「京都悠洛ホテル Mギャラリー」で明治維新へタイムトラベル

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「京都悠洛ホテル Mギャラリー」で明治維新へタイムトラベル

「京都悠洛ホテル Mギャラリー」で明治維新へタイムトラベル

更新日:2019/04/26 15:31

東郷 カオルのプロフィール写真 東郷 カオル 癒されたい系女子旅ライター、ラグジュアリーホテルライター

フランスのアコーグループが展開する「Mギャラリー」が“Inspired by Her“をキーワードに2019年4月26日にいよいよ上洛。京都・三条の地に女性の「素敵!」の声がたくさん詰まった「京都悠洛ホテル Mギャラリー」をオープン。
明治維新・大正ロマンを意識したホテル館内は、ホテルでありながら華族の邸宅のような華やかさと、そこにいるだけで満たされる美しい空間が堪能できます。

コンセプトはタイムトラベル

コンセプトはタイムトラベル

提供元:京都悠洛ホテル Mギャラリー

地図を見る

アコーグループのアッパースケールホテルブランド“Mギャラリーシリーズ”は、女性旅行者の滞在体験を向上させることを目的とした空間づくりが特徴。世界各国に展開するMギャラリーは一つとして同じものはなく、ここ三条でも「悠洛ホテル」という名を冠するオリジナルの空間になっています。

「世界を発見する」というストーリーを持つMギャラリーの京都でのテーマは「タイムトラベル」。場所は三条。京都に押し寄せる文明開化の波を見つめてきた三条大橋のたもとで、ここでしか味わえないタイムトラベルの滞在を楽しんでみましょう。

コンセプトはタイムトラベル

写真:東郷 カオル

地図を見る

入口は一カ所のみ。午後11時から翌朝の7時までは玄関は施錠されます。夜間はカードキーを持つゲストだけが出入りできるシステムですので、女性旅行者でも安心して過ごすことができるセキュリティー体制になっています。

館内に入るとまず存在感のある鉄製の松の盆栽がお出迎え。奥に見える緑に向かって足を進めるとふわっとアロマの香りに包まれ、その瞬間にタイムトラベルが始まります。

訪れる際は心してエントランスを入ってください。「京都悠洛ホテル Mギャラリー」ではドキドキするようなストーリーが楽しめるのも魅力の一つです。

コンセプトはタイムトラベル

提供元:京都悠洛ホテル Mギャラリー

地図を見る

エスコートされてレセプションラウンジへ。ゲストはここでチェックインの手続きを行います。このラウンジは華族の邸宅のリビングをイメージして作られたもの。

ラウンジを取り囲む調度品も一つとしてイミテーションはありません。清水焼や伊万里焼だけではなく、大変繊細な織りのペルシャ絨毯も飾られていて、和洋問わず目の保養に申し分のない美術品が並びます。

パブリックスペースを楽しむ

パブリックスペースを楽しむ

写真:東郷 カオル

地図を見る

レセプションにはデトックスウォーターが用意されていますので、滞在中は自由にいただくことができます。注目したいのがカラフルなネイル。こちらもラウンジで自由にお試しOK。最近メディアで話題の日本画用絵具を原料とした京都胡粉ネイルで、爪に優しいだけではなく、日本の伝統色を身近に感じることのできる京都らしいアイテムです。

夜にはアロマオイルコーナーにチェンジ。「清水」「祇園」「宇治」などの名が付けられたエッセンシャルオイルが並び、お好みの香りをトレーでお部屋に持ち帰りすることもできますよ。

パブリックスペースを楽しむ

写真:東郷 カオル

地図を見る

レセプションラウンジで気になるのが、先ほどエントランスから見えた緑の空間。実はこの緑は地下の吹き抜けから延びる竹林なんです。地下はレストランとフィットネスジムがあるパブリックエリアになっています。

ロビーフロアからこぼれる光、明治維新・大正ロマンを彷彿とさせる市松模様、光と影、陰と陽。「京都悠洛ホテル Mギャラリー」だけのために考えられたストーリーを楽しんでください。

京のテイストが詰め込まれたゲストルーム

京のテイストが詰め込まれたゲストルーム

写真:東郷 カオル

地図を見る

ゲストルームはコンパクトながらも、窓辺に設けられた小上がりや西陣織のヘッドボードなど、日本の美意識が詰め込まれています。京都を旅する女性が嬉しくなるようなデザインが随所に楽しめます。

ベッドは全室シモンズ製。シャワールームには水流の切り替えのできるシャワーヘッドが完備。インテリアには京都の伝統を感じながらも、機能面では世界中からの旅行者にも使いやすい設備が導入されています。

京のテイストが詰め込まれたゲストルーム

写真:東郷 カオル

地図を見る

部屋タイプの中で一番広いのが「京スイートルーム」。ベッドルーム+リビングと同じくらいのスペースが、バスルーム+ウォークインクローゼットのスペースにも使われています。まさに女性が使いやすい部屋づくり。ダブルベーシンがあるのもこちらの「京スイートルーム」だけですが、ミラーにライトがはめ込まれた“女優ミラー”は全室共通の設備です。朝の忙しいメイクの時間が楽しくなるような、ちょっとした工夫が嬉しいですね。

54th STATION GRILLでのディナータイム

54th STATION GRILLでのディナータイム

写真:東郷 カオル

地図を見る

ディナーは地下にある「54th STATION GRILL」。三条大橋は東海道五十三次の西の起点。“その先”という意味を込めて“54th”の名前が付けられました。

様々な時代と様々な国のデザインに囲まれて、京都ならではの和牛やシーフードのグリルをフレンチスタイルで楽しめます。美味しいお食事と美味しいワイン、心地よい距離感のおもてなし。タイムトラベルの不思議空間でいただくディナーは旅の思い出をより一層濃厚なものにしてくれます。

54th STATION GRILLでのディナータイム

写真:東郷 カオル

地図を見る

ディナーの後もタイムトラベルを続けてみましょう。次は1Fにあるバー「一八六七」。さてこの「一八六七」にはどんな意味が込められているのか…、考えるのが楽しくなってきます。

1867年は大政奉還が行われた年。ホテル全体のコンセプト「タイムトラベル」を色濃く反映している空間です。

54th STATION GRILLでのディナータイム

写真:東郷 カオル

地図を見る

とびっきりの大人空間で楽しめるのは日本産スピリッツや素材を用いたオリジナルのシグネチャーカクテル。

左から「LADY IN BLOOM」、「MAIKO -舞妓-」、「KAMO RIVER SIDE FIZZ」。文明開化と女性が花開くという意味をかけた「LADY IN BLOOM」は最後にココナッツの風味がふわっと広がります。「MAIKO -舞妓-」は絹ごし豆腐を使ったカクテルで、舞妓らしい白塗りに、トッピングのイチゴは赤い紅をイメージ。「KAMO RIVER SIDE FIZZ」はほうじ茶が使われています。

バーテンダーとのお酒の会話やカクテルパフォーマンスを間近で楽しめるカウンター席がオススメです。

時間をかけてゆっくり楽しみたい朝食

時間をかけてゆっくり楽しみたい朝食

写真:東郷 カオル

地図を見る

朝食はブッフェスタイルで。クオリティの高い朝食はゆっくりと時間をかけて楽しむ価値あり。オープンキッチンではお好みの卵料理をオーダーできます。海外からの旅行者に人気の日本のフルーツも、品質の高いものが並びます。

時間をかけてゆっくり楽しみたい朝食

写真:東郷 カオル

地図を見る

朝食で提供されるのはローカルの食材を使い、素材本来の味を大切にしたシンプルでヘルシーなお料理。美味しいものを沢山ちょっとずつ楽しみたいという女性のワガママを叶えるメニューです。

フレッシュジュースはお好みのものをブッフェ台から選びましょう。コーヒーや紅茶はテーブルに用意してもらえます。

ストーリーを楽しむホテル「Mギャラリー」

日本初上陸の、ストーリーを楽しむ「Mギャラリー」。ぜひ「悠洛ホテル」の華やかな空間で、激動の時代、明治維新・大正ロマンへのタイムトラベルをお楽しみください。

取材協力:京都悠洛ホテル Mギャラリー

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/20−2019/04/21 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -