北品川「翡翠原石館」原石くりぬき風呂は日本で唯一!

北品川「翡翠原石館」原石くりぬき風呂は日本で唯一!

更新日:2019/08/03 10:53

麻生 のりこのプロフィール写真 麻生 のりこ 元観光バスガイド、ご当地マンホーラー
東京・北品川の「翡翠原石館」では、大小さまざまな翡翠の原石を見ることができます。なかでも数十トンもの翡翠の原石をくりぬいて造られた浴槽は必見! 床も給湯口もすべて同じ石からできたものなんです。
館内では原石のほかに、それらを加工した装飾品などを多数展示しています。入館料はスリランカ紅茶のサービス込み。美味しい紅茶を飲みながら、翡翠に囲まれてみませんか?
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

それはまるで翡翠の館

それはまるで翡翠の館

提供元:翡翠原石館

http://www.hi-su-i.com/access/index.html地図を見る

JR品川駅から南南西方向へ約1.2キロ。ミャンマー大使館のすぐそばに建つ「翡翠原石館」では、その名の通り各地から集められた翡翠の原石を見ることができます。
目印は、勾玉が描かれた看板と白い外観。建物の入り口には新潟県糸魚川産の大きな翡翠原石が置かれ、入る前からワクワク。

それはまるで翡翠の館

写真:麻生 のりこ

地図を見る

館内1階では、ご覧のように緑濃い翡翠の原石などがあちこちに見られます。一般的に翡翠の色といえば緑色が有名ですが、それ以外にもラベンダーや白、青など色味豊か。橙色や赤橙色のものもありますが、日本では産出されていないんですよ。

それはまるで翡翠の館

提供元:翡翠原石館

http://www.hi-su-i.com/access/index.html地図を見る

ロビーに展示されている原石は「石」というよりも「岩」と呼びたくなるような大きさ。ガラス窓を隔てた中庭にも、岩クラスの原石が惜しげもなく飾られています。

でもこれだけではないんです。この奥にはもっと大きな翡翠の原石から造られた浴槽が!

必見!翡翠原石くりぬき風呂

必見!翡翠原石くりぬき風呂

写真:麻生 のりこ

地図を見る

その場所へ行くための廊下も、両側に翡翠の原石がズラリ! 突き当りのものは新潟県青海産のラベンダー翡翠の原石です。ピカピカと光っている飛び石も翡翠。滑らないように気をつけてくださいね。

必見!翡翠原石くりぬき風呂

提供元:翡翠原石館

http://www.hi-su-i.com/access/index.html地図を見る

突き当たり右側の扉を開けると、そこは広々としたバスルーム。手前に脱衣所や手洗いがあり、翡翠の原石をくりぬいた浴槽はその奥に。逸る心を抑え、まずは脱衣所を見てみましょう。

赤褐色をし木目が美しい分厚い床板は、高級家具等に用いられるマホガニーの一枚板。どれくらいの厚さかは実際に確かめてみて! 手洗いボウルも翡翠の原石をくりぬいて造ったものです。

必見!翡翠原石くりぬき風呂

提供元:翡翠原石館

http://www.hi-su-i.com/access/index.html地図を見る

そして、お待たせしました。こちらが日本で唯一の翡翠原石くりぬき風呂です。
全国各地の宿泊施設等にある翡翠風呂の多くは、板状にした翡翠原石を浴槽に貼り付けたものですが、翡翠原石館では重さ数十トン、畳3帖分の原石をぐるりとくりぬいて浴槽にしました。
床や壁、給湯口も同じ原石から造られたもの。そのスケールの大きさには、ただただ圧巻!

このお風呂ですが実際に使用可能で、館長ご一家が慶事の際など年数回入浴しています。翡翠は熱の伝わりが遅いため、70℃近いお湯を注ぎ適温になるのを待つそう。
気になる浴槽の大きさは、女性であれば入り足を伸ばしても、足元には充分余裕があります。深さ・奥行もたっぷり。

古代の姫を描いたモザイク壁画

古代の姫を描いたモザイク壁画

提供元:翡翠原石館

http://www.hi-su-i.com/access/index.html地図を見る

バスルームの向かい、1階廊下の左側はギャラリーです。中央には翡翠以外の宝飾品が、周囲にはやや小ぶりな原石各種などが展示されていて、本物と偽物の翡翠を見比べることもできます。館長自らが削った勾玉を作り方とともに見ることも。

古代の姫を描いたモザイク壁画

写真:麻生 のりこ

地図を見る

吹き抜けのロビーには『古事記』に登場する「奴奈川姫(ヌナガワヒメ)」を描いたモザイク壁画が飾られています。
壁画に使用した鉱物は、翡翠をはじめ大理石やメノウなど40〜50種類、計10万個以上。それぞれの石の色を活かし117色が使われています。手前に置かれた翡翠原石と一緒に、ご覧ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

翡翠を感じるティータイムは2階で

翡翠を感じるティータイムは2階で

写真:麻生 のりこ

地図を見る

壁画脇の階段を上がった2階はショールームのような雰囲気。原石から彫られた美術工芸品や、ミャンマー産の緑色ヒスイ輝石岩などを陳列しています。壺や多層棟の彫刻の細かさに魅入ってしまいそう。

翡翠を感じるティータイムは2階で

写真:麻生 のりこ

地図を見る

同館の入館料はスリランカ紅茶のサービス込み。翡翠に囲まれた中でのティータイムは、ちょっとした贅沢気分。

翡翠を感じるティータイムは2階で

写真:麻生 のりこ

地図を見る

紅茶をいただく際には、こちらの椅子でどうぞ。ひんやりと冷たい感触のチェアパッドは、なんと翡翠の丸玉を繋ぎ合わせたもの。お尻を通して翡翠のパワーがいただけるかもしれませんね。見て感じて。翡翠を堪能できる空間です。

お守り代わりに勾玉はいかが?

お守り代わりに勾玉はいかが?

写真:麻生 のりこ

地図を見る

受付では翡翠の原石や、小振りのアクセサリーのほか工芸品を販売中。翡翠以外に、ラピスラズリや水晶などのアクセサリーも並んでいます。勾玉のペンダントや値付けなどを、お守り代わりにと買い求める方も。

お守り代わりに勾玉はいかが?

提供元:翡翠原石館

http://www.hi-su-i.com/access/index.html地図を見る

古代には勾玉として使われ、各地の古墳からも副葬品として出土された翡翠ですが、奈良時代以降、ぷっつりと利用が途絶えました。
その翡翠が日本国内で発見されたのは戦前のこと。しかし世間に発表されたのは昭和25年(1950年)で、地質学的に見た結果、2016年に日本の国石に選ばれました。

御殿山公園から徒歩約3分。御殿山通り沿いに建つ翡翠原石館の道路を隔てた東側には2号館を建設中です。こちらも楽しみですね。
なお、世界的な翡翠の産出国であるミャンマーの大使館近くにあるのは偶然です。

翡翠原石館の基本情報

住所:東京都品川区北品川4-5-12
電話番号:03-6408-0313
アクセス:
JR品川駅より徒歩約17分(1.2キロ)
京急北品川駅より徒歩約10分(0.6キロ)
開館時間:10:00〜17:00
入館料:700円(スリランカの紅茶サービス付き)
休館日:月曜日・翌祭日

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -