ピンピンと尖がったピークがいっぱいあるので、どれがどの山かなかなか判別しにくいですが、絵に描いたような風景を楽しみましょう。

吊り橋の向こうに巨大な磨崖仏

吊り橋の向こうに巨大な磨崖仏

写真:SHIZUKO

地図を見る

道が下り始めると、善防山と笠松山を繋ぐ吊り橋が見え始めます。けっこう急な下りなので、滑らないように注意して進みます。

吊り橋の向こうに巨大な磨崖仏

写真:SHIZUKO

地図を見る

吊り橋を渡ると、鎖がついている大きな岩場。ええーっ!と思うでしょうが、大丈夫です。雨でぬれていなければ、靴と地面の摩擦で、確実に登れます。でも、そんなドキドキがこのコースの魅力です。アドレナリン全開で進みましょう。

吊り橋の向こうに巨大な磨崖仏

写真:SHIZUKO

地図を見る

少し回り込んだ岩場の正面に巨大な摩崖仏。

自分の足で歩いた人だけが見ることのできるありがたい仏様。こんなところに彫られている意味を考えつつ、笠松山を目指しましょう。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

傘の形の笠松山の展望台

傘の形の笠松山の展望台

写真:SHIZUKO

地図を見る

直線距離ではすぐそこのように見える笠松山ですが、岩場をめぐる登山道はぐるっと回り込みながら進まなくてはなりません。きっと岩場歩きにも慣れてきたころ。水平移動より、岩をよじ登るプチ・アドベンチャーが楽しくなってくるに違いありません。

傘の形の笠松山の展望台

写真:SHIZUKO

地図を見る

長石(おさいし)と呼ばれる、加工が容易な凝灰岩の石切り場が見えるようになってくると、笠松山の山頂も間近。

眼下に見える垂直に切り取られた石切場の風景は、まさに映画の世界。今はフリークライミングのゲレンデとなっています。

傘の形の笠松山の展望台

写真:SHIZUKO

地図を見る

笠松山の頂上には笠を広げたような立派な展望台があります。最後の急登は頑張りどころ。けっこうな斜度を登り切れば、360度の絶景があなたのものに。

期待を胸に登り切ってください。登った先でランチタイム兼しっかり休憩を取りましょう。

古法華自然公園の石仏群

古法華自然公園の石仏群

写真:SHIZUKO

地図を見る

2つのピークをめぐる加西アルプスを楽しんだ後は、古法華自然公園に向かって下山開始。

ユーモラスな石仏がズラーっと並ぶ、良質の石が名産品のこの地ならではの風景に出会えます。丸々と可愛い石仏は、地元の方々が石彫されたものです。

古法華自然公園の石仏群

写真:SHIZUKO

地図を見る

七福神もいらっしゃいます。ここは、古法華自然公園にある古法華寺。車で登ってこれらるので、ここから笠松山の展望台に行くこともできます。

古法華自然公園の石仏群

写真:SHIZUKO

地図を見る

実は、さっき渡った吊り橋は、この園内を横切っているもの。なーんだって思うけど、見える景色は登った人だけのもの。吊り橋を見上げても、風景は全く違います。

園内は散策路が整備されているので、ゆったり巡るもよし。一気に下山するもよし。その時の体調で、決めて下さい。

加西アルプスおすすめポイント

登山口まで公共交通機関でアクセスできるので、ちょっと思いついて行ってみようという時にも便利。

標高の低い里山ですが、なんといっても変化に富んだ登山道はワクワクの連続です。岩場をよじ登ったり、ちょっとスリリングな鎖場もあったり。いくつかのとんがりピークを越えていくので、縦走気分も満たしててくれます。

夏場は日陰がないのでお勧めできないルートです。風が気持ちいい季節にぜひ、登ってみてください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -