焼物が皆あたたかい。信楽の町歩きと「陶芸の森 陶芸館」

| 滋賀県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

タケモト スグルのプロフィール写真 タケモト スグル 美術館バカ、感動写真家

忍者の里として知られる滋賀県甲賀市。その山間部に焼物の郷があります。「信楽(しがらき)」です。歴史的産地「六古窯(※)」の1つで、消費地京都・奈良・大阪に近い産地として発展してきました。ここでは、心温まる焼物と共に、訪問時に乗りたいローカル線をご紹介します。

※六古窯(ろっこよう):中世から続く代表的な窯(かま)の総称。越前、瀬戸、丹波、常滑、備前、そして信楽が挙げられる。「日本遺産」認定。

人類を凌ぐ出現率「タヌキ」

信楽の有名な焼物と言えば? それは間違いなく「タヌキ」でしょう。作陶家に注目が集まる焼物の世界において、信楽では非実用品の「狸の置物」が幅を利かせています。その生息数は膨大です。

人類を凌ぐ出現率「タヌキ」

写真:タケモト スグル

地図を見る

多くは屋外に陳列されているため、町を歩けばタヌキに出会います。のほほ〜んとした町のため、ヒトのほうが希少です。

人類を凌ぐ出現率「タヌキ」

写真:タケモト スグル

地図を見る

表情も仕草も柔らかい。笑い声さえ聞こえてきそうで、冷めた焼物に窯の熱が残るようです。そのあたたかさに触れてみてください。

人類を凌ぐ出現率「タヌキ」

写真:タケモト スグル

地図を見る

駅も「タヌキ」

駅も「タヌキ」

写真:タケモト スグル

地図を見る

町の玄関口は「信楽駅」。悲しい事故(※)が起こった「信楽高原鉄道」の終着駅ながら、タヌキはやはりあたたかく迎えてくれます。駅員さんより多いのがタヌキです。

駅も「タヌキ」

写真:タケモト スグル

地図を見る

待合室にもホームにもいます。

駅も「タヌキ」

写真:タケモト スグル

地図を見る

駅前の公衆電話もタヌキです。

このコミカルなタヌキたち、古くは野性的な顔つきをしていたといいます。時代を経て現在の柔らかな感じになりました。有名になったのも近代で、昭和天皇陛下行幸の際(昭和26年)にタヌキを沿道に並べたことに始まります。今わたしたちが感じるほっこりを天皇陛下も感じていらっしゃったかもしれません。

※信楽高原鐵道列車衝突事故:1991年5月14日に発生した列車の正面衝突事故。死者42名、重軽傷者614名の大惨事。現在、その関連資料などが信楽駅で展示されている。

焼物の郷の美術館

焼物は古くから実用品の面が強いものの、茶の湯の時代以降、美術品としても認められるようになりました。そのため主要産地に必ずあるのが美術館です。では信楽の美術館「滋賀県立陶芸の森 陶芸館」へ向かいましょう。

気になるのは建屋の形。ゆるやかなカーブに加え、上部にドームがあります。シンプルながら奇抜です。

焼物の郷の美術館

写真:タケモト スグル

地図を見る

更に気になるのは野外彫刻。普通、モニュメント的な作品を設置するものですが、こちらの場合は、パンダ。懐っこいパンダがいます。あぁほっこりです。

焼物の郷の美術館

写真:タケモト スグル

地図を見る

建屋をもて遊ぶ、手首の彫刻も見逃さないでください。

焼物の郷の美術館

写真:タケモト スグル

地図を見る

魅惑のローカル線

信楽へ通じる鉄道は、ローカル線の信楽高原鉄道ですが、その出発駅「貴生川(きぶかわ)」に至る鉄道もローカル線です。

1つはJR「関西本線-草津線」です。

魅惑のローカル線

写真:タケモト スグル

地図を見る

1つは「近江鉄道(おうみてつどう)」です。

それぞれ、山間部や非市街地の鉄道のため、ノスタルジックな車両がゆったりと走ります。都会の喧騒とは対照的で、時間の流れが遅く感じる路線です。特に、硬券(※)の近江鉄道は是非ご利用ください。

※硬券(こうけん):硬い厚紙で作られた乗車券のこと。かたいキップ。古くは乗車券のスタンダードで、40代以上には懐かしい。現在も記念切符として見るものの、常に運用される鉄道は希少。アナログな文字や鋏こん(きょうこん:改札鋏(かいさつばさみ)のあと)の入るこの可愛さを是非写真に残したい。

魅惑のローカル線

写真:タケモト スグル

地図を見る
魅惑のローカル線

写真:タケモト スグル

地図を見る

今回は、焼物の郷「信楽」と「陶芸の森 陶芸館」、そして近隣のローカル線をご紹介しました。あたたかさにほっこりする旅です。町を包む、のほほ〜んとした空気に包まれてみてください。

滋賀県立陶芸の森 陶芸館の基本情報

住所:滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7
電話番号:0748-83-0909
開館時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日に休館)、年末年始、冬季、展示替期間
入館料:展覧会による
駐車場:無料(約250台)
アクセス:
信楽高原鐵道「信楽駅」より甲賀市コミュニティバス「陶芸の森前」または「陶芸の森(陶芸館前)」下車(約5分)
※信楽駅より徒歩で向かうことも可能です。所要時間は約30分。前半は平地なものの、後半は坂を登ります。決して楽ではありませんが、町中のタヌキに出会えるメリット有りです。1時間に1本のバスを逃した方には特におすすめします。

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/09/05 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -