関東唯一「お面かぶり」で極楽浄土を疑似体験!東京都・九品仏淨眞寺

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

おしみ ゆかりのプロフィール写真 おしみ ゆかり 旅するこけしインスタグラマー、仏像ソムリエ

世田谷区にある九品仏淨眞寺はその名の通り九品仏が揃っている貴重なお寺です。九品仏とはそれぞれが異なった印を組む九体の阿弥陀如来様のことで、九体そろっている例は珍しく、日本では京都・浄瑠璃寺とここ淨眞寺のみと言われています。さらに、関東ではここでしか見る事が出来ない行事「お面かぶり」が3年に1度開催されることでも有名です。みどころ満載の九品仏淨眞寺をご紹介します!

極楽に行きたいかー!!

極楽に行きたいかー!!

提供元:九品仏淨眞寺

https://ja-jp.facebook.com/Kuhonbutsu/地図を見る

突然ですがみなさん、極楽に行きたいですか?もし死後の世界に地獄と極楽があるのなら、地獄に行きたい人はきっといないはず。ただ、極楽にいくにも9種類の往生の仕方があることをご存知でしょうか?それは生きている間の人間の努力や心がけなど様々な条件によって1番下の「下品下生」から1番上の「上品上生」まで9段階に区別されます。

地獄よりは極楽に行きたい、そして行くなら最上級のレベルでいきたいと考えるのは昔から人々の願いでした。その最上級レベルでの往生を疑似体験すべく始まったのがこの「二十五菩薩来迎会(らいこうえ)」通称「お面かぶり」です。

極楽に行きたいかー!!

写真:おしみ ゆかり

地図を見る

最上級の往生の際には阿弥陀如来さまが二十五の菩薩さまを引き連れてお迎えに来てくれることから「二十五菩薩来迎会」と呼ばれ、全国各地で開催されています。有名なのは奈良の当麻寺ですが、関東で唯一行われているのがここ九品仏淨眞寺で、東京都無形文化財に指定されています。しかも開催されるのは3年に1度。前回が2017年5月でしたので次回は2020年5月(時間未定)となっており絶対見逃せません!

極楽に行きたいかー!!

写真:おしみ ゆかり

地図を見る

本尊の釈迦如来さまが居る本堂から、九品仏が居る三仏堂に白道(びゃくどう)と呼ばれる橋がかかり、二十五菩薩のお面をかぶった行者や、かわいらしい稚児たちが練り歩きます。

3年に1度の「お面かぶり」限定御朱印があり、こちらも人気です。

そもそも九品仏が揃っているのが貴重なんです

そもそも九品仏が揃っているのが貴重なんです

提供元:九品仏淨眞寺

https://ja-jp.facebook.com/Kuhonbutsu/地図を見る

同じメンバーでずっと活動を続けるアイドルグループってなかなかいませんよね。方向性の違いで解散してしまったり、卒業してしまうメンバーがいたり。九品仏は平安時代の阿弥陀ブームの時期に経典の九品往生説(くほんおうじょうせつ)に従って沢山作られましたが、殆ど現存していません。

現在不動のメンバーで活動しているのは京都・浄瑠璃寺とここ東京・淨眞寺の九品仏の2組だけになってしまいました。そんな貴重な阿弥陀さまを東京で拝観できることは意外と知られていないかもしれません。

そもそも九品仏が揃っているのが貴重なんです

写真:おしみ ゆかり

地図を見る

九品仏淨眞寺には「上品堂」「中品堂」「下品堂」の3つのお堂があり「三仏堂」と呼ばれています。その3つのお堂の中にそれぞれ「上生」「中生」「下生」の3の阿弥陀さまが配置されています。螺髪が青いので驚く人も多いと思いますが、如来様の毛は「青瑠璃色」という経典に則り作られています。とはいえ、ここまで鮮やかな青瑠璃色の仏像は珍しいですよね。光背の化仏の頭まで青瑠璃色です。

そもそも九品仏が揃っているのが貴重なんです

写真:おしみ ゆかり

地図を見る

注目して見てほしいのは、阿弥陀さまの手です。九体がそれぞれ違う印相を組んでいます。自分が死んだときに迎えに来てくれた阿弥陀さまがどの印をしているかで自分のレベルが分かるので、覚えておくとよいかも?!

お面かぶりだけじゃない!世田谷で京都気分を味わえる古刹

お面かぶりだけじゃない!世田谷で京都気分を味わえる古刹

写真:おしみ ゆかり

地図を見る

九品仏淨眞寺は東京都世田谷区にある浄土宗のお寺です。東急大井町線九品仏駅から徒歩4分。となりの自由が丘駅からも徒歩9分という立地ながら、まるで京都にいるような気分になれる古刹です。

お面かぶりだけじゃない!世田谷で京都気分を味わえる古刹

提供元:九品仏淨眞寺

https://ja-jp.facebook.com/Kuhonbutsu/地図を見る

特に秋の紅葉は見事で、隠れた紅葉の名所としても知られています。天然記念物のイチョウも圧巻の美しさで人々を魅了します。

お面かぶりだけじゃない!世田谷で京都気分を味わえる古刹

提供元:九品仏淨眞寺

https://ja-jp.facebook.com/Kuhonbutsu/地図を見る

春には梅と桜、夏にはサギ草など、季節ごとに移ろう境内の美しさは訪れる人の心を癒してくれます。

アフロな仏像にゆるキャラも!

アフロな仏像にゆるキャラも!

写真:おしみ ゆかり

地図を見る

こちらのアフロのような髪型の仏さまは「五劫思惟阿弥陀(ごこうしゆいあみだ)」と言います。人々をどうすれば救えるのかを五劫と言われる長い時間考えていたために髪が伸びてしまいました。五劫思惟阿弥陀は作例が少なく、貴重な仏像です。本堂にて拝観する事が出来ます。さらには五劫思惟阿弥陀さまの御朱印もあるので、忘れずに戴きましょう。

アフロな仏像にゆるキャラも!

提供元:九品仏淨眞寺

https://ja-jp.facebook.com/Kuhonbutsu/地図を見る

運が良ければかわいいゆるキャラ「きゅっぽん」にも会えるかも?みどころ満載な九品仏淨眞寺。次回のお面かぶりは2020年ですが、その前にも是非足を運んでくださいね。

九品仏淨眞寺の基本情報

住所:東京都世田谷区奥沢7-41-3
電話番号:03-3701-2029
アクセス:東急大井町線 九品仏駅から徒歩4分
拝観料:無料

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/05 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -