GWに無料日有り!長野・アルプスあづみの公園はチューリップが見頃

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

GWに無料日有り!長野・アルプスあづみの公園はチューリップが見頃

GWに無料日有り!長野・アルプスあづみの公園はチューリップが見頃

更新日:2019/04/23 15:49

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

国営アルプスあづみの公園は毎年GWに無料日が複数有り、2019年は改元記念で無料日が3日間に増えます。駐車場も無料なので、GWの旅行に断然おすすめ。北アルプスや安曇野の、美しい自然環境を存分に満喫出来ます!
あづみの公園は2つの地区に分かれ、堀金・穂高地区ではGW前半までチューリップが見頃、大町・松川地区ではシャクナゲやツツジが見頃です。無料開放日も共通なので、両方訪れましょう!

アルプスあづみの公園はチューリップが見頃!

アルプスあづみの公園はチューリップが見頃!

写真:藤田 聡

地図を見る

国営アルプスあづみの公園は、春のチューリップと冬のイルミネーションの名所です。全国の国営公園では、無料開放日が年に数回ありますが、あづみの公園は毎年GWに無料日が2日間有るので、GWの旅行に断然おすすめのレジャースポットです!

2019年は5月3日と4日が無料開放日。さらに令和への改元記念で5月1日も無料開放されます。国営公園の無料開放は入場料金のみで駐車場は有料のままですが、あづみの公園はもともと駐車料金が無料なので、完全に無料で楽しめます!

アルプスあづみの公園はチューリップが見頃!

写真:藤田 聡

地図を見る

国営アルプスあづみの公園は2つの地区に分かれており、チューリップの名所は堀金・穂高地区。チューリップの例年の見頃は4月中旬から4月下旬なので、GW前半なら十分に間に合う時期です。

安曇野の大自然にチューリップが映える!

安曇野の大自然にチューリップが映える!

写真:藤田 聡

地図を見る

国営アルプスあづみの公園堀金・穂高地区で、チューリップの名所は田園文化ゾーンと呼ばれるエリア。穂高口を入ってすぐの場所では、様々な色のチューリップが一面に咲いており絶景です!

安曇野の大自然にチューリップが映える!

写真:藤田 聡

地図を見る

チューリップは色別に植える場合と、各色混合して植える場合がありますが、色が混ざっている方がカラフルな印象でインスタ映えを狙えます。チューリップだけでも美しいのに、周囲が安曇野の大自然ですから、本当に素晴らしい花の光景です!

中央口から入った人は、このチューリップ畑まで来ない可能性もありますが、穂高口前のチューリップも是非チェックして下さい!なお花畑は毎年進化しているので、毎年少しづつ異なった光景になります。

チューリップの植栽に国営公園のノウハウを活用

チューリップの植栽に国営公園のノウハウを活用

写真:藤田 聡

地図を見る

国営アルプスあづみの公園堀金・穂高地区の中央口を入った場所では、チューリップが色別に植えられています。チューリップ畑の中には所々に枯れ木がありますが、これは桜が散り終わったもの。GWに桜は見られませんが、この光景を見れば桜の時期にも来てみたくなるに違いありません!

チューリップの植栽に国営公園のノウハウを活用

写真:藤田 聡

地図を見る

日本を代表するチューリップの名所といえば、国営昭和記念公園です。あづみの公園も同じ国営公園なので、チューリップの間に青紫のムスカリを配置するなどノウハウは共通。まさに遜色のない絶景です!

チューリップと北アルプスがコラボ!

チューリップと北アルプスがコラボ!

写真:藤田 聡

地図を見る

あづみの公園のチューリップは、北アルプスとコラボします。葉桜になった桜が北アルプスの眺めを邪魔する場所もありますが、桜の時期には一層素晴らしいだろうと容易に想像出来ます!

チューリップと北アルプスがコラボ!

写真:藤田 聡

地図を見る

あづみの公園は開放的な公園なので、晴天の日には日差しが辛く感じられるのも事実。みなさん木陰や東屋を適宜有効に活用して休憩しています。東屋から見ると屋根が額縁効果を発揮して、チューリップと北アルプスのコラボが一層印象的に見えます!

チューリップと北アルプスがコラボ!

写真:藤田 聡

地図を見る

今回はあづみの公園のチューリップを中心に紹介しましたが、同じ堀金・穂高地区でも里山文化ゾーンと呼ばれるエリアには、一面に菜の花畑が広がっています。

また公園内には遊具もあり、子供達が楽しそうに遊んでいます。写真の遊具は体重の問題もあって子供専用ですが、大人が見ても羨ましくなる程、楽しそうです!

大町地区ではシャクナゲが見頃!

大町地区ではシャクナゲが見頃!

写真:藤田 聡

地図を見る

国営アルプスあづみの公園は、チューリップがある堀金・穂高地区の他にも大町・松川地区があり、両者は車で30分程離れた場所にあります。それでも同じ公園なので、当日は両方の公園を利用出来ますし、無料開放日も共通になっています。

GWの大町・松川地区では、ツツジやシャクナゲが品種毎に順次咲いて見頃が継続します。また2019年はスイセンの開花が遅かったので、4月中はスイセンも楽しめそうです。

大町地区ではシャクナゲが見頃!

写真:藤田 聡

地図を見る

国営アルプスあづみの公園大町・松川地区は、センターゾーン・保全ゾーン・林間レクリエーションゾーン・渓流レクリエーションゾーン・自然体験ゾーンの5つのエリアに分かれています。名前からも分かる通り、自然の中でアクティブに楽しむ公園になっており、堀金・穂高地区とは全く違う雰囲気です。

安曇野の森の自然をゆっくりと楽しむなら、写真の空中回廊がおすすめ。回廊からツツジが一番咲いている所を探して、後で歩いて行きましょう!

アルプスあづみの公園チューリップの基本情報

住所:長野県安曇野市堀金烏川33-4 堀金・穂高地区
電話番号:0263-71-5511
例年の見頃時期:
チューリップ:4月中旬〜4月下旬(田園文化ゾーン)
菜の花:4月下旬〜5月上旬(里山文化ゾーン)
シャクナゲ・ツツジ:4月下旬〜5月中旬(大町・松川地区)
GW中の入園無料日:2019年5月1日(水)、5月3日(金)、5月4日(土)
駐車場と中学生以下の入園料は常時無料
アクセス:JR大糸線穂高駅からあづみの周遊バス13分、堀金・穂高地区下車すぐ

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -