鶴公園は必見!釧路市丹頂鶴自然公園で鶴のヒナに会えるかも

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

鶴公園は必見!釧路市丹頂鶴自然公園で鶴のヒナに会えるかも

鶴公園は必見!釧路市丹頂鶴自然公園で鶴のヒナに会えるかも

更新日:2019/06/03 09:37

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

鶴公園の正式名称は釧路市丹頂鶴自然公園で、鶴専門の動物園です。野生の鶴が暮らす釧路湿原に隣接し、豊かな自然の中で鶴の生態を観察出来ます。特に春は鶴のヒナが誕生する季節で、運が良ければ可愛いヒナに会えるかもしれません!
北海道に旅行したら「丹頂鶴が見たい!」と思うもの。鶴は一年中居ますが、野生なので確実に会える場所はありません。そんな時は鶴公園が断然おすすめ!まさに必見の観光スポットです。

鶴公園(釧路市丹頂鶴自然公園)とは?

鶴公園(釧路市丹頂鶴自然公園)とは?

提供元:一般社団法人 釧路観光コンベンション協会

http://ja.kushiro-lakeakan.com/photolibrary/地図を見る

鶴公園(釧路市丹頂鶴自然公園)は、釧路湿原で暮らす鶴の生態を観察出来る貴重な観光スポットです。丹頂鶴といえば、冬の鶴居村で優雅に舞う様子が有名ですが、実際には夏も釧路湿原で暮らしています。

しかし、釧路湿原は特別保護地区になっており、立入禁止。夏の観光シーズンには、野生の鶴を見るのは非常に困難で、確実に見られる場所はありません。一般人は決して見る事が出来ない、湿原で暮らす丹頂鶴の様子を観察出来るのが、鶴公園です!

鶴公園(釧路市丹頂鶴自然公園)とは?

提供元:一般社団法人 釧路観光コンベンション協会

http://ja.kushiro-lakeakan.com/photolibrary/地図を見る

鶴公園は釧路空港の北側にあり、空港利用者には非常に便利な場所。釧路市最大の温泉地、阿寒湖温泉から釧路市街地に行く途中に位置しており、観光コースに組入れ易い立地でもあります。

さらに北側には高速道路の阿寒インターチェンジも開通し、十勝地方(帯広方面)からも気軽に行ける場所になりました。

釧路湿原で暮らす丹頂鶴の様子を観察可能!

釧路湿原で暮らす丹頂鶴の様子を観察可能!

写真:藤田 聡

地図を見る

鶴公園のメインは、約500mの直線の園路沿いに丹頂鶴が各つがい毎に分けられて飼育されている場所です。家族毎に分けられているので、春には鶴のヒナが誕生する場合も。鶴がヒナの世話をする様子は、見ているだけで心が和みます。

釧路湿原で暮らす丹頂鶴の様子を観察可能!

写真:藤田 聡

地図を見る

鶴の家族毎に分けられた飼育場はかなり広く、園路側に餌場や水場があります。運良く丹頂鶴がこの付近に居ると、至近距離で鶴を観察出来ます!

丹頂鶴の気分次第で奥へ移動

丹頂鶴の気分次第で奥へ移動

写真:藤田 聡

地図を見る

鶴公園は釧路湿原の近くにあり、園内もまさに湿原そのまま。手前に餌場や水場がありますが、それ以外は北海道の大自然そのものです。丹頂鶴ものびのびと生活しており、気分次第で自由に移動。餌や水を十分に補給出来ると、奥へ移動してしまいます。

ちなみに、鶴のヒナは左端に居ます!

丹頂鶴の気分次第で奥へ移動

写真:藤田 聡

地図を見る

丹頂鶴が鶴公園の奥まで移動すると、観光客の視線というストレスから開放されたせいか、羽を広げてダンスを始めました。日本の各地には鶴舞という地名が多数ありますが、鶴の羽ばたきは本当に優雅でまさに舞のようです!

丹頂鶴の気分次第で奥へ移動

写真:藤田 聡

地図を見る

丹頂鶴のオスとメスが、鶴公園の奥でのんびりと和んでいます。ヒナの姿が見えませんが、何処へ行ったのでしょうか?心配しなくても、大丈夫。非常に意外な場所に居る事が、すぐに判ります!

鶴のヒナがお母さんにおんぶ!

鶴のヒナがお母さんにおんぶ!

写真:藤田 聡

地図を見る

鶴公園の鶴のヒナは、お母さんにおんぶされている姿が超カワイイのです!既に結構な体長に成長したヒナですが、やはりお母さんの背中は大好きです。

鶴のヒナがお母さんにおんぶ!

写真:藤田 聡

地図を見る

鶴公園は北海道東部(道東)にあるので、春でもまだ寒いもの。鶴のヒナもお母さんの背中で温まっています。観光客も、十分な防寒着を着て行きましょう!

鶴のヒナがお母さんにおんぶ!

写真:藤田 聡

地図を見る

丹頂鶴のお母さんとヒナが、おんぶの後で立ち上がった様子がこちら。やはり、かなりの体長に成長したヒナですが、それをおんぶ出来るのですから、鶴の背中は大きいという事です。

なお、こうした様子は鶴公園の奥まった場所で行われるので、観察には双眼鏡や望遠レンズを持参するのがベスト。もちろん、肉眼でも良く見れば見られます!

鶴公園は金網に写真撮影用の穴を完備!

鶴公園は金網に写真撮影用の穴を完備!

写真:藤田 聡

地図を見る

鶴公園は鶴専門の動物園なので、当然ですが金網があります。しかし、写真撮影用の穴が複数あり、鶴の自然な姿を撮影出来ます。

鶴公園は金網に写真撮影用の穴を完備!

提供元:一般社団法人 釧路観光コンベンション協会

http://ja.kushiro-lakeakan.com/photolibrary/地図を見る

鶴公園の写真撮影用の穴には、丹頂鶴の模様が描かれたフタが付います。くるりと回せば、撮影用の穴がオープン。カメラやスマホのレンズが穴の正面になるようにして撮影すれば、金網が全く写り込まない写真を撮影出来ます!

鶴公園は金網に写真撮影用の穴を完備!

写真:藤田 聡

地図を見る

鶴公園には、人(飼育員)に育てられた鶴もいます。そのような鶴は人を恐れない為、人を攻撃してくることもあります。お互いケガをしないように、金網の中に防護ネットを貼っている場合があり、その場合は穴から撮影しても写真のようにネットが写り込みます。丹頂鶴保護の為なので、悪しからずご了承下さい。

鶴公園(釧路市丹頂鶴自然公園)の基本情報

住所:北海道釧路市鶴丘112
電話番号:0154-56-2219
開園時間:4月10日〜体育の日 9:00〜18:00
体育の日の翌日〜4月9日 9:00〜16:00
入園料:一般(高校生以上) 470円
小・中学生110円、未就学児は無料
アクセス:JR根室本線釧路駅から阿寒湖温泉行きバス約60分、鶴公園前下車すぐ
釧路空港から車で約10分

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/05/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -