国内唯一の地熱染工房!岩手・八幡平「地熱染色研究所 夢蒸染」

| 岩手県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

すがた もえ子のプロフィール写真 すがた もえ子 妖怪伝承収集家、フリーライター

岩手県八幡平は豊かな自然やスキー場、温泉で知られる観光地です。最近では春先に八幡平頂上付近の鏡沼でおこる雪解け現象、ドラゴンアイでも知られています。そんな八幡平に、日本で唯一地熱を利用して染色を行う工房「地熱染色研究所 工房夢蒸染」があります。作品を購入できるだけでなく、予約をすれば一般の方でも地熱染を体験することができるんです。八幡平の自然をモチーフにした鮮やかな地熱染を体験してみませんか?

八幡平は国内地熱発電発祥の地

八幡平は国内地熱発電発祥の地

写真:すがた もえ子

地図を見る

八幡平は岩手・秋田の2県にまたがる台地状火山です。豊富な地熱蒸気を利用して、昭和41年には日本初の地熱発電所「松川地熱発電所」が運転を開始しました。この八幡平の地熱蒸気を利用して染色を行っているのが「地熱染色研究所 工房 夢蒸染(むじょうせん)」です。工房で生み出される色とりどりの作品は、八幡平の四季の色を表現しています。

染色の仕上げで使用する地熱蒸気は、その効能によってせっかく染色した色が脱色されてしまうというのが大きな問題でした。現在の技法を確立するまでにはかなりの試行錯誤があったとのことです。

染色体験を楽しもう

染色体験を楽しもう

写真:すがた もえ子

地図を見る

染色体験は団体向けと個人向けのコースが用意されています。

まずは、染色のイメージや柄など考えながら糸で括る絞り作業を行います。次に用意された染料で布を着色していきます。地熱蒸気染色はたくさんの色を使ったグラデーションが特徴で、1色ではなく複数の色を重ねて染めていきます。そのため着色直後は染めた布が茶色っぽくなったように見えますが、地熱蒸気を使った仕上げの釜入れによって色素が脱色されるので、思いもよらないような作品に仕上がります。

染色体験を楽しもう

写真:すがた もえ子

地図を見る

窯入れの時間は約20分ほど。蒸気には脱色作用のある微量の硫化水素が含まれているため、約100度の蒸気で蒸すことによって色が変化し、美しいグラデーションが生み出されます。

染色体験を楽しもう

写真:すがた もえ子

地図を見る

窯入れが終わると、いよいよ完成した作品とご対面です。括っていた糸を解けば、染めあがった作品が姿を現します。染色体験では時間内に糸を解くプロセスまで行いますが、時間がないという方のためには仕上げまでした作品を自宅へ送るサービスもあります。

作品はペンション「アルペンローゼ」で購入できる

作品はペンション「アルペンローゼ」で購入できる

写真:すがた もえ子

地図を見る

お向かいには、工房が運営しているペンション「アルペンローゼ」があり、作品を販売するショップも兼ねています。ショップコーナーではハンカチをはじめとした小物類からTシャツまで、様々な作品を購入することができます。

作品はペンション「アルペンローゼ」で購入できる

写真:すがた もえ子

地図を見る

人気なのが、八幡平の鏡沼で春の雪解けシーズンの2週間ほどしか見ることのできない「ドラゴンアイ」をモチーフにしたシリーズです。ショップに並んだ作品以外にも、ドレスなど大型の作品も見学もすることができます。

喫茶コーナーもあるので、染色体験の蒸しの待ち時間にコーヒー飲んで過ごすこともできます。また、アルペンローゼでは宿泊することもでき、宿泊すれば夕飯の後で染色体験をすることもできます。お風呂はもちろん松川温泉のお湯を使用しています。

八幡平の地熱蒸気を利用した、国内唯一の地熱染色研究所「工房 夢蒸染」の染色体験は雨の日の八幡平の過ごし方にもぴったりですね。染色体験の申し込みや詳細についてはMEMOから公式サイトでご確認ください。

地熱染色研究所 工房 夢蒸染の基本情報

住所:岩手県八幡平市松尾寄木松川国有林559林班ヲ小班
電話番号:0195-78-2451
アクセス:
盛岡駅からバスで110分→楓荘口前下車、徒歩で3分
松尾八幡平ICから車で25分

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/03/13 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -