誰もがノスタルジックを感じる場所!愛媛県内子町を街ブラ

| 愛媛県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

誰もがノスタルジックを感じる場所!愛媛県内子町を街ブラ

誰もがノスタルジックを感じる場所!愛媛県内子町を街ブラ

更新日:2019/06/24 17:04

島塚 渓のプロフィール写真 島塚 渓 トラベルライター
約600メートルにわたって商家などの歴史的な建物が続く、愛媛県内子町(うちこちょう)の八日市護国(ようかいちごこく)地区。重要伝統的建造物群保存地区に選定されている町並みは、都会生まれの人でも、どこか懐かしさを感じる不思議なスポット。ぜひみなさんも内子を散策して、至極のゆったりとした時間を過ごしてみてください!
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

歴史ある商家が立ち並ぶ町

歴史ある商家が立ち並ぶ町

写真:島塚 渓

地図を見る

山裾に延びる街道沿いには、江戸から明治にかけて、木蝋(もくろう)で財を成した商家の家々が並んでいます。ハゼの実からつくられる木蝋は、ロウソクや口紅の原料として使用され、昔の生活にはなくてはならない商品でした。

内子町は日本最大規模の木蝋の生産地域で、最盛期には全国の約30パーセントを占めていたと言われています。そのため、付近の家々は大商人にふさわしい、豪華でオシャレな造りが多くなっています。

歴史ある商家が立ち並ぶ町

写真:島塚 渓

地図を見る

木蝋生産で栄えた内子の代表格とも言える商家が、こちらの本芳我(ほんはが)家。明治22年(1889年)に建てられた主屋は、亀甲型のなまこ壁や鶴・亀・波などが刻まれた漆喰彫刻で彩られています。
左官職人が“こて”を使って仕上げた漆喰装飾を「鏝絵(こてえ)」と呼び、内子では顔料で着色したカラフルな色合いの漆喰を見ることができるんです。

歴史ある商家が立ち並ぶ町

写真:島塚 渓

地図を見る

本芳我家の隣に立地する大村家(写真1番左)は、内子でも最古級の建物で、寛政年間(1789年から1801年)に建てられました。染め物業や製糸業などで財を成し、2階に取り付けられた格子状の「虫籠窓(むしこまど)」が可愛らしいポイント。
これら2つの建物は、外観の見学は可能ですが、内部は非公開となっているので注意してください。(本芳我家は庭園も見学可能)。

<本芳我家住宅・大村家住宅の基本情報>
住所:喜多郡内子町内子2888(本芳我家)、喜多郡内子町内子2892(大村家)

昔ながらの芝居小屋も見逃せない

昔ながらの芝居小屋も見逃せない

写真:島塚 渓

地図を見る

伝統的な町並みから少し下った位置にある内子座(うちこざ)は、大正5年(1916年)に建設された芝居小屋。内子が木蝋の生産で栄えていたころ、娯楽の場として発案され、地元有志の出資によって創建されました。
木造瓦葺きの外観は、昔ながらの情緒たっぷりで、講演のない日には舞台装置や観客席の見学もできるんです。

昔ながらの芝居小屋も見逃せない

写真:島塚 渓

地図を見る

約650人を収容できる客席は、1階に「枡席(ますせき)」と呼ばれる、伝統的な観客席が用意されています。これは映画館のように1人で座るのではなく、四角い席に4人から6人くらいがまとめて入って座るもの。
その下手(観客から見て左側)には花道が設置され、すぐ近くを役者が通るようになっています。内子座では、この花道も自由に見学できるので、役者気分で歩いてみてはいかがでしょうか!?

昔ながらの芝居小屋も見逃せない

写真:島塚 渓

地図を見る

内子座では、いろいろな舞台装置を見学できますが、なかでも「奈落(ならく)」と呼ばれる地下空間は、他ではなかなか見ることができない貴重なもの。
役者や大道具を持ち上げる「せり」や場面転換の際に舞台を回転させる「回り舞台」の仕掛けがあり、芝居の舞台裏を覗くことができるんです。機械化されていなかった当時のものなので、これらの仕掛けはすべて人力で動くように設計されています。

<内子座の基本情報>
住所:喜多郡内子町内子2102
営業時間:9:00から16:30、定休日は年末年始(12/29から1/2まで)
料金:大人400円、小中学生200円、幼児無料

巨大な涅槃仏が安置されている寺院

巨大な涅槃仏が安置されている寺院

写真:島塚 渓

地図を見る

八日市護国地区の最も高い場所に位置しているのが「高昌寺(こうしょうじ)」。室町時代に創建されたお寺で、伽藍配置が福井県の永平寺に似ていることから、伊予のミニ永平寺とも呼ばれています。

巨大な涅槃仏が安置されている寺院

写真:島塚 渓

地図を見る

高昌寺の山門前にあるのが、こちらの巨大な涅槃仏(ねはんぶつ)。長さ10メートル、重さは200トンもあり、日本最大級の大きさを誇っています。
中国の敦煌にある涅槃仏をもとにして、平成10年に作られたもので、日本ではなかなかお目にかかれない涅槃仏を間近に見ることができる貴重な場所となっていますよ。

<高昌寺の基本情報>
住所:喜多郡内子町城廻117

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

美しい町並みを気ままに散策してみては

愛媛県内子町は、どこかノスタルジックを感じる歴史情緒あふれる町です。都会の喧騒を離れて癒しの時間を過ごしたい人にはピッタリの場所になっているので、ぜひ訪れてみてください!

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -