里山の緑に包まれて 埼玉「滝ノ入ローズガーデン」の薔薇が華やかに

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

やた 香歩里のプロフィール写真 やた 香歩里 鈍足の旅人、地域の魅力発掘人、花火鑑賞士

春の終わりをカラフルに彩る花と言えば、やっぱりバラ。5月になると各地のバラ園が賑わいを見せます。広大なバラ園やイングリッシュガーデンも素敵ですが、少し違った趣のあるバラ園が見られるのが、埼玉県入間郡の毛呂山町(もろやままち)。こちらにある「滝ノ入(たきのいり)ローズガーデン」は、里山の景色が広がるなかに色鮮やかなバラが咲く、ちょっと不思議で可愛らしいローズガーデンです。

里山に現れるちょっと不思議なローズガーデン

里山に現れるちょっと不思議なローズガーデン

写真:やた 香歩里

地図を見る

毛呂山町は、埼玉県の南西部、飯能市や日高市の北側に位置しています。ゆずの産地として知られ、自然豊かな町に近年誕生した新たな名所、それが「滝ノ入ローズガーデン」です。

里山に現れるちょっと不思議なローズガーデン

写真:やた 香歩里

地図を見る

このローズガーデン、他のバラ園とは少し趣が異なります。滝ノ入は山あいのエリアなので、日本的な里山の風景の中に、洋風のローズガーデンが広がっているのです。大きく空が広がる庭園風を想像していると少し違和感を感じるかもしれません。だけどその分、深い緑の中に忽然と現れた秘密の花園に迷い込んだような、不思議な雰囲気が感じられます。

広すぎず狭すぎず、ほどよい広さでゆっくりバラ鑑賞

広すぎず狭すぎず、ほどよい広さでゆっくりバラ鑑賞

写真:やた 香歩里

地図を見る

このバラ園の広さは2800平米。と言われても具体的な大きさはイメージしにくいと思いますが、一般的なサッカーコートが約7300平米なので、その3分の1程度、ということになります。広大ではないですが、全体をくまなく歩き回っても疲れない、ほどよい広さです。

広すぎず狭すぎず、ほどよい広さでゆっくりバラ鑑賞

写真:やた 香歩里

地図を見る

ここに植えられているバラは約1500株。種類は約350種もあって、多彩なバラを楽しむことができます。ダマスクやアルバなどのオールドローズ、ハイブリッドティーやフロリバンダなどのモダンローズなど、さまざまなバラが所狭しと咲き誇ります。

広すぎず狭すぎず、ほどよい広さでゆっくりバラ鑑賞

写真:やた 香歩里

地図を見る

もともとこちらは、まちおこし事業の1つとして2000年にスタートしました。バラを育て、手入れをしているのは、地元のボランティアの方々。年々工夫を重ねて見ごたえを増していて、今では季節になると多くの人が訪れます。

バラのアーチをくぐり、ベンチで優雅にひと息

バラのアーチをくぐり、ベンチで優雅にひと息

写真:やた 香歩里

地図を見る

園内は、小ぶりながらも様々な工夫がされています。中央部に連なるバラのアーチは、思わず皆が立ち止まって写真を撮ってしまう華やかさ。

バラのアーチをくぐり、ベンチで優雅にひと息

写真:やた 香歩里

地図を見る

奥の芝生広場には、広い芝生の中央に丸い花壇が配されていて、開放的な空間になっています。花壇にはアーリーモダンローズを中心に、色とりどりのバラがバランスよく植えられています。

バラのアーチをくぐり、ベンチで優雅にひと息

写真:やた 香歩里

地図を見る

あちらこちらにベンチも設えられています。バラがいっぱいのお庭で優雅に過ごす、まるで童話のような世界。子供の頃に憧れた景色を、ぜひ堪能してみてください。

バラの苗木や地元産品の販売も

バラの苗木や地元産品の販売も

写真:やた 香歩里

地図を見る

滝ノ入ローズガーデンでは、春と秋の2回、バラまつりが開催されており、この期間以外は入園することができません。例年、春は5月下旬〜6月上旬、秋は10月下旬〜11月上旬の開催となります。

期間中、バラの苗木の販売も行われています。売切れ次第終了なので、購入希望の方は早めに出かけください。

バラの苗木や地元産品の販売も

写真:やた 香歩里

地図を見る

ローズガーデンに近接している「もろびとの館」の前では、地元の方手作りの食品なども販売されています。お客さんも女性が多いので、やっぱり甘いものが大人気。ただし、園内は飲食禁止となっています。

バラの苗木や地元産品の販売も

写真:やた 香歩里

地図を見る

滝ノ入ローズガーデンは駅から少し離れたところにあるので、車での訪問が便利です。100台分の無料駐車場が用意されています。

公共交通機関を利用する場合、平日及び第1・第3土曜日は、東武越生線東毛呂駅またはJR八高線毛呂駅から、町内循環バス「もろバス ゆず号」(上の写真)で行くことができます。1日に6本と本数は多くありませんが、「もろびとの館」前に停車するのでローズガーデンまですぐ。1乗車100円とリーズナブルで、途中に鎌北湖の景色なども楽しめます。

なお、「もろバス ゆず号」は、役場から出発し、JR毛呂駅前、もろびとの館、東武鉄道東毛呂駅前を回ってまた役場に戻ってくる循環バス。なので、東毛呂駅前(東毛呂駅とんかつ次郎バス停)から乗車すると、役場でいったんバスの運行が終了してしまいます。時間帯によっては、20分ほどでまた出発するのでそのまま乗っていることも可能ですが、1時間以上間が開く時間帯もあります。東毛呂駅から役場までは徒歩でも10分ほどなので、東武鉄道を利用する場合は、役場まで歩くか、徒歩約15分のJR毛呂駅まで歩くことをお勧めします。

2019年は3つの町で合同開催の「埼玉バラハーモニー」も!

2019年は3つの町で合同開催の「埼玉バラハーモニー」も!

写真:やた 香歩里

地図を見る

2019年は、バラで有名な埼玉県の3つの町、毛呂山町・伊奈町・川島町が合同で「埼玉バラハーモニー」というイベントを行います。「バラ園巡りスタンプラリー」が実施され、3つの町のキャラクタースタンプをすべて集めると、先着順で各町のご当地ジャムがいずれか1つもらえます(詳細は下記関連MEMOのリンクをご参照ください)。

里山の可愛らしいバラ園の毛呂山町、県内最大の大規模バラ園の伊奈町、日本最長のバラのトンネルを誇る川島町、それぞれの魅力溢れるバラ園、ぜひ訪ねてみてくださいね。

<埼玉バラハーモニー>
実施期間:2019年5月上旬(会場により異なる)〜6月2日(日)
スタンプ設置場所(実施開始日):
毛呂山町:滝ノ入ローズガーデン(5月17日から)
伊奈町:伊奈町制施行記念公園(5月3日から)
川島町:平成の森公園〈バラの小径〉(5月11日から)
スタンプ押印用紙配布場所:
各会場および各町の担当部署で配布。各町のHPからもダウンロード可能。

滝ノ入ローズガーデンの基本情報

住所:埼玉県入間郡毛呂山町滝ノ入910番地
電話番号:070-4161-9465
春のバラまつり:2019年5月17日(金)〜6月2日(日)
開園時間:9:00〜16:00(秋は15:00まで)
入園料:300円(秋は無料)
アクセス:〔車〕関越自動車道 鶴ヶ島ICより約30分/圏央道 圏央鶴ヶ島ICより約25分
〔バス〕町内循環バス「もろバス ゆず号」にて「もろびとの館」下車すぐ
※平日及び第1・第3土曜日のみ運行

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/05/18 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -