NZオークランドのシンボル「スカイ・タワー」を徹底ガイド!

| ニュージーランド

| 旅の専門家がお届けする観光情報

NZオークランドのシンボル「スカイ・タワー」を徹底ガイド!

NZオークランドのシンボル「スカイ・タワー」を徹底ガイド!

更新日:2019/05/16 09:25

makana airiのプロフィール写真 makana airi 週末トラベラー

ニュージーランド最大の都市、オークランド。その街のシンボルであるスカイ・タワーは南半球最大の高さを誇り、市内のどこからでもその姿を見ることができるほどです。今回は、そんなスカイ・タワーからの景色や、オシャレなカフェ、アクティビティなど魅力をご紹介致します。

市内のどこからでも見える!スカイ・タワー

市内のどこからでも見える!スカイ・タワー

写真:makana airi

地図を見る

1997年の8月にオープンしたスカイ・タワーは南半球で最大の高さで、市内のどこからでもその姿を見ることができるほどです。タワー地上階は、ホテルやカジノ、飲食店などを含むスカイ・シティという施設になっています。現地のテレビ局やラジオ局の電波塔としても使用されており、オークランドの人々にとって欠かせない存在なのです。

市内のどこからでも見える!スカイ・タワー

写真:makana airi

地図を見る

ガラス張りのエレベーターで一気に展望台まで上がります。入場券で入場できるのは60階(地上220m)のスカイデッキと、51階(地上186m)のメイン展望台、50階(地上182m)のスカイ・カフェ。ガラスの床からは地上の車や人が米粒ほどに見え、足がすくんでしまいそうです。

スリル満点!アクティビティで度胸試しも!?

スリル満点!アクティビティで度胸試しも!?

提供元:AJ Hackett Bungy New Zealand

https://skyjump.co.nz地図を見る

スリルを味わいたいという方必見!スカイジャンプやスカイウォークといった何ともスリリングなアトラクションを楽しむことができます。スカイジャンプは、192mの高さから時速約85kmで13秒以上も落下し続けるというもので、スカイウォークは、同じく192mの展望台外側のフレームを歩くというものです。度胸試しと旅の思い出に、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

<各種料金>
スカイジャンプ:NZ$225
スカイウォーク:NZ$150

夜景を見るならスカイ・カフェがオススメ!

夜景を見るならスカイ・カフェがオススメ!

写真:makana airi

地図を見る

50階には、展望台入場者なら誰でも行くことができるスカイ・カフェがあります。上階には高級レストランもあるのですが、このスカイ・カフェならドリンク1杯でゆったり過ごせるのでとってもオススメ。軽食やデザート、ジュース、アルコールなどが多数揃います。

夜景を見るならスカイ・カフェがオススメ!

写真:makana airi

地図を見る

80km先まで見渡せるというスカイ・タワー。もちろんカフェからも夜景がばっちり。フロア1周全体がカフェになっているので、カウンターやソファ席からオークランドの360℃のパノラマを一望できます。

<基本情報>
場所:スカイ・タワー50階
電話番号:+64-9-363-6000
営業時間:10:00-21:00

スカイ・タワーでお土産をゲット!

スカイ・タワーでお土産をゲット!

写真:makana airi

地図を見る

地上階にはお土産ショップもあります。展望台に登る前でも後でも行けるのでぜひ覗いてみてください。ニュージーランド定番のお土産から、スカイタワー限定の雑貨やTシャツなど種類豊富です。

ニュージーランドのラグビーチーム、オールブラックスのグッズもあります。ラグビーはニュージーランドの国技ということもあり、街の至る所でオールブラックスのグッズや写真を目にすることができますよ。

オークランドのシンボル、スカイ・タワーを思う存分楽しんでくださいね。

スカイ・タワーの基本情報

住所:Victoria St W, Auckland, 1010
電話番号:+64-9-363-6000
営業時間:月〜日 9:00-21:30
入場料:大人NZ$28 子供NZ$11
アクセス:ブリトマート駅から徒歩13分

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/26−2019/05/02 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -