空に近づく道〜ダイナミックな景観が魅力 磐梯吾妻スカイライン

| 福島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

空に近づく道〜ダイナミックな景観が魅力 磐梯吾妻スカイライン

空に近づく道〜ダイナミックな景観が魅力 磐梯吾妻スカイライン

更新日:2014/04/28 14:14

右肩のプロフィール写真 右肩

磐梯吾妻スカイラインは、福島県福島市の高湯温泉から浄土平を経て土湯峠に至る、全長28.7km、平均標高1,350m(最高地点標高1,622m)という高所を走る山岳観光道路です。

森林の中を登り、空を横目に山肌に沿って進み、荒涼とした高原へ進む景色の移り変わりと、数々の眺望スポットはダイナミックで「日本の道100選」にも選ばれているお勧めのドライブコースです。

まるで空中に掛かる橋 〜 つばくろ谷の不動沢橋

まるで空中に掛かる橋 〜 つばくろ谷の不動沢橋

写真:右肩

地図を見る

福島市内より、県道70号線を西へ走り、高湯温泉を通過すると「磐梯吾妻スカイライン」へ入ります。

木々も美しい森林地帯を、ヘアピンカーブを繰り返しながら坂道を登って行きますと、最初のビューポイントである「不動沢橋」に差し掛かります。
「つばくろ谷」と呼ばれる深い渓谷を跨ぐ不動沢橋は、標高1,200mに位置する事もあり、横から眺めると、まるで空中を渡る橋の様に見えます!

不動沢橋の横には、休憩施設を備えた駐車場があり、車から降りて歩いて橋を渡りますと、とても深いつばくろ谷の渓谷を見下ろし、遠く福島盆地を眺望する景色を堪能できます。

このつばくろ谷を含め、磐梯吾妻スカイラインには、作家・井上靖氏が名付けた「吾妻八景」と呼ばれる展望スポットが8ヶ所あります。是非、これらの展望スポットに立ち寄り、眺望を満喫してみては?
(吾妻八景・・・白樺の峰・つばくろ谷・天狗の庭・浄土平・双竜の辻・湖見峠・天風境・国見台)

荒涼とした景色の浄土平。吾妻小富士に登って火口を覗こう!

荒涼とした景色の浄土平。吾妻小富士に登って火口を覗こう!

写真:右肩

地図を見る

標高が上がるにつれて木々等の植物が少なくなり、目の前に吾妻小富士が迫ると「浄土平」に到着します。

標高約1,600mに平原が広がる光景も不思議ですが、岩肌剥き出しの荒涼とした景色がダイナミックなビュースポットです!
大規模なレストハウスや駐車場、日本で一番高い場所に位置する天文台など、施設も充実しております。

浄土平に来たら、是非とも目の前にそびえる、標高1,707mの「吾妻小富士」に登る事をお勧め致します。
階段を15分程度登ると、巨大な火口の淵に到着します。直径約500m・深さ約70mに及ぶすり鉢状の火口はとにかく壮大!底を見下ろすと、吸い込まれそうな感覚になるほど深く、こんな大きな「穴」を見る機会も滅多に無いと思いますので、是非ともその目で確かめて下さい。

ちなみに、火口の周りを1周(約1.5km)する事もできます。
いつもは見上げる雲も、ここでは水平の位置に見えます。空に囲まれている様な感覚になる絶景スポットです!

噴煙を上げる火山を間近で体感!

噴煙を上げる火山を間近で体感!

写真:右肩

浄土平レストハウスの裏側にそびえる、標高1,948mの「一切経山(いっさいきょうざん)」は、火山活動が続いている活火山で、間近に噴煙が上がる様子を見る事ができる貴重なスポットです!

駐車場からでも、噴気が噴き出す「シューー」という音が聞こえて、臨場感があります。
噴煙は日によって規模が異なり、ほとんど見られない時もあります。

この噴煙による火山性ガスにより、植物が生えない荒涼とした景色が生まれ、磐梯吾妻スカイラインも「※車の窓を開けないで!」と警告された停車禁止区間が約800m存在します。

会津地方を見下ろす眺望スポットが点在

会津地方を見下ろす眺望スポットが点在

写真:右肩

浄土平より先に進むと、磐梯吾妻スカイラインの最高地点(標高1,622m)に到達し、坂道を下り始めます。

途中「双竜の辻」と名付けられた場所では、写真の様に、会津地方のシンボルである標高1,818mの「磐梯山」と「猪苗代湖」を望む事ができます!

その他「湖見峠」では磐梯山と裏磐梯の湖を。「天風境」ではブナの自然林に覆われた山肌と滝を。「国見台」では会津方面の連なる山々を、それぞれ眺望できるスポットが続きます。

山肌を縫うように走って土湯峠へ

山肌を縫うように走って土湯峠へ

写真:右肩

磐梯吾妻スカイラインは、高度を下げながら終点である「土湯峠」へ至ります。
土湯峠から県道を経由して国道115号線へ接続しており、福島市内へ戻る事もできますし、会津磐梯方面へ向かう事もできます。

「湖見峠」から土湯峠方面を望むと、山肌を縫うように道路が通っている事がよく分かります。

写真に写っている一番高い山は、標高1,728mの「箕輪山(みのわやま)」です。その奥には標高1,699mの「安達太良山(あだたらやま)」等が連なっており、吾妻連邦を一望できます。

素晴らしい眺望スポットが点在し、とにかく走るのが楽しい道路

磐梯吾妻スカイラインは、素晴らしい眺望の数々と、連続するカーブで山岳を乗り越えるテクニカルな道路ですので、爽快で楽しく走る事ができ、ドライブやツーリングにお勧めの道路です!

これまでは有料道路(普通車1,570円)でしたが、料金徴収期間の満了に伴い、2013年7月25日より恒久的に無料開放となった事もプラス材料です。

※11月中旬〜4月上旬の期間は、冬期通行止となります。
※紅葉シーズンの休日は、浄土平にて数キロに及ぶ渋滞が発生します。

掲載内容は執筆時点のものです。 2011/09/11−2013/11/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -