四国屈指のシャクナゲ園・徳島のローディーの森とツツジの絶景・志貴岳

| 徳島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

四国屈指のシャクナゲ園・徳島のローディーの森とツツジの絶景・志貴岳

四国屈指のシャクナゲ園・徳島のローディーの森とツツジの絶景・志貴岳

更新日:2019/04/22 02:33

春野 公比呂のプロフィール写真 春野 公比呂 歴史研究家、郷土文筆家、郷土登山家

気品ある姿から「森の女王」と言われるシャクナゲですが、株数2,500、種類が250に及ぶ四国随一のシャクナゲ・スポットが徳島県つるぎ町の山の斜面にある「ローディーの森」。4月中旬から5月半ば、山はカラフルに染まります。
その近くにそびえる無名峰、志貴岳(1073m)はミツバツツジが群生しており、ハイキング程度で登れる山頂からは絶景が広がります。観光とハイキングで花旅をお楽しみ下さい。

緑に映える原色のシャクナゲ群・ローディーの森

緑に映える原色のシャクナゲ群・ローディーの森

写真:春野 公比呂

地図を見る

ローディーの森は、徳島県最高峰・剣山の表登山口に通じる国道438号の側、標高300m前後の地にあります。国道からは幅員の狭い道路を辿りますが、森の駐車場に来ると視界が開け、別世界が展開します。花期の休日はほぼ満車状態ですから、朝早く(特にゲート等はなし)やお昼時を狙った方がいいかも知れません。

シャクナゲは駐車場の上と下、約70アールの斜面に広がっており、自然の山に咲く淡いピンクのシャクナゲや各種西洋シャクナゲの中を遊歩道が縫うように走っています。手前に写る群生の白い花はシャガですが、この花も貴婦人的容姿をしています。

緑に映える原色のシャクナゲ群・ローディーの森

写真:春野 公比呂

地図を見る

シャクナゲを自然の森や山で目にする機会がない方は、一般的な淡いピンクの種類に目がいくかも知れませんが、自然の山ではお目にかかれない真っ赤なシャクナゲは緑に映えます。背後に見える一宇集落は「天空の村」的雰囲気さえあります。その北西背後の山が志貴岳(しきだけ)なのです。

緑に映える原色のシャクナゲ群・ローディーの森

写真:春野 公比呂

地図を見る

黄色いツツジは自然の山や岸辺で見ることがありますが、それより色が濃い黄色いシャクナゲは西洋の園芸品種。緑によく映えるよう、色が濃くなっています。

悲しき花・クマガイソウ

悲しき花・クマガイソウ

写真:春野 公比呂

地図を見る

真っ赤なシャクナゲは一、二本ほどアップにしてみるとバラのように見え、インスタ映えします。バックの濃いピンクのシャクナゲも真っ赤なシャクナゲを引き立てます。

悲しき花・クマガイソウ

写真:春野 公比呂

地図を見る

園の中にはラン科クマガイソウも植栽されています。「クマガイ」の名称は源平の一の谷の戦いで、意に反して自分の息子と同い年位の平敦盛(あつもり)を討ち取らざるを得なかった熊谷直実から来ています。因みに形が似た「アツモリソウ」は平家の赤い色をしており、クマガイソウは源氏のように白っぽい色です。平家物語を思い浮かべながらこの花を見ると、また違った趣を感じられます。

悲しき花・クマガイソウ

写真:春野 公比呂

地図を見る

スタンダードな種類のシャクナゲに交じって朱色のオンツツジのような花も咲いています。園は広いので、色んな発見があるかも知れません。

<ローディーの森の基本情報>
住所:徳島県美馬郡つるぎ町一宇字蔭
電話番号:0883-62-3114(つるぎ町商工観光課)
アクセス:つるぎ町役場から国道438号を剣山方面へ車で約20分。数台分の無料駐車場あり。園内自由

ピンクのツツジは愛ある印!

ピンクのツツジは愛ある印!

写真:春野 公比呂

地図を見る

志貴岳の最短コース登山口は、宇峠の上り口でもあります。国道438号の前身の郡道が明治42年に開通するまで、利用されていた古道です。一宇の赤松集落にある宝珠寺を過ぎて少々行った所のY字路手前が登山口になるので、路肩に駐車します。

涸れ沢の東岸を登って行きますが、畑付近の踏み跡が若干不明瞭な箇所は、畑沿いを北から北東へと登ればすぐ明瞭な峠道が現れます。
標高910mの鞍部が宇峠ですが、かつてあった仏堂は倒木(写真上部)によって倒壊したため、撤去されており、その向かいの石仏群が峠の存在を今に伝えています。

ピンクのツツジは愛ある印!

写真:春野 公比呂

峠を過ぎてほどなくすると、植林は姿を消し、自然林となり、ピンクのミツバツツジが現れるようになります。自然の花木のため、残念ながら登山者には「顔」を向けてくれません。それでもその存在自体が愛らしいもの。

ピンクのツツジは愛ある印!

写真:春野 公比呂

しかし登るに連れ、ミツバツツジが次々と現れるようになると、目線の高さではないものの、「顔」を向け、挨拶してくれます。

お一人様用絶景・志貴岳

お一人様用絶景・志貴岳

写真:春野 公比呂

更に高度が上がるとツツジが沢山現れるようになり、道の両側にも咲き、華やぎます。

お一人様用絶景・志貴岳

写真:春野 公比呂

地図を見る

登山口から僅か1時間半弱で山頂。山頂周辺は痩せ尾根でスペースも狭いことから、「お一人様用山頂」とでも言いましょうか。地図に山名が載っていないこの山で他の登山者に出くわすことは稀なので、山頂とパノラマを独り占めすることができます。

お一人様用絶景・志貴岳

写真:春野 公比呂

地図を見る

山頂周辺にもミツバツツジは咲いていますが、徳島県随一の山系、剣山系を一望する絶景を心ゆくまで楽しみたいものです。
帰路は尾根の分岐に注意して下山して下さい。

<志貴岳の基本情報>
所在地:徳島県美馬郡つるぎ町一宇、同町半田、同町貞光の境界
アクセス:車でローディーの森上り口から国道を西方に進んで県道304号に入り、一宇井戸端ふれあい館先のT字路とその先のT字路を右折し、反転して上る。大宗集会所のある三差路を右折した所が宝珠寺で、そこの集落を抜けると登山口

該当の国土地理院地形図:阿波古見(あわこみ)
※道中、道標は一切ないので、登山初心者は経験者と一緒に登るようにしてください。

国道438号沿いの山は花尽くし

徳島県内には他にも標高が高い所にシャクナゲの名所はありますが、国道のすぐ側にあり、観光客が気軽に立ち寄ることができるローディーの森は今後、県外にも知られていくことでしょう。西洋の園芸品種を多く植栽しているものの、立地や周辺の景観からまるで自然のシャクナゲの森のように見えます。
また、花期には駐車場横でシャクナゲの苗木も販売していることから、観光の思い出を家に持ち帰り、育てることもできます。

志貴岳は無名峰でありながら、全体的に登山道は明瞭でヤブもなく、短時間で登れる山です。花期はローディーの森と重なる期間があるものの、概ね4月下旬から5月上旬と見ておけばいいでしょう。但し、気温の変化により若干変動します。

旅行の初日、この二ヶ所で花や絶景を堪能し、国道438号を南下して剣山麓で宿泊し、翌日、登山リフトを利用して剣山に登れば、充実した山岳観光になるでしょう。西日本第二位の高峰、剣山も「花の百名山」に指定されているほど、花の多い山です。詳細は「関連MEMO」の「日本一のキレンゲショウマ群落と雲上登山〜徳島県・剣山〜」を参照下さい。

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -