加賀・山中温泉「我戸幹男商店」の美意識!世界に誇る山中漆器を買う

| 石川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

なおぢ はるみのプロフィール写真 なおぢ はるみ 旅するデザイナー

かの松尾芭蕉も愛した日本の名湯・山中温泉。温泉街のメイン通り・ゆげ街道沿いに、ひと際注目を集める加賀の伝統工芸・山中漆器の「我戸幹男商店」直営店「GATO MIKIO/1」があります。1908年創業。百年以上も続く正真正銘の老舗でありながら、他の漆器とは一線を画し、現代人の暮らしに調和する新しい美しさを魅せるデザインは、訪れる温泉客の心を掴んで離さないのです。
家族で楽しめる旅行先はこちら

伝統工芸の概念が一気に変わる

伝統工芸の概念が一気に変わる

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

「GATO MIKIO/1」は山中温泉総湯菊の湯からこおろぎ橋の入口まで続く、ゆげ街道沿いにあります。いわゆるお土産街道で、たくさんの温泉客がお散歩がてらショッピングを楽しむエリアです。

伝統工芸の概念が一気に変わる

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

こおろぎ橋に向かって15〜20分ほど歩くと左手に、「GATO MIKIO/1」のひと際シックな佇まいの建物を見つけることができます。車で行く方は「GATO MIKIO/1」の前に観光駐車場があるので便利ですよ。

伝統工芸の概念が一気に変わる

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

店内に入った瞬間、(え? これ伝統工芸?!)と声がもれそうになる、モダンな店内と商品に釘付けです。山中漆器の高い技術と精鋭のデザイナーがタッグを組んで生まれた商品達は、伝統工芸に興味を持っていなかった人にも、手に取ってみたくなる美しさです。

欲しすぎる! 山中漆器

欲しすぎる! 山中漆器

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

優れた轆轤(ろくろ)の技術に裏打ちされたあらゆるフォルムの商品が、ずらりと並ぶ店内。黒の壁、ストイックな内装であるにもかかわらず、人の手で作った木製品独特の温もりで調和され、決して入りにくいお店ではありません。むしろ、入りやすく、ゆったりと商品を選ぶことができるお店です。

欲しすぎる! 山中漆器

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

「我戸幹男商店」の山中漆器は、現代の暮らしに寄り添う商品であることが、大きな魅力。サラダやカレー、パスタなど、普段の料理が映える器が揃います。その上、日本有数の伝統工芸・山中漆器の品位がしっかり感じられるので、大事な人へのお土産には確実に喜ばれます。

欲しすぎる! 山中漆器

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

「よかったら、お茶でもどうぞ」とお店の方が淹れてくれるのは、香り高さと美味しさで人気の丸八製茶場・献上加賀棒茶。湯呑ももちろん山中漆器で、実際にここで使って気に入り、湯呑を買って帰るお客さんも多数。茶筒は「我戸幹男商店」と丸八製茶場のコラボ商品で、こちらも要チェック!

用の美にうっとり!

用の美にうっとり!

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

「GATO MIKIO/1」に行ったなら、是非オーダーすべきは、直営店限定GATO MIKIO/individual、セミオーダーのサービスです! 13種類のお椀から好きな形を選び、色・塗分け・名入れをカスタマイズしてオリジナルのお椀をつくれると言うもの。何と、2145パターンできるそう!

伝統工芸を自分好みにオーダーできるなんて、贅沢な体験! 仕上がりには1ケ月間〜かかりますが、山中漆器の職人さんがひとつ一つ丁寧に仕上げてくれて、出来上がったら発送してくれるので、最高の旅土産になること間違いなしです。

用の美にうっとり!

提供元:我戸幹男商店

http://www.gatomikio.jp/home.html地図を見る

フォルムや木目の美しさに息を飲む、こちらの酒器も必見。こんなに細く薄く出来るのかと、山中漆器の木地師の技術力に圧倒されます。こんな酒器で、ワインやシャンパンをいただけたら、最高です。

用の美にうっとり!

提供元:我戸幹男商店

http://www.gatomikio.jp/home.html地図を見る

インテリア性の高い作品が充実している「我戸幹男商店」。一輪挿しのシリーズ“MUSUBI”は、5つの自然要素、土・水・太陽・空気・風をモチーフにしていて、花を生けている時もいない時も、詩的な存在感を持つ作品です。

ディスプレイにも注目!

ディスプレイにも注目!

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

「GATO MIKIO/1」の店内には、山中漆器の工程を知る材や機械がディスプレイされています。木の切り株に椀の丸を描いた“縦木取り”という工程のもの、轆轤の機械などが陳列什器の下に置かれていますよ。

ディスプレイにも注目!

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

面白いのはこちら。何やら木のタワーのようですが、これは山中漆器の工程を物語る“輪積み”。

ディスプレイにも注目!

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

大まかな形に削った“荒挽き”という分厚い椀のような材を、削りやすくするために木の水分を飛ばす際、こんな風に積み上げるのだそう。こんなモニュメントみたいなものも、山中漆器の繊細な仕上がりを生む工程なのです。店内の作品やディスプレイに、興味を持ったら気軽にお店の方に質問してみましょう。漆器の大生産地・加賀へ旅したからこその、学びがあるはず!

必見!2階ギャラリー

必見!2階ギャラリー

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

「GATO MIKIO/1」の2階は、山中漆器が誇る名工達が生み出してきた国宝級作品のギャラリーになっています。山中漆器をもっと知りたい!という人は、ぜひ2階へ。スタッフの方に声をかけて上がりましょう。

必見!2階ギャラリー

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

「GATO MIKIO/1」のコンセプトは、原点回帰。店舗で見る商品は、どれも新しさを感じます。しかし、どれも歴史ある山中漆器の技術があってこそ、名工達の歩みがあってこそ、生まれてきたものです。

「GATO MIKIO/1」が、おしゃれな山中漆器が買えるお店というだけではない、山中漆器の魂を発信するコンセプトショップであると、2階ギャラリーを併設されていることからも伝わります。

必見!2階ギャラリー

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

2Fのギャラリーとは対照的に、伝統工芸をもっと気軽に取り入れられる、女性に嬉しい商品もありますよ! こちらのヘアアクセサリーは1,500円とカジュアルなお値段。温泉旅ですもの。山中漆器のヘアアクセサリーで髪をまとめて、温泉にゆったり浸かりましょ。

GATO MIKIO/1の基本情報

住所:石川県加賀市山中温泉こおろぎ町ニ-3-7
電話番号:0761-75-7244
アクセス:
金沢駅から温泉特急バスで1時間15分、山中温泉菊の湯下車 徒歩10分
加賀温泉駅から路線バス温泉山中線で30分、山中温泉下車 徒歩15分
加賀温泉駅から車で20分
小松空港から車で30分
営業時間:午前9時〜午後5時 木曜定休

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -