小豆島エンジェルロードの楽しみ方!恋人の聖地は朝と夕方

| 香川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

風祭 哲哉のプロフィール写真 風祭 哲哉 B級スポットライター、東海道完歩ブロガー、青春18きっぷ伝道師

エンジェルロードといえば恋人たちの聖地として今や小豆島で1番の人気スポット。しかし天使の散歩道にも休日には多くの観光客が押し寄せ、残念ながら恋人たちがロマンティックに手を繋いで歩くような雰囲気ではありません。

そこでこのエンジェルロードで、神聖なる恋人たちの場所らしく過ごす方法をご紹介しましょう。ポイントは早朝や夕方を狙うこと。さらにエンジェルロード近くのホテルに宿泊すれば最大限に楽しめます。

小豆島エンジェルロードは本来恋人たちの聖地のはず…

小豆島エンジェルロードは本来恋人たちの聖地のはず…

提供元:香川県観光協会

https://www.my-kagawa.jp/地図を見る

エンジェルロードは小豆島の南西部、島の表玄関、土庄港から車で10分ほどの場所にある人気の観光スポット。
小豆島と対岸の余島の間に潮が引いた時だけ砂浜の美しい道が現れることから、いつからか「天使の散歩道」と呼ばれ、このエンジェルロードを手をつないで歩いた二人は結ばれる、というロマンティックな伝説が生まれました。

小豆島エンジェルロードは本来恋人たちの聖地のはず…

写真:風祭 哲哉

地図を見る

しかしこうした伝説がネットやSNSで拡散されたことにより、以前にも増して休日はたくさんの観光客が訪れ、平日でも観光バスの立ち寄りスポットとなっているため、日中は「恋人たちの聖地」というような厳かな雰囲気はありません。

小豆島エンジェルロードは本来恋人たちの聖地のはず…

写真:風祭 哲哉

地図を見る

そこでおすすめは、人の少ない朝や夕方を狙って訪れること。ご存知の通り小豆島へは船でしか行けないため、高松や岡山から土庄に朝一番で到着する便や、日没後に出航する便を使えば日帰りでもこの時間帯にエンジェルロードに滞在することは可能ですが、できれば島内に宿泊するほうがゆっくり楽しめます。

エンジェルロードは早朝と日没後マジックタイムがいい

エンジェルロードは早朝と日没後マジックタイムがいい

提供元:香川県観光協会

https://www.my-kagawa.jp/地図を見る

エンジェルロードが現れるのは1日2回の引き潮の時間帯で、通常は干潮の前後2〜3時間程度。そのためほとんどの日で朝か夕方のどこかで目にすることができ、タイミングが合えば朝と夕方、両方楽しむこともできます。
エンジェルロードを歩いて渡るのは道幅が広い干潮の前後がいいのですが、一番美しく見えるのは道幅が細くなってからなので、干潮から2時間ほど前か後。このあたりも計算して訪問時間を計画するといいでしょう。

またシーズン中は朝8時を過ぎると人が増え始め、日没近くまで混みあうこともありますので、できれば早朝か、日没後のマジックタイムが本当のおすすめの時間帯です。

エンジェルロードは早朝と日没後マジックタイムがいい

写真:風祭 哲哉

地図を見る

エンジェルロードのたもとには「約束の丘展望台」と呼ばれる小高い岩場があります。この頂上は恋人の聖地に認定され「幸せの鐘」を鳴らすことができますが、早朝や日没近くならここで並ぶこともなく、記念写真も撮り放題。

エンジェルロードは早朝と日没後マジックタイムがいい

写真:風祭 哲哉

地図を見る

また、この約束の丘展望台はエンジェルロードを間近に見下ろす展望スポットとなっていますので、ここから日の出や日没を静かに、厳かに鑑賞するには最高の場所といえるでしょう。

エンジェルロード公園の人気撮影スポットも待ち時間なし!

エンジェルロード公園の人気撮影スポットも待ち時間なし!

写真:風祭 哲哉

地図を見る

エンジェルロードの入口にあるエンジェルロード公園には天使にちなんだ撮影スポットが数多くあり、カップルや女子に人気のインスタ映えスポットとなっています。

こちらは天使の休息と名付けられたアートベンチ。朝や夕刻であれば、こうしたスポットも比較的空いていますので、いろいろなポーズでゆっくりと撮影ができます。

エンジェルロード公園の人気撮影スポットも待ち時間なし!

写真:風祭 哲哉

地図を見る

こちらはエンジェルロード観光案内所の売店の横にある天使のポスト。このポストに投函された郵便物にはエンジェルロードやオリーブなど、小豆島の風景がデザインされた消印が押されますが、羽が付いた天使のような色のかわいいポストとしても人気です。

エンジェルロード公園の人気撮影スポットも待ち時間なし!

写真:風祭 哲哉

地図を見る

エンジェルロードの入口付近にある「蛭子(えびす)神社」には恋みくじの自動販売機があり、おみくじを結ぶ場所が天使の羽になったりハート型になったりしていて、ここも隠れたインスタ映えスポットです。

「小豆島国際ホテル」はエンジェルロード前の白亜のリゾート

「小豆島国際ホテル」はエンジェルロード前の白亜のリゾート

写真:風祭 哲哉

地図を見る

小豆島に宿泊してエンジェルロードを楽しむのなら、まず最初に名前があがるのが、エンジェルロードの最も近くに建つ白亜のリゾート「小豆島国際ホテル」。
近くの土庄港近辺にも数多くのホテルがあり、朝夕の散歩に来ることはできますが、客室から様子を眺めながら、一番いいタイミングでぶらっと散策に出かけるにはこれほど便利な立地はありません。

「小豆島国際ホテル」はエンジェルロード前の白亜のリゾート

写真:風祭 哲哉

地図を見る

写真は本館客室からの眺めた早朝のエンジェルロード。このほか大浴場や露天風呂からも間近にエンジェルロードを望むことができます。
ホテル館内から天使の散歩道へは専用の遊歩道を使って徒歩1分。まさにエンジェルロードを徹底的に楽しむためのホテルです。

「小豆島国際ホテル」はエンジェルロード前の白亜のリゾート

提供元:小豆島国際ホテル

http://www.shodoshima-kh.jp/地図を見る

小豆島国際ホテルの「エンジェルカフェ」は潮風を感じながらエンジェルロードを一望できるカフェ。建築家・安部良氏がプロデュースしたシーサイドテラスのオープンカフェでは瀬戸内のレモンを使用したドリンクをはじめ軽食も楽しめます。

チェックインしてから夕暮れまでのひとときを、エンジェルロードを間近に眺めながらここでのんびりと過ごすのもおすすめです。

「天空ホテル海廬」は高台からのエンジェルロード眺望が魅力

「天空ホテル海廬」は高台からのエンジェルロード眺望が魅力

写真:風祭 哲哉

地図を見る

小豆島国際ホテルから国道をはさんだ高台にあるのが「天空ホテル海蘆」。海側の客室からはもちろん、露天風呂やロビーからも、その名の通りまるで天空からエンジェルロードを見下ろすかのような眺望が魅力のホテルです。

「天空ホテル海廬」は高台からのエンジェルロード眺望が魅力

写真:風祭 哲哉

地図を見る

天空ホテル海蘆でおすすめの場所はロビーの前に広がる空中庭園。芝生の上のウッドチェアーに腰かければ、目の前のエンジェルロードや瀬戸内海の穏やかな海と島々の絶景をゆっくりと楽しむことができます。
また、庭園の横からはエンジェルロードへの近道が通じているので、坂を下れば約5分。こちらもエンジェルロード散策には便利なホテルと言えるでしょう。

小豆島エンジェルロードは、便利なホテルに宿泊して楽しもう

今や大人気の観光スポットとなった小豆島エンジェルロード。恋人たちが神聖な時間を過ごすには早朝や夕方がおすすめです。もちろん恋人同士でなくても静かにゆっくりとエンジェルロードを楽しみたいなら近くのホテルに宿泊するのがベスト。

エンジェルロードまわりには人気の撮影スポットもたくさんありますので、ぜひ人の少ない時間を狙って思い出もたくさん残してみてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/05/03−2019/05/05 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -