骨をストローで吸うの?マレーシア・ディープローカルグルメの世界

骨をストローで吸うの?マレーシア・ディープローカルグルメの世界

更新日:2019/05/13 16:29

U KOARAのプロフィール写真 U KOARA ぬい撮りトラベラー
多民族国家のマレーシア。マレー料理を始め、中華・インド・ババニョニャなど多彩な料理があり、滞在中は食事に飽きることがありません。バクテー、サテーやラクサ、ナシレマッはマレーシアを代表する料理として有名です。
でも、もっとローカルなごはん、あるのです。今回は、運が良ければホテルのビュッフェで出会えそうなものから、ガイドブックには載らないような超ローカルグルメまでご紹介します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。また一部の都道府県が特定警戒地域に指定されており、不要不急の外出自粛が求められています。各種報道機関の発表や外務省のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

初級編〜オタオタ・フィッシュヘッドカレー・ガドガド

初級編〜オタオタ・フィッシュヘッドカレー・ガドガド

写真:U KOARA

地図を見る

まずは比較的簡単に食べられそうな3品をご紹介します。

「オタオタ」
魚のすり身にココナッツミルク、玉ねぎ、スパイスを練りこんでヤシの葉で包み炭火焼した料理です。地域によってはバナナの葉で包むこともあります。
魚やエビ、貝など、数種類の味があります。
例えるなら、日本のかまぼこをスパイシーにしたものに近いでしょうか。まあ、ビールが欲しくなる味。店頭で焼いているので、オタオタ屋さんにに立ち寄って1本食べ歩きもお勧めです。

<基本情報>
店名:K&Y Food Enterprise
住所:No,55,Jalan Bentayan 84000 Muar Johor Darul Takzim

初級編〜オタオタ・フィッシュヘッドカレー・ガドガド

写真:U KOARA

地図を見る

「フィッシュヘッドカレー」
マレーシアにはインド料理レストランも沢山あります。カレーの種類も沢山。何にするか迷いますよね。マレーシアに来たら絶対に食べたいのがフィッシュヘッドカレー。
ジョホールバルで一番といわれているレストラン“スパイス・ヴィラ”のフィッシュヘッドカレーは鯛の頭がそのままカレー鍋に入っています。(画像中央)
ナンをとる手が止まらなくなる程よい辛さと旨みは体験する価値あり!

<基本情報>
店名:Restaurant Spice Villa
住所:232-250,Jalan Dato Sulaiman,Taman Abad 80250 Johor Bahru,Johor Darul Takzim(ホリディヴィラ ジョホーバルシティセンター内)

初級編〜オタオタ・フィッシュヘッドカレー・ガドガド

写真:U KOARA

地図を見る

「ガドガド」
ビュッフェ式レストランに並べられた厚揚げ、ゆで卵、人参、きゅうり、テンペ、もやしとソース。こちらはガドガドというインドネシアの影響を受けたマレーシア料理。食べ方は簡単、全ての具材をお皿に盛り、ピーナッツソースをかけます。

ソースの味はサテーに付けるピーナッツソースとほぼ同じですが、辛くないのでジャージャー麺の具に近い感じです。マレーシアではよく食べられますが、旅行者が出会う機会は少ないので、見かけたらトライしてください。

<基本情報>
店名:Royale Chulan Seremban
住所:Jalan Dato’ A.S. Dawood, 70100 Seremban, Negeri Sembilan

中級編〜アイシートレジャーチキン・朝食サテー・フルーツたっぷりの料理

中級編〜アイシートレジャーチキン・朝食サテー・フルーツたっぷりの料理

写真:U KOARA

地図を見る

次は中級編。レストランで出会えたらラッキーな最初の料理はチャイニーズ。

「アイシートレジャーチキン」
中華レストランのメニューにあったらオーダーしたいアイシートレジャーチキン。氷のボウルの中に冷たい鶏のから揚げ、ライチ、氷が入っています。
そして、スプーンで氷をカチカチと割って中身を取り出します。冷たいから揚げは酢豚のような、少し酸味のある味付け。そしてカリカリサクサクの食感!冷たいのに美味しい!この初めての感覚は他の国ではなかなか体験できません。

<基本情報>
店名:Nelayan Seafood By The coast
住所:Desaru Coast 81930 Bandar Penawar,Jphor Darul Takzim,Johor

中級編〜アイシートレジャーチキン・朝食サテー・フルーツたっぷりの料理

写真:U KOARA

地図を見る

「朝食サテー」
マレーシア料理を代表するBBQサテー。串に刺した鶏肉や牛肉をピリ辛のピーナッツダレに付けていただきます。そう、これだけでは珍しくないのです。

こちらのサテー、マレーシアでは普通ランチやディナーで食べますが、ムアール地方では朝食に食べる習慣があります。
朝から焼き鳥、焼き牛とはなかなかハードです。マレーシアの優しい味のおかずやお菓子と一緒に並ぶサテー。もりもり食べれば朝から元気が出ますよ。

<基本情報>
店名:R&H Cafe,Satay Maharani
住所:15, jalan sri temenggong 26, Taman Sri Temenggong, 84000 Muar, Johor

中級編〜アイシートレジャーチキン・朝食サテー・フルーツたっぷりの料理

写真:U KOARA

地図を見る

「フルーツたっぷりの料理」
ジョホール州のデサル・フルーツファームのランチは、フルーツ尽くし。パイナップルシュリンプやジャックフルーツの煮物、イカフライにドラゴンフルーツソースなど、見た目も美しく、甘酸っぱい食事を楽しめます。
もちろん、有機栽培されたフルーツビュッフェは最高なので、フルーツが好きなら絶対におすすめ!

<基本情報>
店名:Desaru Furuit Farm
住所:Sungai Cemaran Desaru 81900 Kota Tinggi,Johor
アクセス:ジョホールバル中心地から車で約1時間

上級編〜ナシアンベン・ミールブス・リバーオイスター

上級編〜ナシアンベン・ミールブス・リバーオイスター

写真:U KOARA

地図を見る

上級者向けは、食べに行くのも結構大変!それでも食べてみたい超ローカルグルメ。

「ナシ・アンベン」
ジョホール州やセランゴール州の名物料理ナシ・アンベン。日本のチラシ寿司のような、ちょっとしたお祝いの席などで食べられる料理です。バナナの葉にライスを敷き、その上にタピオカの葉の炒め物、焼きそば、ローストチキン、その他おかずを数種類をのせます。大皿料理で、一皿を4〜5人でシェアします。

食べ方は右手だけを使い、おかずとごはんをバランスよく親指で混ぜ、押し出しながらながら口に運びます。その難しいこと!お米はパラパラまとまらないし、初めてだと全然うまく食べられません。もっと食べたいのに食べられないもどかしさ。
また、右手だけでチキンをちぎるというのもとても珍しい体験でしょう。味は辛すぎず、日本人の口にも合います。

<基本情報>
ステイ先:Homestay Parit Bugis
住所:171,Parit No.4 Jalan Yusof 83600 Semerah Batu Pahat,Johor Darul Takzim

上級編〜ナシアンベン・ミールブス・リバーオイスター

写真:U KOARA

地図を見る

「ミー・ルブス」
ジョホールの名物麺ミー・ルブス。このストローは一体...。
手前の平たいプレートがミー・ルブス。黄色い卵麺に厚揚げ、もやし、ゆで卵に刻み唐辛子。とろみのあるスープは干し海老の出汁とサツマイモ。そして真ん中にあるのが骨付きラム肉。このストローはスープを吸うためではなくて、骨の中の髄液、いわゆるコラーゲンを吸うためのもの。

ライムをきゅっと絞っていただきます。見た目は独特ですが、実際に麺やスープの味はまろやかで、これも日本人にはお勧めしたい料理です。通常のミー・ルブスは骨付き肉は入ってなく、「ギアボックス」という名前のものにラム肉が入ります。

奥のボウルに入ったものはラムスープ。スープカレーのような味付けで、白いライスと一緒にいただきます。

<基本情報>
店名:Restoran ZZ Sup Tulang
住所:20, Jalan Petri 5/1, Kampung Bahru, 80100 Johor Bahru, Johor

上級編〜ナシアンベン・ミールブス・リバーオイスター

写真:U KOARA

地図を見る

「リバーオイスター」
ムアール川で養殖しているムアール名物リバーオイスター。
川の流れが弱く、海水が少し混ざった一部のエリアだけで作られる牡蠣は、季節に関係なく食べることができます。ライムを絞ったシンプルな生牡蠣や、フライ、チーズソースもあります。
ムアール川のほとりで珍しいリバーオイスターを味わってください。

<基本情報>
店名:Oyster Bay Muar
住所:Kampung Parit Setongkat 84000 Muar,Johor
アクセス:ムアールリバークルーズ船乗り場より15分

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ディープなローカルグルメの旅をしよう

ガイドブックにも登場しないマレーシアのローカルグルメ、いかがでしたでしょうか?マレーシアは食いしん坊におすすめの国。地元の人に混ざってローカルグルメの旅をしてみませんか?

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

取材協力:マレーシア政府観光局

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/15−2019/04/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -