港を眺めてフルーツパフェも…「旧税関」でひたる門司港レトロ

港を眺めてフルーツパフェも…「旧税関」でひたる門司港レトロ

更新日:2019/10/10 17:14

万葉 りえのプロフィール写真 万葉 りえ アマチュア写真家
明治20年代に国の特別輸出港に指定され、栄えた門司港。大正時代から昭和にかけては、神戸・横浜と並ぶ日本三大港の一つとして国際貿易の重要な拠点にもなっていきました。
貿易で大事な機関が税関ですよね。レンガ造りの旧門司税関は明治45年に建てられ昭和初期まで使われていたもの。館内には無料の休憩所もありますが、おすすめは果物店のこだわりスイーツです。果物ゆかりの貿易港でフルーツたっぷりのパフェもどうぞ。こんなに安い!福岡ツアーの最安値はこちら
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

繁栄を極めた門司港

繁栄を極めた門司港

写真:万葉 りえ

地図を見る

現在の北九州市から少し内陸へ入った筑豊地方は、明治時代から石炭の採掘が本格化し日本の産業を支えていきます。また明治30年代には官営の八幡製鉄所も操業をはじめ、門司港は大陸貿易の発展とともにますます栄えていきました。往時は商社や銀行の支店だけでなく外国商館もある、日本経済にとって大変重要な港だったのです。

映画にもなった「海賊と言われた男」。この小説は出光の創業者がモデルとなっているのですが、そこにも当時の門司港がいかに日本にとって重要な場所で栄えていたかが描かれています。

近代化を表す、ネオルネッサンス様式の建物

近代化を表す、ネオルネッサンス様式の建物

写真:万葉 りえ

地図を見る

開国して海外との取引が始まれば、国際貿易港に必要なのは税関です。明治42年に門司税関が発足したことにより、この建物は明治45年に建てられました。

瓦葺き二階建てで、特注の赤レンガと御影石を使ったネオ・ルネッサンス様式と言われる大変モダンな造り。昭和初期まで税関庁舎として使われ、様々な物資の監視にあたっていたのです。

近代化を表す、ネオルネッサンス様式の建物

写真:万葉 りえ

地図を見る

内部もご覧のように赤レンガ造りです。建物内を見て周れば、税関として使われていた頃に二階の床をささえていた構造が今もご覧いただけます。

「近代化歴史遺産」認定の無料休憩所

「近代化歴史遺産」認定の無料休憩所

写真:万葉 りえ

地図を見る

傷みが出ていた建物の復元が行われたのは平成6年のこと。北九州市は復元のための赤レンガを特注したといいます。歴史的価値が高く「近代化歴史遺産」に認定されており、現在はふき抜けになっている大きな空間が、門司港のレトロ地区を訪れた人々の休憩の場になっています。

「近代化歴史遺産」認定の無料休憩所

写真:万葉 りえ

地図を見る

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

港を見渡せる展望室

港を見渡せる展望室

写真:万葉 りえ

地図を見る

ギャラリーとしても使われるこの建物。せっかくなら三階にある展望室へも上がってみましょう。

港を見渡せる展望室

写真:万葉 りえ

地図を見る

今でこそ周りに高いビルがありますが、展望室からは跳ね橋や関門海峡を行き交う船などが眺められます。ここに立てば、この場所が港の様子を見るにもよい位置だったことがおわかりいただけるでしょう。

フルーツも輸入された門司港で 人気のフルーツパーラー

フルーツも輸入された門司港で 人気のフルーツパーラー

写真:万葉 りえ

地図を見る

門司のレトロ地区を散策していると、バナナに関するポスターなどに気づかれた方もあるでしょう。そうです、ここは南の国からたくさんのバナナが輸入され、「バナナのたたき売り」が始まった地。今でもバナナのたたき売りのイベントが開かれているのです。バナナ以外でも、船で暑い国から輸入されてきた数々のフルーツたち。

フルーツも輸入された門司港で 人気のフルーツパーラー

写真:万葉 りえ

地図を見る

そんな歴史がある門司には、果物専門店IKADOが展開する世界中のフレッシュフルーツを購入したり食べたりできる店があります。それが人気のフルーツパーラー「Mooon」です。

その一つが「Mooon de retro モーン デ レトロ」という名で旧税関一階の一角に入っています。パフェの内容が季節ごとに変わっていく楽しさも、そしてフルーツのフレッシュさもたっぷりさも果物専門店なればこそ!

フルーツも輸入された門司港で 人気のフルーツパーラー

写真:万葉 りえ

地図を見る

店内は白を基調としたさわやかな内装。テーブル席もありますが、窓にそって並んでいるカウンター席から行きかう船を眺めつつ門司の歴史をちょっと感じて過ごすのも。また、レトロな中庭のテラス席も好評です。

ぜひ様々なフルーツのさわやかな味を楽しみながら、門司港がたどってきた歴史も味わってみてください。

<Mooon de retroの基本情報>
住所:福岡県北九州市門司区東港町1-24 門司税関内
営業時間:11:00〜17:00
休日:不定休

旧門司税関の基本情報

住所:福岡県北九州市門司区東港町1-24
営業時間:9:00〜17:00
料金:無料

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。


こんなに安い!福岡ツアーの最安値はこちら

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -