大統領の願いを継承。バージニア州シャーロッツビルの見どころ5選

大統領の願いを継承。バージニア州シャーロッツビルの見どころ5選

更新日:2019/06/14 11:19

浅井 みらののプロフィール写真 浅井 みらの 総合旅行業務取扱管理者、全国通訳案内士(英語)、世界遺産検定2級、JSBA スノーボード バッジテスト 1級
第3代大統領を務めたトーマス・ジェファーソンが愛し、政界引退後の情熱を注いだ場所として知られる「シャーロッツビル(Charlottesville)」。彼が創立したバージニア大学を中心とする町は、活き活きとした様子が印象的で、町歩きもしやすい環境です。世界遺産にも登録された建築物があり、観光スポットも充実。アメリカのあるべき姿を描き続けてきたジェファーソンの情熱が現在も感じられます。(PR)

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(トラベルjp)

ジェファーソンの家モンティチェロ

ジェファーソンの家モンティチェロ

写真:浅井 みらの

地図を見る

合衆国建国の父の一人、独立宣言の起草者、そして「全ての人間は平等に造られている」と唱えたことが有名で、今も愛され続けているトーマス・ジェファーソン。ヨーロッパの建築様式とジェファーソンのアイデアが共存して建設された邸宅、モンティチェロ(Monticello)は独自の景観美を築き、世界遺産にも登録。米ドルのコインにも登場するほど、アメリカでは親しまれている建物です。

邸宅内部は見学もでき、晴れた日には天窓から日光が降り注ぐ様子も。他にもジェファーソンが毎日訪れたといわれる庭園を巡るツアー(3月〜10月)や、200人の奴隷が働いていた当時の様子を知るツアーなども入場券に含まれています。各ツアーともに45分で、出入り自由です。

ジェファーソンの家モンティチェロ

写真:浅井 みらの

地図を見る

“小さな山”を意味するモンティチェロという名前の通り、そこから見渡す景色は格別の一言。この土地を買った時、まず平らにすることから取り掛かったという話からジェファーソンの土地に対する愛着が感じられます。

駐車場から邸宅へはシャトルバスで5分ほど。常にバスは巡回していますが、ツアー開始の30分前迄に到着していると安心です。木漏れ日が降り注ぐ林道からも徒歩で邸宅に向かえ、行きだと上り坂なので20分、帰りは10分ほど。行きにシャトルバス、帰りは徒歩がおすすめです。途中、本人自らデザインした墓石や家族が眠る墓地を通ります。

ジェファーソンの家モンティチェロ

写真:浅井 みらの

地図を見る

駐車場のすぐ近くにあるチケット売り場には、カフェやショップ、邸宅を紹介する博物館が隣接。ジェファーソンの生涯を辿るシアターもあり、事前に見ておくと邸宅を実際に見た時の感動もひとしおです。

<モンティチェロの基本情報>
住所:931 Thomas Jefferson Parkway, Charlottesville, VA 22902

ジェファーソン待望のヴィンヤード

ジェファーソン待望のヴィンヤード

写真:浅井 みらの

地図を見る

トーマス・ジェファーソンの敷地だった場所にあるジェファーソン・ヴィンヤード(Jefferson Vineyard)は、モンティチェロと一緒に訪れたいスポットです。ジェファーソンがヨーロッパを訪問した際に気に入ったのがワイン。アメリカでも栽培できるよう、偶然ジェファーソン宅に立ち寄ったイタリア人園芸家フィリップ・マッツェイを説得し、モンティチェロのすぐ近くでぶどう栽培が始まります。

しかし、18世紀のバージニアではぶどうが育たず、ワイン作りも断念。1981年にウッドワード家が再度同じ敷地でぶどう作りに挑戦し、1984年にワインの販売を開始します。ジェファーソンの彫刻が置かれた店内では試飲もでき、コルクで作った帽子などおみやげも充実しています。

ジェファーソン待望のヴィンヤード

写真:浅井 みらの

地図を見る

ワインは赤と白の両方を生産。特に湿度を含むバージニア州の気候に適した小粒のぶどう、プチ・ヴェルドのワインが人気です。ワインの味はもちろん、ラベルにもご注目を。オーナーのお父さんが描いたニワトリやネコは味があり、ジェファーソンのサインが入ったボトルはここならでは。

ジェファーソン待望のヴィンヤード

写真:浅井 みらの

地図を見る

ワイナリー目の前には牧場やぶどう畑が広がり、のどかな風景に癒されます。ウッドデッキも用意されていますので、ほろ酔い気分でぜひこちらへ。

<ジェファーソン・ヴィンヤードの基本情報>
住所:1353 Thomas Jefferson Pkwy, Charlottesville, VA 22902

未来の担い手が通うバージニア大学

未来の担い手が通うバージニア大学

写真:浅井 みらの

地図を見る

シャーロッツビルで欠かせないのが、町の中心地に広がるバージニア大学(University of Virginia)。誕生したばかりの国には教育が必要だと感じ、ジェファーソンは大学創立に取り掛かります。1819年に創立後、ジェファーソンは自身の墓石に刻んでほしい功績の1つに“バージニア大学の父”という文言を残すほど、大学は彼の情熱そのものでした。

未来の担い手が通うバージニア大学

写真:浅井 みらの

地図を見る

現在も2万人を超す生徒数を誇り、全米でも優秀な大学として存在感を発揮しているバージニア大学。木々や芝生が生い茂る環境は町の憩いの場として、学生以外の人達も気軽に訪れます。

ローン(Lawn)と呼ばれる中庭を囲んだ建物には学生や教員の住居、教室が入り、扉はメッセージボードの役割も。もし自分がここの生徒だったら…と想像したくなる学び場です。

未来の担い手が通うバージニア大学

写真:浅井 みらの

地図を見る

政治家という印象が強いジェファーソンですが、優れた建築家という一面も彼がデザインした校舎から伺えます。モンティチェロと併せてバージニア大学も世界遺産です。

<バージニア大学の基本情報>
住所:400 Emmet Street South, Charlottesville, VA 22903(駐車場)

町の中心地ダウンタウンモール

町の中心地ダウンタウンモール

写真:浅井 みらの

地図を見る

レンガ造りの建物が続くダウンタウンモールは、昼夜問わず観光客やローカルの人達で賑わうエリア。7ブロックに及ぶ通りは歩行者天国になっているので、のびのびとした雰囲気が漂います。晴れた日にはオープンテラスでお茶を飲んだり、ジェラートを食べたり。流れるひとときをゆっくりと味わえるのも醍醐味です。

町の中心地ダウンタウンモール

写真:浅井 みらの

地図を見る

ダウンタウンモールの中央では、レトロな劇場が一際目を引きます。非営利団体によって運営されるパラマウント・シアターでは毎年10万人近い人たちが訪れ、ライブやバレエなど幅広いジャンルの芸術作品をリーズナブルな価格で鑑賞できるのが魅力。演目やチケットは窓口のほかホームページでも確認できるので、ぜひ。

町の中心地ダウンタウンモール

写真:浅井 みらの

地図を見る

土曜日の朝8時からお昼ごろまで、ダウンタウンモール近くの駐車場でフリーマーケット(シャーロッツビル・シティマーケット)が開催されます。新鮮な野菜のほか、食欲をそそるサンドウィッチやドーナッツなどもあり、ここで朝食を調達するのもおすすめです。

バージニア大学とダウンタウンモールは約2km離れていて、行き来するなら市内を巡っている無料のトロリーが便利。15分間隔で、深夜遅くまで走っています。ただ日曜日に限っては運行間隔も空き、17時が最終なのでご注意を。

<ダウンタウンモールの基本情報>
住所:Main Street沿い, Charlottesville, VA 22902

ローカルが通うレストラン!ヌーク

ローカルが通うレストラン!ヌーク

写真:浅井 みらの

地図を見る

地元の人達が訪れるレストランも滞在中に一度は入ってみたいもの。アメリカンダイナーのヌーク(The Nook)は、ダウンタウンモールの東側にあり、落ち着いたレンガ色の建物と黒白のシンプルな看板が目印。時間を問わず朝食メニューを注文できますので、時差ボケで本調子じゃない時に嬉しい存在です。

ローカルが通うレストラン!ヌーク

写真:浅井 みらの

地図を見る

1951年にオープンした店内の壁には、レイ・チャールズが演奏する姿など町で起きたイベントの写真が並び、お店と共に過ごしてきた歴史が感じられます。

ローカルが通うレストラン!ヌーク

写真:浅井 みらの

地図を見る

ハンバーガーやミートローフなどアメリカンなメニューが揃うなか、もちろんオムレツやフレンチトーストなど朝食メニューも充実。特にコンビーフは缶入りとは異なるジューシーな食感で、適度な塩気はじゃがいもとの相性も良好です。パンはトーストも選べますが、お店で作るビスケットをあえてチョイスすれば一気に南部っぽさが感じられる食事になります。

<ヌークの基本情報>
住所:415 E Main St, Charlottesville, VA 22902

車以外のアクセスも良好

シャーロッツビルはアムトラックの鉄道駅やグレイハウンドのバス停があり、ワシントンDCやNYから乗り換えなしで訪れられます。ワシントンDCからだと、片道2時間半ほどです。

自由と平等を尊重し、生まれたばかりのアメリカのために奔走したトーマス・ジェファーソン。彼の情熱は途絶えず、地元シャーロッツビルの若い世代に受け継がれています。訪れた際は、今も人々を魅了する偉人が愛した土地を肌で感じてみてはいかがでしょうか。

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

【この記事は バージニア州観光局とユナイテッド航空 とのタイアップです】

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -