宿泊で楽しむ三崎公園と温泉と旬の料理!いわき市「ホテル花天」

| 福島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

やまと ふみよしのプロフィール写真 やまと ふみよし アクティブシニアの旅行ガイド

いわき市の三崎公園は、福島県最大の港・小名浜港の東にある海食崖の岬にあります。高さ約60メートルのいわきマリンタワーや、海の上から絶景が見える潮見台などの観光施設に、芝生広場や、海望広場など、自然を生かした海浜公園です。園内にあるホテル花天は、敷地内からくみ上げた自家源泉と旬の食材の料理が味わえる海辺のホテル。公園施設から離れた東海岸に面し、海浜樹林に囲まれた宿では静かなひと時を過ごせます。

ホテル花天(かてん)は三崎公園の海浜樹林に囲まれた一軒宿

ホテル花天(かてん)は三崎公園の海浜樹林に囲まれた一軒宿

写真:やまと ふみよし

地図を見る

三崎公園は、いわきマリンタワーや、潮見台に、ピクニックが楽しめる芝生広場や、わんぱく広場、海望広場などの施設がある、約70万平米(東京ドーム15個分)もの広大な海浜公園。

家族連れでにぎわう公園の西側に対し、岬の自然を生かした東側は海浜樹林が広がっています。東海岸に面したホテル花天は、緑に囲まれ、全ての部屋から紺碧の海が見える隠れ家のような宿。周辺の海浜樹林には散策路があり、小名浜の自然を堪能できます。

ホテル花天(かてん)は三崎公園の海浜樹林に囲まれた一軒宿

写真:やまと ふみよし

地図を見る

小名浜港に連接する三崎公園の西側は、芝生広場や海望広場、全長75メートルのローラースライダーが人気の、わんぱく広場など、子供も大人も楽しめる公園施設です。

ホテル花天(かてん)は三崎公園の海浜樹林に囲まれた一軒宿

写真:やまと ふみよし

地図を見る

ホテル入り口にはイルカのモニュメント。開放感のある吹き抜けのロビーフロアーや、海に面した客室に大浴場など、充実した施設のシーサイドホテルです。

海に面した大浴場!敷地内で汲み上げる三崎温泉

海に面した大浴場!敷地内で汲み上げる三崎温泉

写真:やまと ふみよし

地図を見る

ホテル花天は3階建て。1階は、フロントロビーや宿泊者専用サロン、売店、宴会など。2階は、9室の和洋室と2室の洋室、3階は、9室の和室と内湯付の特別室があり、全ての部屋が東海岸に面しています。

敷地内で汲み上げる温泉の泉質は、「ナトリウム塩化物強塩泉」。主成分が塩分の温泉は、皮膚の血行が活発になり保温効果があります。殺菌効果があるため、傷や火傷の鎮静効果があり、吸い込むことで気道の浄化効果があります。温泉は日帰り入浴でも利用できます。強塩泉の温泉は、地元の人たちにも人気です。

海に面した大浴場!敷地内で汲み上げる三崎温泉

写真:やまと ふみよし

地図を見る

大浴場は眺めの良い3階にあり、紺碧の海が視界に広がります。夕暮れには昇る月、早朝には昇る朝日を見ながら入浴が楽しめます。

海に面した大浴場!敷地内で汲み上げる三崎温泉

写真:やまと ふみよし

地図を見る

宿泊者専用の貸切風呂(有料)もあります。カップルや家族で一緒に入る温泉は、ゆっくりと贅沢な時間を過ごせます。三崎温泉は全国でも数少ない高張性の強塩泉。肩こりや冷え性にも効能があります。

夕食は四季折々の食材の和と洋の料理

夕食は四季折々の食材の和と洋の料理

写真:やまと ふみよし

地図を見る

夕食は1階のレストランで、四季折々の食材を使った会席料理。テーブルの中央に、大ぶりの牡丹エビやカンパチ、鯛の船盛が配膳され、それぞれに、透明な白魚と季節の野菜の白魚鍋、甘鯛の道明寺蒸、合鴨ロースト、ポークピンズのパイ包み焼きなどの和と洋の料理が広がります。

椀物は、ハマグリと大根、ウドの澄まし汁。薄味な出汁にハマグリの上品な味が生えます。洋鉢の合鴨ローストは、大根とタケノコの煮物が添えられて和食の風情も感じられる逸品。7品の料理に、ご飯と香の物、デザートと続きます。美味しい夕食はボリュームも十二分です。

夕食は四季折々の食材の和と洋の料理

写真:やまと ふみよし

地図を見る

白魚鍋は、彩りの野菜と白魚が美しく盛り付けられ食欲をそそります。ほんのりとした醬油の香りと、あっさりとした白魚が良く合います。

夕食は四季折々の食材の和と洋の料理

写真:やまと ふみよし

地図を見る

「パイの中はどうなっているのだろう」と割って食べるポークビーンズは、熱々のデミグラスソースと豚肉、インゲン豆と香ばしいパイ生地を一緒に食べると美味です。

三崎公園の夜は西に沈む夕日とライトアップのマリンタワー

三崎公園の夜は西に沈む夕日とライトアップのマリンタワー

写真:やまと ふみよし

地図を見る

南に突き出た岬の公園では、潮見台や西側の海望広場、臨海広場で小名浜港に沈む夕日が見られます。高い崖の上にある高さ13メートルの潮見台からは、見おろす夕日が楽しめ、臨海広場の砂浜からは、小名浜港のマリンブリッジに沈む夕日とオレンジ色の海が見られます。

また、公園のシンボル・いわきマリンタワーも通年ライトアップされています。夕暮れの三崎公園をゆっくりと楽しめるのは、帰りの時間が気にならない宿泊者ならではのものです。

三崎公園の夜は西に沈む夕日とライトアップのマリンタワー

写真:やまと ふみよし

地図を見る

小名浜港の湾内に面した臨海広場の砂浜では、海面の位置で沈む夕日が見られます。

三崎公園の夜は西に沈む夕日とライトアップのマリンタワー

写真:やまと ふみよし

地図を見る

いわきマリンタワーは、午後6時〜午後9時まで通年ライトアップされています。また、満月の前後数日間、月の光が海面に映り、月へと続く光の道を見ることができます。

ホテル前の展望デッキや大浴場で見る朝日と美味しい朝食

ホテル前の展望デッキや大浴場で見る朝日と美味しい朝食

写真:やまと ふみよし

地図を見る

早朝には、昇る朝日の力強い風景が楽しめます。ホテル前の展望デッキで朝日を見た後は、昇る朝日を浴びながら気持ちの良い入浴が楽しめます。入浴後は海辺の森の散策がお勧め。樹林を抜けた海岸には、六角形の小型灯台の番所灯台が朝日に照らされています。

散策後に待っているのは、夕食に引けを取らない盛り沢山の朝食。定番の鮭や厚焼き玉子、納豆などの他に、バイキング形式のサラダや、カンパチにシイタケ、舞茸の鍋物でテーブルが一杯になります。シャキシャキの歯触りのサラダ、鍋のカンパチはしゃぶしゃぶ程度で頂ける新鮮さ。ふっくらと炊かれた福島米も甘みがあります。

ホテル前の展望デッキや大浴場で見る朝日と美味しい朝食

写真:やまと ふみよし

地図を見る

四角いお皿には、鮭や厚焼き玉子、かまぼこ、明太子など。小鉢は、シラスおろしに温泉卵など。この他に、ヨーグルトやリンゴ、オレンジジュースに濃厚な牛乳があります。

ホテル前の展望デッキや大浴場で見る朝日と美味しい朝食

写真:やまと ふみよし

地図を見る

朝食のプチバイキングコーナーには、バターロールやクロワッサンなどのパンと、館内にある水気耕栽培で育てられたグリーンリーフやミズナなどの葉物野菜のサラダバーがあります。

ホテル花天は、高張性強塩泉と美味しい会席料理で貴方を待っています

広大な敷地の三崎公園の西側は、いわきマリンタワーや、芝生広場、わんぱく広場など、大人も子供も楽しめる公園です。東側のホテル花天は、帰る時間を気にせず三崎が楽しめるホテルです。館内には、入浴後や食後に無料のコーヒーが楽しめる宿泊者専用サロンや、子供連れでも利用できるエステサロン「RINATA.(リナータドット)」があり、10分のリーズナブルな料金のプチエステも利用できます。

小名浜港に近いホテル花天では、1泊2食の「基本プラン」の他、「アクアマリンふくしまチケット付きプラン」や、満月の前後3日間に月の光の道を楽しめる「ご夫婦60歳以上限定フルムーンプラン」など色々な宿泊プランがあります。最適なプランを選んでください。

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/19−2019/04/20 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -